FC2ブログ

Carina Ad 1977 0'15"

トップページTOYOTAカテゴリーCarina Ad 1977 1977 TOYOTA CARINA Ad.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カリーナ (CARINA) は、トヨタ自動車が1970年から2001 年まで生産、販売していた1500cc - 2000ccクラスの小型乗用車である。

大衆車であるカローラから派生し、初代よりトヨタの代表的なスペシャリティカーであるセリカとシャシを共用しており、3代目まではモデルチェンジも常にセリカと歩調を合わせて来た。過去に2ドアセダン、2ドアハードトップ、3ドアリフトバッククーペ、ライトバン、ステーションワゴンがラインナップされていた。4代目のT150系より前輪駆動化し、以後コロナとシャシが共用化され、コロナと共にトヨタのFFミドルクラスセダンとしての位置付けを確固たるものとしていった。

取扱い販売店はトヨタ店(東京地区は1970年12月 - 1989年9 月まではトヨペット店との併売、大阪地区ではトヨペット店の取扱い)。当時トヨタが乗用車に好んで使っていた頭文字が「C」の車名で、由来は、英語で「竜骨座」の意味。 1970年12月にセリカと共に登場し、2001年12月にコロナプレミオと共に製造・販売を終了した。

2 代目 A4#型(1977年 - 1981年)
* 1977 年8月 - フルモデルチェンジ。 * 1977年11月 - 1800シリーズのMT車は、3T-Uエンジンを昭和53年排出ガス規制適合の13T-Uに変更。 * 1978 年5月 - GTとバン以外の1600cc車に3速AT車追加。1800ccの3速AT車も13T-U型エンジンへ移行。1600GTの2T-GEU型エンジンが昭和 53年排出ガス規制適合。110psから115psに出力が向上された。衝撃吸収ウレタンバンバーがオプション設定されていた。 * 1978年9月 - 3T-EU型エンジン(1800cc・OHV・EFI)搭載のST-EFI、SR-EFIが追加された。当初は5MTのみの設定。昭和53年排出ガス規制適合。同時に、2000GTの18R-GU型エンジンのEFI化(18R-GEU型)により、昭和53年排出ガス規制適合。また、18R-U型エンジンも 21R-U型に変更、昭和53年排出ガス規制適合。乗用シリーズは全て昭和53年排出ガス規制に対応完了。リヤエンブレムが「TOYOTA」から「TOYOTA CARINA」に変更された。
* 1979 年2月 - 特別仕様車として、セダン1600DXベースの「マイライフ」、ハードトップ1600DXベースの「マイロード」、ハードトップ1800ST-EFIベースの「スポーティ・スペシャル」を発売。
* 1979 年8月 - マイナーチェンジでスラントノーズの角形4灯ライトに変更(バンは従来どおり丸形4灯)と、同時にリヤはナンバープレートの位置が変更され、スタイルを一新する。3T-EU型エンジンに4速ATが追加された。2ドアセダンのスーパーデラックスは廃止された。バン1400シリーズ廃止。バン1600シリーズは12T-J型エンジンに変更と同時にATが追加された。
* 1980 年8月 - 21R-U型エンジン搭載車のATが3速ATから4速ATに変更された。
* 1981 年3月 - GTにツートーンカラーを追加設定。ハードトップ1800(13T-U)のSEとSRが設定廃止となった。

スポンサーサイト



[ 2009/12/23 09:30 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ