スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Rogue Concept Car 0'50"

トップページNISSANカテゴリーRogue Concept Car NissanRogueConcept.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
コンセプトカーだけあって情報が乏しいです。わかり次第書き込みしていきますんで・・・情報お持ちの方コメントがトラックバックよろしくお願い致します。

[ 2007/07/06 15:10 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)

Isuzu Gemini CM 9'57"

トップページISUZUカテゴリーIsuzu Gemini CM 20071030170304.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
2代目は1985年5月、発売された。型式名は1985年に登場した1500ccガソリン車がJT150型、1988年に登場した1600ccDOHCガソリン車がJT190型。そして1500ccディーゼルと1500ccディーゼルターボ車はJT600型。

GMの世界戦略車構想の「Rカー」として、「クオリティ・コンパクト」というコンセプトで、いすゞが単独開発した(Rカーは1984年11月よりGM向けに供給を開始)。駆動方式は前輪駆動を採用。当初は初代(PF60型)の「ZZ」が併売されていた関係で、「FFジェミニ」と称していた。ボディサイズは小型車クラスから大衆車クラスへとサイズダウンされた。

117クーペ以来17年ぶりのいすゞオリジナル設計の乗用車で、モデルチェンジにあたり、アスカとの競合を避け、なおかつ米国市場をも意識して初代より一回り小型のクラス(現在のBセグメント)をターゲットとし、居住性と取り回しの良さを得るためにFF化、パワーステアリングやサーボブレーキなど特に操縦性を重視した設計とされた。このコンセプト内容は、かつて次期ベレット構想時にも検討されていた。

ボディデザインは有名デザイナーのジウジアーロが手がけた。ボディタイプは4ドアセダンと、先代の2ドアクーペに代わって3ドアハッチバックが設定された。

1987年2月に1回目のマイナーチェンジ。特に大きな変更を受けたのはフロントマスクで、サイドマーカーをサイドに回りこませた、通称「つり目」といわれるフォグランプ一体の異型ヘッドライトを採用、同時にグリル形状も変更された。室内も見直しが行われ、インパネやクラスタースイッチの形状変更などが行なわれた。

また、これと同時に先代ジェミニ(PF60型)の製造が終了。差別化の為に付いていた「FF」と言う冠が取れ、「ジェミニ」になった。

1986年には専用の電子制御式ターボ付き1500ccガソリンエンジン「4XC1-T型」を搭載し、足回りを旧・西ドイツのイルムシャー社がチューニングした「イルムシャー」仕様が登場。 2代目ジェミニJT190に搭載の4XE1エンジン 2代目ジェミニJT190に搭載の4XE1エンジン

1988年 には、1600ccの4バルブDOHCエンジン「4XE1型)を搭載し、足回りを英国のロータス社がチューニングしてBBSホイールをオプション設定(ZZ-SEのみ標準装備)した「ZZハンドリング・バイ・ロータス」仕様が追加された。のちに同じエンジンを搭載した1600cc「イルムシャー」も追加される。

「イルムシャー」は高い走行性能を有するヨーロピアン・スポーツ車として、「ZZハンドリング・バイ・ロータス」は高性能ながらも落ち着いた操縦性を有するラグジュアリ・アダルトスポーツ車としての性格付けがなされていた。また、いずれも前席にレカロ社製のセミバケットシートを標準装備していた。

そして1989年2月に2回目のマイナーチェンジ。サイドマーカーの位置がフェンダー部分に変更され、セダンのみ後ろ周りのデザイン変更が行われ、ナンバープレートの位置が、トランクリッド部分からバンパー中央部分に移動されている。

2代目はトヨタ・カローラや日産・サニーなど、強力な競合車種が存在する大衆車クラスに変更された関係で、当初は販売面が憂慮された。しかし、「街の遊撃手」というキャッチコピーそのままに、ジェミニがパリの街並みを踊るように駆け抜けていくテレビCMが評判を呼び、カラーバリエーションも豊富で、一時は月間販売台数でカローラを抜くほどの販売台数を記録した。

2代目の総生産台数は 748,216台(いすゞHPより)。

グレード展開は当初「C/C」を基本グレードとして、実用仕様の4ドア「T/T」と3ドア「D/D」の実質2種類だった。その後、スポーツモデルの「イルムシャー」、「ZZハンドリング・バイ・ロータス」が追加。また、1988年には「C/C」の上級モデルの「G/G」が追加された。

他にも「パティオ」、屋根がキャンバストップになった「C/Cユーロルーフ」、レカロシート装備のターボディーゼル「S/S」、特殊架装のピックアップモデルである「ドゥエドゥ」、ガソリン・ディーゼル共にNAVi5モデルなどが設定されていた。

機構
駆動方式は前輪駆動を採用している。
搭載されたエンジンは1500ccSOHCの4XC1型および同ターボ付の4XC1-T型、1600ccDOHCの4XE1型、1500ccディーゼルの4EC1型および同ターボ付の4EC1-T型。

組み合わされるトランスミッションは当初、5速MTと3速ATでスタートしたが、1986年にコンピューター制御の5速オートマチックであるドライビングロボットこと「NAVi5」を搭載したモデル車が登場した。

サスペンションは四輪独立操架で、前輪にマクファーソンストラットコイル式、後輪にコンパウンドクランクコイルを採用。また、スポーツモデルの「イルムシャー」仕様にはメーカーオプション扱いでビスカス式LSDの装備も可能だった。

ステアリングはラック・アンド・ピニオン式。パワーステアリング仕様も選べた。また、ブレーキには全車サーボが標準装備されたのも特徴の一つである。

初期型>
  • 1985年5月 フルモデルチェンジで2代目が登場。1500ccガソリン車(JT150型)のセダンとハッチバックが登場。先代ジェミニ(PF型)の一部モデルが継続販売であった為に「FFジェミニ」と言う名称で販売が開始された。
  • 1985年11月 1500ccディーゼルターボ車、1500ccディーゼル車(共にJT600型)のセダンとハッチバックが登場。
  • 1985年12月 セダン及びハッチバックの「C/C」が、日本産業デザイン振興会主催の1985年度グッドデザイン賞商品に選出された。
  • 1986年1月 特別仕様車「ホワイト・ジェミニ」を限定発売。
  • 1986年2月 特別仕様車「ブラック・ジェミニ」を限定発売。
  • 1986年3月 特別仕様車「ブライトスプリング・ジェミニ」を限定発売。
  • 1986年4月 一部改良で同時に1500ガソリン車のセダン及びハッチバックに、コンピューター制御の5速オートマチック「NAVI-5」搭載モデルが追加。
  • 1986年5月 1500ガソリン車に、インタークーラー付きターボエンジンを搭載したのセダン及びハッチバックの「イルムシャー」(JT150型)を追加。
  • 1986年7月 「C/C」ベースの特別仕様車「サマー・ジェミニ」を限定販売。
  • 1986年9月 特別仕様車「ホワイト・ジェミニ」を限定発売。
  • 1986年12月 「C/C」ベースの特別仕様車「ウインター・ジェミニ」を限定販売。
中期型
  • 1987年2月 マイナーチェンジ。ヘッドライトの形状が変更され、同時にグリル形状やテールレンズも変更。室内もインパネやクラスタースイッチの形状が変更された。
  • 1987年3月 いすゞ自動車創立50周年特別記念車として特別仕様の「C/C」を限定発売。
  • 1987年4月 セダンの1500ccガソリン/ディーゼル車に「パティオ」を追加。通販会社ディノスと提携した専用モデルの「ディノス」を限定発売。グレード名は「E/E」(セダン「T/T」とほぼ同仕様)。
  • 1987年5月 1500ccガソリン車のセダン及びハッチバックに「ユーロルーフ」モデルを追加。1500ccガソリンターボ車に特別仕様車として「イルムシャーRS」を台数限定発売。
  • 1987年6月 1500ccガソリンターボ車のセダン及びハッチバックに、競技用ベース車両で時計、オーディオ、ホイールキャップ等の装備が省略された「イルムシャーR」を追加設定。同月、いすゞ自動車創立50周年特別記念車の第2弾として特別仕様の「C/C」と「イルムシャー」を限定発売。
  • 1987年7月 1500ccディーゼルターボ車のセダン及びハッチバックに「NAVI-5」搭載モデルが追加。
  • 1987年8月 「C/C」ベースの特別仕様車「サマー・ジェミニ」を限定発売。
  • 1987年9月 1500ccガソリンターボ車に特別仕様車として「イルムシャーRS」を200台の台数限定発売。
  • 1987年11月 特別仕様車「ハイクオリティ・ジェミニ」を限定発売。
  • 1988年2月 「NAVI-5」を一部改良。
  • 1988年3月 1600ccのDOHCガソリンエンジン搭載車「ZZハンドリング・バイ・ロータス」(JT190型)を追加。1500ccガソリン車のセダンに「C/C」の上級グレードとして「G/G」を追加。
  • 1988年4月 「C/Cユーロルーフ」ベースでバンパーやサイドプロテクターなどがシルバー(ベース車は素材色)に塗り分けられた2トーンカラーの特別仕様車「C/C-SE・スプリングキュート」を限定発売。
  • 1988年5月 前年に限定発売した「ディノス」が、通販会社「ディノス」でのカタログ販売専用モデルとして追加。
  • 1988年6月 1600ccガソリン車に「イルムシャー」と受注生産の「イルムシャーR」を追加。特別仕様車「クールサマー・ジェミニ」を限定発売。
  • 1988年9月 特別仕様車「オータムエレガント・ジェミニ」を限定発売。
最終型
  • 1989年2月 マイナーチェンジ。外観の変更を行う。特別仕様車「スプリングフィット・ジェミニ」を限定発売。
  • 1989年6月 1500ccガソリン車のセダンに「G/Gリミテッド」を追加。
  • 1989年7月 1600ccガソリン車のセダンに「ZZ-SEハンドリング・バイ・ロータス」を追加。
  • 1989年9月 特別仕様車「オータムフィット・ジェミニ」を限定発売。
  • 1989年11月 特別仕様車「ウインターフィット・ジェミニ」を限定発売。「イルムシャーRS」を台数限定発売。
  • 1990年1月 C/Cベースの特別仕様車「ウインター・ジェミニ」を限定発売。
  • 1990年3月 販売終了。3代目にバトンタッチ。
3代目(JT151・191・641)
3代目は1990年3月登場。ボディサイズは2代目よりも拡大され、競合車種のトヨタ・カローラや日産・サニーなどとほぼ同じになっていた。

形式名は、1500ccガソリン車がJT151F型、1600ccDOHCガソリン車がJT191F型、1600ccDOHCガソリンインタークーラー付きターボ4WD車がJT191S型、1700ccディーゼルターボ車がJT641F型、同4WD車がJT641S型。

これらにホットモデルとして「イルムシャー」仕様および「ZZハンドリング・バイ・ロータス」仕様がラインナップされている点は先代と変わらない。その中でもハイパワーエンジン+フルタイム4WDを搭載したJT191S型は「イルムシャーR」を名乗る最上位ホットモデルである。

デビュー当初4ドアセダンのみの設定だったが、1990年9月にクーペが、翌1991年3月に3ドアハッチバックが追加されている。

セダンは北米市場で「いすゞ・スタイラス」の名称で販売された。

また、派生車種として、米GM社のGEOブランド向けに、フロントフェイスが異なる2ドアクーペ「ジオ・ストーム(日本ではヤナセで販売されていたPAネロと同デザイン)が販売されていた。ジェミニクーペ、ハッチバックはこの「ジオ・ストーム」をフェイスリフトしたモデルとなっている。またストームはその後、2代目ピアッツァのベースになっている。

3代目は技術的に特徴が多く、販売当時ジェミニシリーズが活躍していたラリーフィールドを意識した設計が施されている。「カプセルシェイプ」と銘打った一体型ボディ構造を持ち、強度重視で厚い鉄板を使用したため、当時の1600ccクラス車としては車重は重い部類に入る。

足回りではリアサスペンションに、ストラット式をベースにトーコントロール機構を持たせた4WSの一種である「ニシボリック・サスペンション」が採用されたことが挙げられる。しかし、自動車評論家を招待して満を持して行なわれた試乗会では、サスペンションを誇張するチューニングをした試乗車を用いたため、「腰砕け」や「後席に座ると酔う」などの酷評が相次いだ[要出典]。とは言うものの、レースシーンでの評価は高く、特に日本の国内ラリーシーンにおいては"FF車ベースなのにFR車的なドリフトが出来る"と好評であった。現に1991年、 1992年の全日本ラリー選手権では連続でクラス優勝に輝いている。

デザインは中村史郎を中心にいすゞ社内でまとめられたものであるが、GMの意向が強く影響した点は否めず、欧州車の味わいが売りであったいすゞ車では異例の、アメリカンなデザインとなった。しかし、リアプレスドアがCピラーを兼ねるなど、他に例を見ない斬新なデザイン処理も見られる。

1500ccガソリン車の動力性能は著しく向上したが、肥大化した車体や、グリルレスのフロントフェイス、前が見づらい運転ポジションなど、従来からのいすゞユーザーから不評を買い、ディーラーからも「先代の客に代替で試乗させると売れない」などの声があった。さらに、販売面で重視したはずの米国市場でも販売が振るわず、結果的にこの不振が、いすゞの乗用車事業撤退の決定要因になったとも言われている。

1993年7月限りで生産終了。3代目の総生産台数は 406,625台(いすゞHPより)。

駆動方式は前輪駆動だが、イルムシャーR仕様と一部のターボディーゼル車については4WDを採用している。

エンジンは1500ccSOHCの4XC1型、1600ccDOHCの4XE1型、同インタークーラーターボ付、1700ccディーゼル4EE1型、同インタークーラーターボ付の5種類が搭載された。

組み合わされるトランスミッションは5速MTと電子制御式4速AT。

サスペンションは四輪独立操架で、前輪がマクファーソンストラットコイル、後輪には4WSの一種であるニシボリック・サスペンションを装備する。

ステアリングはパワーステアリング付ラック・アンド・ピニオン式。ブレーキにサーボが標準装備されている点は先代と同様だが、本車は前後輪ともディスクブレーキとなっている。

そのほか、ガソリン車の排気系パイプ類にステンレス材を採用したり、「C/C-X」以上のグレードにヒーター付きドアミラーを標準装備するなどコストを掛けたつくりとなっている。シートは先代のJT0型を踏襲した「ファニチャーシート」と呼ばれるヨーロピアンテイストのデザインだが、クッション硬度を上げたり、前後部別のハイトアジャスターを装備するなどより人間工学に配慮したものとなっていた(「C/C」シリーズのみ)。スポーツ系グレードの前席には先代同様、レカロ社製のセミバケットシートを標準装備していた。

前期型
  • 1990年3月 フルモデルチェンジで3代目が登場。当初はセダンの1500ccガソリン車(JT151F型)、1600ccガソリン車(JT191F型)、1700ccディーゼル車(JT641F型)がラインナップされた。グレード名は1500ccガソリン車と1700ccディーゼル車が「C/C」、「C/C-L」、「C/C-X」「ZZ」。1600ccガソリン車が「ZZハンドリング・バイ・ロータス」。
  • 1990年5月 1600ccガソリン車に「イルムシャー」が追加。
  • 1990年9月 2ドアクーペの1600ccガソリン車(JT191F型)が追加登場。グレードは「OZ」、「OZ-G」。
  • 1991年3月 3ドアハッチバックの1500ccガソリン車(JT151F型)、1600ccガソリン車(JT191F型)が追加登場。グレードは「OZ」、「OZ-G」。1600ccガソリン車のクーペにフルタイム4WD(JT191S型)の「イルムシャーR」と1700ccディーゼル車のセダンに「T/T」が追加。
  • 1991年5月 1600ccガソリン車のハッチバックにフルタイム4WD(JT191S型)の「イルムシャーR」が追加。
  • 1991年6月 特別仕様車「ジョイフルサマー・ジェミニ」を限定発売。特別仕様車「イルムシャーRS」(車体色はミスティックブルーマイカのみ)を100台限定で発売。
  • 1991年9月 特別仕様車「ジョイフルオータム・ジェミニ」を限定発売。
  • 1991年10月 セダンの1700ccディーゼルターボ車にフルタイム4WD(JT641S型)を追加。
  • 1992年1月 初売りの特別仕様車として「初売り仕様車」(一部地域では「初売り・ジェミニ」や「お年玉・ジェミニ」等の名称)を限定発売。
  • 1992年2月 特別仕様車「エンジョイスプリング・ジェミニ」を限定発売。特別仕様車「イルムシャーDSP」(車体色はトーチレッドとエボニーブラック)を135台限定で発売。
中期型
  • 1992年3月 マイナーチェンジ。
  • 1992年6月 特別仕様車「エンジョイサマー・ジェミニ」を限定発売。特別仕様車「イルムシャー・タイプコンペティション」(車体色はトーチレッドのみ)を50台限定で発売。
  • 1992年9月 特別仕様車「ジョイフルオータム・ジェミニ」を限定発売。
後期型
  • 1992年11月 マイナーチェンジ。フロントグリルの追加とテールレンズのデザインを変更。
  • 1993年4月 量販グレード以外は全て注文生産へ。
  • 1993年7月 いすゞ自動車が乗用車生産からの撤退を表明し生産打ち切りが決定。この報道により、在庫車もほとんどが即完売状態に。後継モデルはホンダからのOEM車となった。よって、この3代目が、最後のオリジナルジェミニとなったわけである。
車名の由来は、英語でふたご座を表し、いすゞとGMの協力で誕生したことから、両者のパートナーシップをふたご座に例えて命名。 ちなみに「Tカー」の中、アジア・オセアニア地域におけるオペル・カデットをベースにした車種は、Geminiの名称でいすゞの他に、韓国・セハン自動車(当時、現在のGM大宇)、豪・ホールデンでも販売された。

CM編
2代目は「ジェミニダンシングシリーズ」。パリの町並みの中を、「花のワルツ」などをはじめとするクラシック音楽の名曲の旋律に合わせて、2台のジェミニがまるでワルツを舞うかのようにジャンプや旋回を繰り返したり、何台ものジェミニがぴったりと寄り添って一糸乱れぬ動きを繰り広げる、アクロバティック(ジムカーナ)なCM。当時はCGや合成等の映像技術がまだ発展途上だったこともあり、カースタントによる実写で行われた。CM業界で今もって語り草の伝説的なCMのひとつでもある。

キャッチコピーは、「街の遊撃手。」(句点が付かない場合もある)。コピーライターは、佐藤康明。1987年から。

カースタント監修は、レミー・ジュリアン(en:Rémy Julienne)。

  • 第1弾:1985年(昭和60年)5月 - 12月頃…誕生・セーヌ川編 - 曲名不明
  • 第2弾:1985年(昭和60年)5月以降 - 12月頃…パッシング編 - 曲名不明(第1弾と同曲)
  • 第3弾:1985年(昭和60年)5月以降 - 12月頃…ターボD登場編 - 不明
  • 第4弾:1986年(昭和61年)1月 - 3月頃・12月頃…ワルツ編 - 「花のワルツ」 チャイコフスキー
  • 第5弾:1986年(昭和61年)4月 - 6月頃…雨編 - 「雨に唄えば」 TACO
  • 第6弾:1986年(昭和61年)7月 - 9月頃…ターン編 - 「メリー・ウィドウ」 レハール
  • (第7弾の30秒バージョンから10~20秒前後付近の映像を使い、上記BGMを流した同時ターンバージョンと2台併走している途中で突然1台が360度スピンターンする単独ターンバージョンの2種類ある。)
  • 第7弾:1986年(昭和61年)9月 - 11月頃…ジャンプ編 - 「コッペリア」 レオ・ドリーブ
  • 第8弾:1987年(昭和62年)1月頃…片輪走行(V字型)編 - 「軍隊行進曲」 シューベルト
  • 第9弾:1987年(昭和62年)2月 - 5月頃…ポワント編 - 「ラデツキー行進曲」 ヨハン・シュトラウス1世
  • 第10弾:1987年(昭和62年)6月 - 8月頃…タンゴ編 - 「ブルー・タンゴ」 ルロイ・アンダーソン
  • 第11弾:1987年(昭和62年)9月 - 12月頃…クロスジャンプ編 - 「トルコ行進曲」 ベートーヴェン
  • 第12弾:1988年(昭和63年)1月 - 5月頃…メトロ編 - 「おおシャンゼリゼ」 ダニエル・ビダル
  • 第13弾:1988年(昭和63年)6月 - 8月頃…ロンド編 - 「女学生のワルツ」 ワルトトイフェル
  • 第14弾:1988年(昭和63年)9月 - 12月頃…ファシネーション編 - 「魅惑のワルツ」 マルケッティ
  • 第15弾:1989年(平成元年)1月 - 5月頃…遊園地編 - 「回転木馬」 グランツベルグ
  • 第16弾:1989年(平成元年)5月 - 9月頃…ホップステップジャンプ編 - 「ボルサリーノのテーマ」 クロード・ボラン
  • 第17弾:1989年(平成元年)9月 - 1990年(平成2年)2月頃…片輪走行編 - 「仔象の行進」 ヘンリー・マンシーニ
3代目のテレビCMは男女の恋愛をテーマにしたものとなった。赤のセダンが彼女、緑又は青のセダンが彼氏と設定されていた。フランス語による会話がアフレコされて、日本語字幕も付いていた。

キャッチコピーは、「才なクルマ。」

  • 1990年(平成2年)3月 - 5月頃… 男と女(誕生・出逢い)編 - 「男と女」 フランシス・レイ
  • 1990年(平成2年)5月末 - 8月頃… 男と女(デート・見とれる)編 - 「幸せを売る男」 J.P.カルヴェット
  • 1990年(平成2年)9月頃 - 不明…クーペ登場編 - 「『ピーターガン』のテーマ」 ヘンリー・マンシーニ
  • 1990年(平成2年)9月 - 1991年(平成3年)3月頃…浮気心編 - 「ベイビーフェイス」 ブライアン・ハイランド
  • 1990年(平成2年)11月 - 1991年(平成3年)1月頃…男と女(映画館へデート)編 - 「パリのめぐり逢い」 フランシス・レイ
  • 1991年(平成3年)2月 - 12月頃…ハッチバック登場編 - 「私のシェリー」 リアーヌ・フォリー
[ 2007/07/07 15:24 ] ISUZU | TB(0) | CM(0)

GOODYEAR CM タイヤ交換は危険? 2'15"

トップページGOODYEARカテゴリータイヤ交換は危険? ChangingTyrescanbeDangerous.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(Goodyear Tire and Rubber Company,NYSE:GT)は、アメリカ合衆国のゴム、タイヤメーカー。
同社はフランク・セイバーリングによって1898年に設立された。日・ブリヂストン、仏・ミシュランと並び、世界で最大のタイヤ会社3社の1つであり、世界最大のゴム会社の1つでもある。本社はオハイオ州アクロンに位置する。同社は加硫ゴムの発明者チャールズ・グッドイヤーにちなんでその名が命名されたが、グッドイヤーと同社の直接の関係は無い。

グッドイヤーは同社のロゴを書き込んだ飛行船により世界の至る所で知られている。飛行船は長年同社の航空子会社、グッドイヤー・エアクラフト・カンパニー(第二次世界大戦後にグッドイヤー・エアロスペース・コーポレーションと改名される。)によって整備が行われた。子会社は1987年にジェームズ・ゴールドスミス卿のグリーンメール攻撃(買収した株の高値買い取り要求)による敵対的買収の結果、ローラル・コーポレーションに売却された。

セイバーリングは義理の兄弟から借りた3,500ドルを頭金にして最初のプラントを購入した。グッドイヤー社は1898年8月29日に100,000ドルの資本金で設立された。当初は13人の工員で自転車と馬車のタイヤ、蹄鉄のゴム詰め物、ポーカーチップの製造を行った。

翼の付いた足のロゴマークは1901年にセイバーリングが発案した。初めて登場したのはサタデー・イブニング・ポスト誌の広告であり、セイバーリングは自宅の階段の手すり柱にあったローマ神話のメルクリウス像からロゴを考案した。同年セイバーリングはヘンリー・フォードが自動車レースに参加するに当たり、レース用のタイヤを提示した。

1917年に自社のタイヤの性能証明を行うためオハイオ州アクロンからマサチューセッツ州ボストン市に向けてウィングフット・エクスプレス(the Wingfoot Express)を走らせた。それは24日かけて走破に成功した。1926年にグッドイヤーは世界最大のゴム会社となる。

1986年にジェームズ・ゴールドスミス卿と投資グループが敵対的買収を仕掛け、発行株式の11%を買収したが、翌年には買収攻勢を回避し、グッドイヤーは買収防衛のため子会社の売却と共に工場を閉鎖し大規模なリストラを行った。同年カリフォルニア州からテキサス州に及ぶ「オール・アメリカン」石油パイプラインの完成を発表する。また、子会社のケリー・スプリングフィールド社がメリーランド州に新しい本部の構築を発表した。

グッドイヤーの日本法人、日本グッドイヤー株式会社は1952年に100%出資の子会社として設立された。同社は1999年9月1日に住友ゴム工業株式会社の資本下に入った。そのため国内生産品は住友ゴム工業にて開発から生産まで行われている。

同社はモータースポーツに「イーグル」EAGLE ブランドで製品供給を行っている。F1 には1963年から参戦し、一時は独占供給を行っていた。1998年に撤退するまで通算368勝をあげており、これはタイヤメーカーとしてF1で最多勝記録であり、現在参戦している2位のブリヂストン、ミシュラン(ともに100勝)に対してすら3倍以上の差をつける圧倒的な記録となっている(2006年7月末現在)。ちなみに1965年にグッドイヤーにとっての1勝目を記録したのは日本のホンダであり、1998年の第14戦イタリアグランプリでグッドイヤーにとって最後の1勝を記録したのはフェラーリのミハエル・シューマッハであった。

[ 2007/07/08 15:42 ] GOODYEAR | TB(0) | CM(0)

LS600 CM 0'30"

トップページLEXUSカテゴリーLS600 CM ls600.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
レクサス・LS(エルエス)はトヨタ自動車が展開している高級車ブランドレクサスのフラグシップモデルである。従来、日本国内ではトヨタブランドでセルシオとして販売されてきたが、4代目にあたる現行モデルからは、国外同様にLSとして販売されるようになった。なお、車名のLSはLuxury Sedanの頭文字に由来する。

1989年、アメリカでのレクサスブランド導入と同時に販売を開始。以来、世界各国で展開されるようになった同ブランドのフラッグシップモデルである。

それまでは日本車が世界の高級車市場に参入する余地はないとされていた。だが、販売開始後は多くの支持を集め、特に北米で大ヒットし、またたく間に世界に十分通用する高級車として認知されたのであった。その静粛性の高さはメルセデス・ベンツ、BMWなど欧州を代表する自動車メーカーを震撼させた。それ以降、静粛性は高級車にとって非常に重要な要素のひとつとなる。初代LSのエンジンはその当時、世界で最高、最良のV型8気筒といわれた。

日本国内に初代から3代目までのレクサスLSが存在する場合、それらは輸入業者により並行輸入(アメリカ等からの逆輸入)されたものか、あるいは国内仕様のセルシオのエンブレムをレクサスに交換したものである。

初代 「LS400」(1989年-1994年)UCF10
1989年販売開始。同年秋にはセルシオとしてトヨタブランドで日本国内販売されるようになった。それまでトヨタの北米市場では、最高級車としてクレシダが存在していたが、それとは全くの別クラスとなるモデルとして位置づけられた。

  • LS400:4.0L V型8気筒DOHCエンジン 1UZ-FE (260ps/36.0kgm)、4速AT、駆動方式はFR


  • 2代目 「LS400」(1994年-2000年)UCF20
    1994年にモデルチェンジ。
  • LS400:4.0L V型8気筒DOHCエンジン 1UZ-FE(265ps/37.0kgm)、4速AT、駆動方式はFR。
  • 1997年マイナーチェンジ。エンジンにVVT-iが搭載され、5速AT、ディスチャージヘッドランプが採用される。
  • LS400:4.0L V型8気筒DOHCエンジン 1UZ-FE(280ps/41.0kgm)、5速AT、駆動方式はFR。


  • 3代目 「LS430」(2000年-2006年)UCF30
    2000年にモデルチェンジ。
  • LS430:4.3L V型8気筒DOHCエンジン 3UZ-FE(280ps/43.8kgm)、5速AT、駆動方式はFR。
  • 2003年マイナーチェンジ。6速ATやプロジェクター式ヘッドランプ(AFS)が採用される。
  • LS430:4.3L V型8気筒DOHCエンジン 3UZ-FE(280ps/43.8kgm)、6速AT、駆動方式はFR。


  • 4代目 「LS460/LS600h/LS600hL」(2006年-)LS460(USF40)
    2005年10月、東京モーターショーでコンセプトモデルLF-Sh出展。
    2006年1月、デトロイトモーターショーでプロトタイプ発表。
    2006年4月、日本国内で右ハンドル仕様発表。
    2006年9月19日、日本国内でも「LS460」が発売開始となる。セルシオの後継車にあたり、同車のトヨタブランド時代から数えると通算4代目となる。量産乗用車では世界初となるシーケンシャルシフト付き8速AT(8 Super ECT)が搭載されている。ボディサイズは、5030(標準)、5190(ロング)×1875×1465、ホイールベースは2970(標準)、3090(ロング)となり、センチュリーを凌ぐ。日本国内での価格は770万円-965万円。

    日本では、グレードとして"LS460"(標準)、19インチホイール、制動力を高めたブレーキローター、専用チューニングエアサスペンションなどを装備した"version S"、アームレストスイッチや後席パワーシートなど後席の装備を充実させた"version U"があり、各グレードにアルカンターラルーフ、セミアニリン本革シートを装備た"Ipackage"が設定される。なお、"version U"にはステレオカメラフュージョン方式のプリクラッシュセーフティシステムがメーカーオプションで設定されている。これはステレオカメラで前方を監視し、障害物を見つけたらブレーキをかけるというものである。また、ステアリングコラムにもカメラが付いており、運転者がわき見して障害物に接近している場合は音で警告する。

  • LS460:4.6L V型8気筒DOHCエンジン 1UR-FSE(385ps/51.0kgm)、8速AT、駆動方式はFR。
  • LS460L:LS460のロングホイールベース版。日本では発売されていない。
  • [ 2007/07/09 20:38 ] LEXUS | TB(0) | CM(0)

    GS430 CM 0'32" 

    トップページLEXUSカテゴリーGS430 CM gs430.jpg
    blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
    GS(ジーエス)は、トヨタ自動車が生産し、同社がレクサスブランドで展開しているセダン型の自動車である。車名はGrand Sedanの頭文字をとって付けられた。

    Eセグメントに属し、ラインナップではLSとISの中間に位置している。ESも同様にLSとISの中間に位置している。

    市場調査会社J.D.パワー・アンド・アソシエイツが実施した、100台あたりの不具合件数を集計する米国自動車耐久品質調査SM(VDS)では、2005年に引き続き2006年もミッド・ラグジュアリー部門での不具合件数報告が最も少なかったという極めて優秀な耐久性を示している。一方、米国道路安全保険協会(IIHS)のおいて実施された2006年度調査において、後方からの追突時の安全性が「MARGINAL」(不十分)という評価がなされた。

    Eセグメントの車種としては唯一ハイブリッド車がラインナップに用意されている。ステーションワゴンは販売されていない。基本的なコンポーネントを、トヨタブランドのクラウンやクラウンマジェスタと共有している。

    北米では2006年の販売台数ではライバルとしているBMW・5シリーズやメルセデス・ベンツ Eクラスの半数程度にとどまっている。2005年の販売台数の差を考慮すれば、シェアを拡大している。

    3代目(2005年-)
    2005年1月北米国際自動車ショーで展示。

    2005年8月30日より、日本国内におけるレクサスブランドの立ち上げと同時に「GS430」「GS350」を発売開始。アリストの後継車である。日本国内での価格は520~770万円。

    「GS350」のV型6気筒3.5Lエンジン(2GR-FSE)の出力は315psで、トヨタの乗用車としては初めて280psを超えた。また、地域によって商品展開に違いがあり、「GS350」は日本・北米・韓国で、「GS300」はその他の地域で販売されている。

    2006年3月、ハイブリッド仕様の「GS450h」を追加。

    2007年3月、日本車として初めて、ドイツ・iFデザイン賞金賞を受賞 (レクサスISと同時授賞)

    2007年10月、GS各モデルを改良。GS430(1UZ-FEエンジン搭載車)がグレードから消滅し、代わりにGS460(1UR-FSEエンジン搭載)がシリーズにラインナップされた。外観ではメッキ部分が増し、サイドウィンカーがドアミラー内蔵のタイプに変更となった。

    現行モデル
    GS450h:3.5L V型6気筒DOHCエンジン 2GR-FSE(296ps/37.5kgm)、駆動方式はFR。

    ハイブリッド仕様で、トランスミッションはハイブリッドシステムに組み込まれた自動無段変速機。実際の排気量は3.5Lであるが、モーター出力を加味すると4.5Lエンジンと同等以上の出力(345ps)となるため、「450h」という表記になっている。

  • GS460:4.6L V型8気筒DOHCエンジン 1UR-FSE(347ps/46.9kgm)、8速AT、駆動方式はFR。
  • GS350:3.5L V型6気筒OHCエンジン 2GR-FSE(315ps/38.4kgm)、6速AT、駆動方式はFRとAWD。
  • GS300:3.0L V型6気筒DOHCエンジン 3GR-FSE(256ps/32.0kgm)、6速AT、駆動方式はFR。(海外輸出仕様)
  • [ 2007/07/10 13:45 ] LEXUS | TB(0) | CM(0)
    FC2カウンター
    ブログ内検索
    コミュニティ・ツール
    ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。