スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Camaro Z28 Commercial 1978 0'30"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーChevy Camaro 1967 Commercial 1978 Camaro Z28 Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カマロ (Chevrolet Camaro) とは、ゼネラルモーターズが生産・販売している2ドアハードトップ、クーペおよびオープンカーの名称。名前の由来は古いフランス語で“友達”の意味。カマロは現在5代目まで存在し、日本には2代目以降正規輸入が続いている。

2代目(1970年-1981年)
2代目カマロは1970年2月に発売された。日本へは大洋シボレー、伊藤忠オート、GMと資本提携にあったいすゞ自動車などから正規輸入された。ボディはクーペへ変更となり、大型化された分、重量も増加した。

プラットフォームを初代と同じ、GM Fボディ プラットフォームを採用しただけでなく、途中から追加ラインナップされた3.8L V6エンジン搭載モデルを除き、エンジンなど大半のコンポーネントは初代から引き継がれたもので、典型的なスキンチェンジである。グレードは初代と同じSS、RS、Z28、それに1973年にはLTが追加される。

1974年、マスクとテールのデザインをリファインし大型バンパーを追加するなどマイナーチェンジを受けるが、折からの排ガス規制の影響で大幅にパワーダウン、最高グレードであるZ28が一時ラインナップから姿を消す(1977年に復活)。

1978年には、再びデザインのリファインが行われ、ウレタン性バンパー一体型マスクや新デザインのテールの採用に加え、全長も2.2インチ伸びて197.6インチ(5019mm)となった。

翌1979年には、それまでのLTに代わるラグジュアリー・モデルとして新たにベルリネッタがラインナップされた。またインパネ周りのデザインが一新された。

生産期間の長さとマスキー法への対応から、エンジンのバリエーションはカマロの中でも多く、
* 1970年-1972年: 6.6 L V8
* 1970年-1973年: 5.0 L V8
* 1970年-1979年: 4.1 L 直6
* 1970年-1981年: 5.7 L V8
* 1976年-1981年: 5.0 L V8
* 1980年-1981年: 3.8 L V6
* 1980年-1981年: 3.8 L V6(カリフォルニアモデル)
* 1980年-1981年: 4.4 L V8

の9種類が搭載されている。また、オプションの細分化によりユーザーの希望によって多様な組み合わせができるように設定され、コラムシフトやTバールーフなども選択できた。また、オーストラリア向けの右ハンドル車が初めてラインナップされた。

この2代目カマロは1982年に3代目が発売されるまで、カマロの中ではもっとも長い12年間にわたり販売され続けたが、{{要出典範囲|これは、段階的に厳しくなる排出ガス規制への対応が優先され、次世代型の開発が後回しとなった結果である

備考
インディ500のペースカーに1969年・1982年・1993年の3回選定されている。

スポンサーサイト
[ 2010/01/04 17:19 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。