FC2ブログ

西部警察 PartⅢ第47話「戦士よ、さらば…」 5'38"

トップページMOVIEカテゴリー西部警察 PartⅢ第47話「戦士よ、さらば…」
PARTⅢ第47話「戦士よ、さらば…」.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
西部警察PARTⅢ№47戦士よ、さらば… の一部。初代軍団特殊車両として活躍したマシンX。警視庁のガレージから盗まれたマシンXは無人車へと変身。ちなみにこの話で登場するマシンXは影武者という推測だが未だ本物のマシンX所在は不明…

かつて飲酒運転の上ひき逃げを起こして逃走し、マシンXを運転する北条刑事に逮捕された事を逆恨みする自動車メーカーの元エリート技術者・尾崎浩一(演:林ゆたか)によって盗まれてしまう。次々とひき逃げ事件を起こして逃走するマシンXを追跡する大門軍団だったが、五代刑事がRS-3に搭載されたビデオカメラで撮影した映像を検証した結果、犯人がかつてメーカーで研究していた技術を用いて無線操縦車に改造されている事が判明する。

更に、車内には時限爆弾が搭載され、誘拐した印刷工の娘を乗せて走り出してしまう。RS-2のシグナルコントロールで前方の信号を赤信号に変えてマシンXを停車させ、その間に人質を救出しようとするも失敗してしまうが、RS軍団の連携により無線誘導コードの解析に成功し、北条刑事がRS-2からマシンXの運転席に乗り移る。

人質を無事救出するが、爆弾の爆発までの残り時間がわずかとなり、北条刑事は大門の指示で近くの空き地にマシンXを走らせる。時間ぎりぎりで北条刑事は脱出し、マシンXはついに爆発・炎上してしまう。炎上するマシンXに向かい敬礼する大門軍団。同じころ、捜査課では佐川が机に置かれたマシンXの写真の隣にブランデーの入ったグラスを置き、木暮と共に敬礼してマシンXを偲んでいた。

スポンサーサイト



[ 2009/12/24 20:21 ] MOVIE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ