スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mercedes-Benz E-Class Coupe 2010 Commercial 0'33"

トップページMERCEDESカテゴリーMercedes-Benz E-Class Coupe 2010 Commercial 2010 Mercedes-Benz E-Class Coupe Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
メルセデス・ベンツ Eクラスは、ドイツの自動車メーカーダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開しているセダンおよびステーションワゴン型の大型乗用車である。

Eクラスはその起源に1946年のW136型にまで辿ることができる。ミディアムクラスのモデル名には排気量を表す数字の後に「E」が付けられ、その「E」は、Einspritzung(ドイツ語で燃料噴射の意)に由来する。これは1950年代に最初に現れた燃料噴射技術が新しい時代の象徴だったことを示している。1993年、ミディアムクラスからEクラスへと名称変更されたが、コンセプトや位置づけは不変であった。

サイズはCクラスとSクラスの間に位置し、派生車種としてCLSクラスが存在する。なお、Eクラスと同じプラットフォームを利用したオープンタイプの車種は現在は発売されていない。

コンポーネントとしてはまったく異なるが、車格、積載性能(人を乗せるか荷物を載せるかの違いはある)は、SUVであるMクラスや低重心ミニバンであるRクラスとほぼ同じであり、日本国内における価格はEクラスが100万円程度高い。

日本におけるメルセデス・ベンツの最量販車種であり、2006年には9,639台が販売された。以下、Sクラス8,078台、Cクラス8,042台、Bクラス7,189台という販売状況であった。(統計情報、日本自動車輸入組合)また、本国ドイツではタクシーの主力車種でもある。

アメリカ自動車保険業界の非営利団体である米国道路安全保険協会 (IIHS) が、2000年から2003年に起きた事故を調査した結果ではもっとも死亡率が低い車種であることが発表された。

一方で、同団体が行った最新の衝突安全性調査(2003年 - 2005年モデルが対象)では、大型乗用車のカテゴリーで、「怪我」については「平均に優る (better than average)」ものの、「衝突」については「平均より大きく劣る (substantially worse than average)」という評価であった。

「先進的な技術」として3代目となるW211に導入されたSBC(電子制御ブレーキシステム・ボッシュ製)であるが、その後の度重なる不具合発生およびリコールにより、2006年度のマイナーチェンジにおいて廃止された。

このため、3代目W211は前期と後期でそれぞれブレーキ構造が異なる。また、前期の前半と後半ではエンジン(排気量、SOHC→DOHCなど)とトランスミッション(5速AT→7速AT)が異なるなど、車としての基本要素が頻繁に変更された。

2006年8月 - 2008年1月現在まで、日本で販売されている乗用車として唯一ディーゼルエンジンを搭載した車種を用意している。この車種では、ガソリン車と比べ、概ね70から80%程度の燃費向上が行われており、プレミアムガソリンと軽油の燃料費の違いもあって走行コストとしては半分程度となる。

日本ではディーゼルエンジン搭載モデルの販売が途絶えていたが、2006年8月、3LのV型6気筒ディーゼル・ターボエンジンを積む「E320 CDI アバンギャルド」の発売により復活した。

従来のディーゼルエンジンのイメージからは大きく環境負荷が低下しているものの、当初販売されていた「E320 CDI」は日本で2009年から施行が行なわれるポスト排ガス規制に適合しておらず規制開始までの暫定販売とされたが、2008年モデルから排気系の改善が行なわれ、この新排ガス規制に準拠した。一方、世界でもっとも厳しいといわれる米国カリフォルニア州をはじめ、全米50州のうち、メイン州、マサチューセッツ州、ニューヨーク州とバーモント州など5つの州の排ガス規制を満たしていなかったため、これらの地域では販売不能の状態となっている。2009年度からのモデルとしてBlueTec Dieselという名の補充式の尿素タンクを装備する尿素SCR還元システムを併用することにより、有害な窒素酸化物 (NOx) の排出量が改善できるとされている。日本でも2010年2月24日にセダンと同日フルモデルチェンジしたステーションワゴンに「E350 ブルーテック アバンギャルド/E350 ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド」として発売された。また、日本における輸入AT車初のクリーンディーゼルエコカー免税車(自動車重量税と自動車取得税が100%免税)となった。

「4MATIC」と呼ばれる四輪駆動モデルが設定され、アメリカ北東部など降雪地域での需要に対応している。右ハンドル車には対応できない構造のため、イギリスなど左側通行の諸国(日本は除く)ではほとんど販売されていない。

メルセデス・ベンツを始め、BMW、アウディといったドイツのブランドでは、主力のEセグメントにいずれもステーションワゴン(それぞれ呼び名は異なる)が用意されている。エンジンや装備はなどほぼセダンと共通であるが、荷物積載時の姿勢変化を抑えるため、セダンにはないエアサスペンションによるセルフレベリング機構を後輪に採用している。またカーゴルームの蓋となるトノカバーは、ハッチバックの開閉とともに連動して開口部が開くようになっている。日本国内では現在5人乗りのみ発売されているが、ドイツ本国や欧米ではカーゴルームに2人用座席を格納・設置した7人乗車のものも存在する。日本国内の販売車種では、サンルーフが全車種標準装備となっている。

メルセデス・ベンツはEセグメントにおいて、Eクラスの前身となるミディアム・クラスの時代から2ドアクーペとカブリオレをラインアップしていた。価格は同排気量のEクラスセダンよりも数百万円高く設定され、販売時期によっては上級モデルとなるSLクラスの同排気量仕様を上回ることもあった。これらの2ドアモデルはスポーツ性よりもラグジュアリー性を重視しており、十分なスペースのリアシートとラゲッジルームを備え、大人4人乗車が可能な点を特徴としていた。BMW・6シリーズやキャデラック・エルドラドなどと競合していたが、Eクラスでは一度CLKクラスにバトンタッチされる形で2ドアクーペは廃止となり、2009年に復活したものの、その基本設計はCLK同様Cクラスベースとなっている。一方で4ドアクーペとして、CLSクラスが販売されており、かつてのEクラスクーペに相当する価格帯で展開されている。

4代目 W212/C207-(2009年- )S212 (2010年- )
W212は7年に渡り販売されたW211の後継モデルとして2009年に発売された。W210から採用され続けてきた楕円型4灯式ヘッドライトは斜め四角型のものへと変更された。2009年のデトロイトモーターショーで正式デビューした。国内では2009年6月にデリバリーが開始された。7月にCLKクラスの後継車種として「Eクラスクーペ」が投入。2010年2月24日にステーションワゴンが、同年4月20日にコンバーチブルモデルのカブリオレが順次導入された。

機構面では、W211から引き続き採用された機能に加えて、Sクラス (W221)から採用された「COMANDシステム」も新たに搭載された。安全面では「ニーバック」を含めた9つのエアバッグを筆頭に「NECK PRO(ネックプロ)アクティブヘッドレスト」・「アクティブボンネット」・「アダプティブハイビームアシスト」・「アテンションアシスト」が新たに採用された。メーカーオプションとして、Sクラスから採用された「ナイトビューアシスト」の改良型である「ナイトビューアシストプラス」や、メルセデス初搭載の「レーンキーピングアシスト」などがある。ナビゲーション関係では、地上デジタル放送チューナー(日本仕様のみ)を搭載し、DVDからHDDへと変更された。

日本仕様では、前述の「COMANDシステム」が全車に採用され、E250 CGIとE63 AMGセダン及びクーペを除く全車に「ダイレクトセレクト」も採用された。W211の後期モデルから登場した「アバンギャルトS」グレードは廃止され、E250 CGIとE300セダンのみ「エレガンス」グレード(カタログ上ではエレガンスとは表記されていない)の設定がある。現時点ではW212型ディーゼル車は投入されておらず、ステーションワゴンとともに211型が販売されている。6月に左ハンドル車が先行供給が開始され、右ハンドル車とクーペは7月に供給開始となった。なおクーペではセダンとはハンドル位置の設定が異なり、E350では左右の設定があるのに対して、E550では左のみの設定である。また「エレガンス」や「アバンギャルド」といったグレードの設定はない。

なお、クーペはセダンと異なり、Cクラス (W204) のプラットフォームをベースに開発されている。ホイールベースや燃料タンク容量もW204と同じである。カブリオレは室内に発生する乱流を大幅に低減し、オープン時における乗員の快適性を向上させる「エアキャップ」とシートのヘッドレストに設けた吹き出し口から温風が吹き出し、前席乗員の首元を暖める「エアスカーフ」をオプションに設定すると共に、遮音性・耐候性・断熱性に優れたアコーディオンソフトトップを採用した。

* 2009年
o 5月 セダンがフルモデルチェンジ。「E350 アバンギャルド」、「E550 アバンギャルド」(現時点ではいずれも左ハンドル仕様車のみ)を販売開始。
o 7月 セダンに上記の2モデルに加え「E300」、「E300 アバンギャルド」も含めた右ハンドル仕様車ならびに「E350クーペ」、「E550クーペ」の販売開始。
o 8月 セダンに「E63 AMG」の販売開始。
o 10月 セダン及びクーペに「E250 CGI ブルーエフィシェンシー」ならびに「E250 CGI ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」(セダンのみ)の販売開始。また13日には「E 350 4MATIC アバンギャルド」も販売開始がなされた。

* 2010年
o 2月 ステーションワゴンがフルモデルチェンジ。右ハンドル仕様車4グレード(「E250 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン」・「E300 ステーションワゴン」・「E350 ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド」・「E350 ステーションワゴン アバンギャルド」)、左ハンドル仕様車3グレード(「E350 4MATIC ステーションワゴン アバンギャルド」・「E550 ステーションワゴン アバンギャルド」・「E63 AMG ステーションワゴン」)の7グレードを発売。なお、セダンにも「E350 ブルーテック アバンギャルド」を追加した。なお、「E250 ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン」は環境対応車 普及促進税制に適合した。
o 4月 「E350 カブリオレ」を追加発売。カブリオレも「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準」を同時に達成した。

2006年、model2007の発売PRの一環として、Eクラスによるパリ-北京間13,600 kmを走破するイベントがメルセデス・ベンツとして99年ぶりに開催された。33台のE320 CDI, E320 CDI 4MATICにより、約1か月間かけて行われ、シベリアの凍土から、砂漠、100 kmを超える直線など、多いときで1日700 km以上を走破した。サポートカーとしてGクラスやスプリンター(日本未導入)などが用いられ、ドライバーとして、パリ・ダカールラリーで1981年・1984年・1986年の3度総合優勝したルネ・メッジなども参加した。ほかにARALとミシュランによるサポートが行われた。

E-Class Video-Podcast - 米国メルセデス・ベンツ (MBUSA.com) にて、ビデオポッドキャストが無料公開されている。全4話からなり、英語版とドイツ語版がダウンロードできる。

スポンサーサイト
[ 2010/01/10 16:24 ] MERCEDES BENZ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。