スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Chevrolet Camaro Commercials 1985 0'58"

トップページGM CHEVROLETカテゴリーChevrolet Camaro Commercials 1985 1985 Chevrolet Camaro Commercials.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カマロ (Chevrolet Camaro) とは、ゼネラルモーターズが生産・販売している2ドアハードトップ、クーペおよびオープンカーの名称。名前の由来は古いフランス語で“友達”の意味。カマロは現在5代目まで存在し、日本には2代目以降正規輸入が続いている。

3代目(1982年-1992年)
ハッチバック形状のボディを採用し、エンジンに燃料噴射装置を初めて採用したモデル。この燃料噴射装置は当初はZ28のみにクロスファイヤーインジェクションがオプション(標準はキャブレター)として設定されていたが、その後、全車が燃料噴射装置化されRSの5.0LにはTBI(スロットルボディーインジェクション 170PS)、Z28の5.0L及び5.7Lには TPI(チューンドポートインジェクション 215PS及び235PS)が採用された。マニュアルトランスミッションが5速に、オートマチックトランスミッションが4速にバージョンアップされた。日本にはヤナセを通じてRS(その後スポーツクーペに改名 5.0L)、Z28(5.0LのちのIROC-Zでは5.7L)およびコンバーチブル(5.0L)が輸入された。なおコンバーチブルは輸入当初はRS(その後スポーツコンバーチブルに改名 170PS)であったが、後にZ28(215PS)に変更されている。

エンジンのバリエーションは次のとおり:
* 1982年-1986年: 2.5 L (151 cid) L4
* 1982年-1989年: 2.8 L (173 cid) V6
* 1990年-1992年: 3.1 L (191 cid) V6
* 1982年-1992年: 5.0 L (305 cid) V8
* 1987年-1992年: 5.7 L (350 cid) V8

グレードはスポーツクーペ、ベルリネッタ(Berlinetta)、RS, Z28、IROC-Z(International Race of Champions)が設定され、1987年モデルではコンバーチブルが復活している。テレビ番組『特警ウインスペクター』のウインスコードのベース車でもある。また、ひらけ!ポンキッキの楽曲「せかいのくるま」内のイメージ映像でフジテレビ旧河田町本社前からガチャピンとムックがオープンカーで同乗し、ドライブする際、カマロコンバーチブルが用いられた。

備考
インディ500のペースカーに1969年・1982年・1993年の3回選定されている。

スポンサーサイト
[ 2010/01/05 17:07 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。