スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Buick Grand National Commercial - 1985 0'32"

トップページGM BUICKカテゴリーBuick Grand National Commercial - 1985 Buick Grand National Commercial - 1985.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
グランナショナル(1982-1987年): リーガルの特別バージョンとして登場。NASCARグランドナショナルにちなんで命名され、それはターボ車として暴力的なパワーを発揮した。

ビュイック・リーガル (Buick Regal) はゼネラルモーターズがビュイックブランドで製造・販売している中型車である。1973年に最初のモデルがデビューした。北米では 2004年に一旦打ち切られたが、2010年に2011年モデルとして復活する予定である。リーガルは何年かの間はボディやパワートレーンをビュイック・センチュリーと共有した。

2代目(1978年-1987年モデル)
ダウンサイズされたリーガルは1978年モデルイヤーで登場し9年続いた。エンジンは当初新開発の3.2L V6が搭載され、由緒ある3.8L V6の改良版はオプションだったが1980年には標準とされた。V8は依然として用意されていたものの、排気量は4.3L(1980年と1981年のみ)に縮小された。変速機は当初は3速MTが標準だったが、後にATに変更された。

リーガルは本来スポーツカーのセグメントではなく中型高級パーソナルカー市場を狙っていた車種であるが、この2代目は性能面で予期せぬ評価を得ることになった。とは言っても、ソフトなサスペンション、小さいホイールとタイヤ、MTの不在(後年)によって、まだ妨げられていたが。

リーガル1978年モデルは3.8L V6 ターボとATが搭載された点で注目に値した。同年のアメリカ市場におけるターボ車は他にはビュイック・ルセーバー、輸入車のサーブとポルシェ・930のみだった。リーガルターボはまた、堅固なハンドリングのサスペンションと大きいタイヤとスポーツホイールを備えていた。

1981年のフェイスリフトはリーガルによりエアロダイナミクスなフォルムをもたらし、この車にNASCARレーシングサーキットで競争できる能力を与えた。この車のこぼれるようなフードとノーズはNASCARの数チームのお気に入りとなった。リチャード・ペティは1981年のデイトナ500でドライブして優勝し、同車は1981年と1982年の主要なレースに勝利し、1981年と1982年のNASCARマニュファクチャラータイトルを獲得した。1982年にはそのNASCARグランドナショナルレーシングシリーズから命名された「リーガルグランドナショナル」がデビューしている。

1982年に新しいセンチュリーがFFのAボディで登場したが、以前のFRのセンチュリーセダンとワゴンはリーガルに車名変更されて継続販売された。ワゴンは1983年で打ち切られ、セダンはその翌年にラインアップから落とされた。

1986年から1987年にかけてはオールズモビルの5.0L V8がオプションで用意され、3.8L V6が標準であった。そのいずれにもオーバードライブ付4速ATがオプションで用意された。

スポンサーサイト
[ 2009/12/18 13:59 ] BUICK | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。