スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Audi All Quattro C5 Commercial 0'55"

トップページAUDI CMカテゴリーAudi All Quattro C5 Commercial Audi Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アウディ・オールロードクワトロは、ドイツの自動車会社アウディが1999年から販売している乗用車である。アウディ・A6のワゴンモデルをベースとしており、ワゴンとSUVの中間といえるボディ形状となっている。

北米市場では2008年12月、日本では2009年2月に、それぞれ販売が中止された。

アウディ・A6のステーションワゴンモデル(アバント)をベースに、トレッドを拡張し、大型ホイールアーチを追加、専用の樹脂製バンパーや前後アンダーガード、サイドシルガードを取り付けてオフロードイメージを高めると共に、全グレードにトルセンセンターデフ式フルタイム 4WDであるクワトロシステムと可変車高エアサスとを装備することにより悪路走破性をも高めている。

名称は、「クワトロ(quattro)」が付かず単に「オールロード(Allroad)」で売られている国や地域もある。生産は全てドイツのネッカーズルムで行われている。

ワゴンとSUVの中間形状(クロスオーバー)を持つ乗用車としては他に、1995年に発売されたスバル・アウトバックや、1997年に発売されたボルボ・V70CXなどがある。

初代(1999-2005年)C5系
初代オールロードクワトロは、2代目A6アバント(C5系)をベースに開発された、1999年から生産された。

A6アバントとの主な違いは、大径タイヤとサスペンションにある。フロントマルチリンク/リアダブルウィッシュボーンのオールロードクワトロのサスペンションには、アウディ初の試みでもある、自動もしくはドライバーの選択によって、142mmから208mmまで4段階で車高(最低地上高)を変えられる4レベルエアサスペンションが装備されていた。

日本での販売
デビュー翌々年の2001年2月から導入され、全て右ハンドルであった。販売名はオールロードクワトロ。

搭載されるエンジンは2.7L V6 DOHCインタークーラー付き30バルブバイ(ツイン)ターボ(250ps/35.7kgm)と、4.2L V8 DOHC40バルブ(300ps/38.8kgm)の2種類。トランスミッションは全グレードマニュアル操作可能な5ATティプトロニックであった。 グレードは、外装のアルミ・クロームパーツをブラックアウトし内装を簡素化した2.7T SV(2002年4月追加)と豪華なウッドパネルとツートン本革仕様を備えた上級の2.7T、最上級にはエンジン排気量をアップし、タイヤサイズとホイールアーチをさらに大型化、バンパー等の一部もボディ同色化した4.2(2003年10月追加)の3種類であった。標準タイヤサイズは2.7T/2.7T SVが225/55R17、4.2は245/45R18であった。

国内登録台数は2471台であった。

スポンサーサイト
[ 2009/12/13 18:09 ] AUDI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。