スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mercedes Benz C-Class Monk Commercial 1'05"

トップページMERCEDESカテゴリーMercedes Benz C-Class Monk Commercial Mercedes Benz C-Class Monk Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
Cクラス(Mercedes-Benz C-Class)は、ダイムラーが生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで販売しているセダン、ステーションワゴンおよびクーペ型の中型高級乗用車である。

同じプラットフォームからの派生モデルとして、クーペタイプのボディを持つCLKクラスが存在したが、現行Eクラス(W212)登場と共に、Eクラスクーペとなった。

Cクラスはその起源を190Eに辿ることができる。もともとはEクラスよりも購入に対する敷居を下げた量販モデルとして計画・販売されたものであった。

主力であるセダンのほかに、ワゴンと3ドアハッチバックと合計3つのボディタイプを持つ。ボディサイズは、BクラスとEクラスとの中間であり、サイズ的にはDセグメントに属する。またAクラス、Bクラスとともにエントリーモデル群を形成している。セダンやワゴンのサイズは、メルセデス・ベンツのモデル中で最小のものである。AクラスやBクラスが発売されていない北米市場においては、最も安価なメルセデス・ベンツでもある。

メルセデス・ベンツのモデル別販売台数では、1位のEクラス、2位のSクラスに次ぐ3位となっている。

世界の3工場で製造され、大部分の右ハンドル車や4気筒エンジンモデルは南アフリカ・イースト・ロンドンのダイムラー・クライスラー南アフリカ(DCSA)工場で、それ以外はドイツのシンデルフィンゲンとブレーメンにある工場で製造されている。

なお、車両を丸ごとチューニングする改造メーカーとして、ブラバス、ロリンザー、カールソンがある。車両を部分的に改造する場合もあるが、国内販売されている新車に改造を加えた場合、「メルセデス・ケア」と呼ばれる3年間の故障無料保証の権利が消失する。

Cクラスの本国(EU)仕様はどの世代のモデルでもマニュアルトランスミッション仕様車が存在するが、正規輸入されたモデルは 190E2.5-16エボリューションII(3台が国内へ正規輸入された)以外無い。

2 代目(2000-2007年)W203/S203/CL203
2000年にフルモデルチェンジし、2代目に移行。W203はセダン、S203はステーションワゴン、CL203はスポーツクーペのコードネームである。

日本では同年9月より「C180/C180 ステーションワゴン」「C200 コンプレッサー/C200 コンプレッサー ステーションワゴン」「C240/C240 ステーションワゴン」「C320/C320 ステーションワゴン」「C32 AMG/C32 AMG ステーションワゴン」「C200 コンプレッサー スポーツクーペ」の販売が開始された。

先代とは異なり、全てのグレードにステーションワゴンが用意された。また、BMW・3シリーズコンパクトに対抗するモデルとして、3ドアハッチバックの「スポーツクーペ」もラインナップに加わったが販売は振るわず、北米市場では2005年を持って絶版となった。

メルセデス・ベンツのモデル名では、本来数字の下2桁が排気量を示していたが、その法則が途絶えたのはW203型Cクラスからである。例えば、 C180の排気量は1.8Lではなく2.0Lであり、C240の排気量は2.4Lではなく2.6Lである。 「C240/C240 ステーションワゴン」「C320/C320 ステーションワゴン」「C200 コンプレッサー スポーツクーペ」には通常モデルをベースにAMGがデザインしたアルミホイールやエアロパーツ、スポーツサスペンションを装着した「スポーツライン」が設定されていた。

当時ダイムラー・クライスラーが発足してからのフルモデルチェンジ車という事もあって、AT車にはマニュアルモードが採用されたが、マニュアルモードのシフトパターンはクライスラーが採用していた「オートスティック」と同じ形状であった(V6車は2005年に7ATが採用されるまで続いた)。

2002年、「C180/C180 ステーションワゴン」「C200 コンプレッサー/C200 コンプレッサー ステーションワゴン」の直列4気筒エンジンが変更を受け、「C180/C180 ステーションワゴン」は「C180 コンプレッサー/C180 コンプレッサー ステーションワゴン」に名称が変更された。

同時にフルタイム4WD(4MATIC)搭載の「C240 4MATIC/C240 4MATIC ステーションワゴン」が追加された。

2003年にスポーツクーペもエンジン変更を受け、「C180 コンプレッサー スポーツクーペ」「C200 コンプレッサー スポーツクーペ エボリューション」の2本立てに。「エボリューション」には専用のアルミホイール、ワイドタイヤが装備された。

2005年、旧型V6エンジンモデル「C240/C240 ステーションワゴン」「C240 4MATIC/C240 4MATIC ステーションワゴン」「C320/C320 ステーションワゴン」を廃し、新世代V6エンジン(272系)を搭載する「C230 アバンギャルド/C230 アバンギャルド ステーションワゴン」「C280 アバンギャルド/C280 アバンギャルド ステーションワゴン」「C280 4MATIC アバンギャルド/C280 4MATIC アバンギャルド ステーションワゴン」を追加された。

この3モデルはいずれも7速AT(7G-TRONIC)を採用し、内装が質感を増したアバンギャルド仕様になっている。

同時に、「C32 AMG/C32 AMG ステーションワゴン」に代わり、5.4L V8エンジンを搭載する「C55 AMG/C55 AMG ステーションワゴン」がラインナップに加わる。

* 日本での価格は400-900万円である。ドイツ本国やヨーロッパ市場では、「C350」(V6、272馬力)などの高額モデル、「C180」(直4、129馬力)などの廉価モデルが存在するが、日本市場では他のモデルとの差別化、ブランド戦略により、ある程度の価格帯のものしか正規輸入されていない。

* ハンドル位置は「C230 アバンギャルド」「C55AMG セダン」(ワゴンは右ハンドルのみの設定)のみ、右・左ハンドルを選ぶことができる。4MATIC(4WD)モデルは、構造上、左ハンドルのみ(日本以外の左側通行国では販売されていない)、その他は右ハンドルのみの設定である。

* 2005年以降、V6エンジンを搭載したモデルには、黒系の木目の内装と本革シートが装備される「アバンギャルド」が標準で設定されている。

* 「C230 アバンギャルド」と「C280 アバンギャルド」には専用デザインのアルミホイール、ワイドタイヤ、本革シートを装備する「スポーツパッケージ」がある。

また、この車はメルセデス・ベンツ史上最も売れた車とも言われている。

グレード一覧
* C55 AMG/C55 AMG ステーションワゴン(2004年6月-2007年6月 / 2004年6月-2007年10月)
5.4L V型8気筒SOHCエンジン(367ps/52.0kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C32 AMG /C32 AMG ステーションワゴン(2001年8月-2004年6月)
スーパーチャージャー付き 3.2L V型6気筒SOHCエンジン(353ps/45.9kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C320 /C320 ステーションワゴン(2001年7月-2004年6月)
3.2L V型6気筒SOHCエンジン(218ps/31.6kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C280 アバンギャルド/C280 アバンギャルド ステーションワゴン(2005年8月-2007年6月 / 2005年8月-2008年4月)
3.0L V型6気筒DOHCエンジン(231ps/30.6kg・m)、7速AT、駆動方式はFR。

* C280 4MATIC アバンギャルド/C280 4MATIC アバンギャルド ステーションワゴン(2005年8月 -2007年6月 / 2005年8月-2008年4月)
3.0L V型6気筒DOHCエンジン(231ps/30.6kg・m)、7速AT、駆動方式は4WD。

* C240 4MATIC/C240 4MATICステーションワゴン(2004年6月-2005年8月)
2.6L V型6気筒SOHCエンジン(170ps/24.5kg・m)、5速AT、駆動方式は4WD。

* C240 /C240 ステーションワゴン(2000年9月-2005年8月 / 2001年6月-2005年8月)
2.6L V型6気筒SOHCエンジン(170ps/24.5kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C230 アバンギャルド/C230 アバンギャルド ステーションワゴン(2005年8月-2007年6月 / 2005年8月-2008年4月)
2.5L V型6気筒DOHCエンジン(204ps/25.5kg・m)、7速AT、駆動方式はFR。

* C230 コンプレッサー アバンギャルド/C230 コンプレッサー アバンギャルド ステーションワゴン(2004年6月 -2005年8月)
スーパーチャージャー付き 1.8L 直列4気筒DOHCエンジン(191ps/26.5kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C200 コンプレッサー/C200 コンプレッサー ステーションワゴン(2002年10月-2007年6月 / 2002年10月-2008年7月)
スーパーチャージャー付き 1.8L 直列4気筒DOHCエンジン(163ps/24.5kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C200 コンプレッサー/C200 コンプレッサー ステーションワゴン(2000年9月-2002年10月 / 2001年6月-2002年10月)
スーパーチャージャー付き 2.0L 直列4気筒DOHCエンジン(163ps/23.5kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C200 コンプレッサー スポーツクーペ エボリューション(2003年9月-)
スーパーチャージャー付き 1.8L 直列4気筒DOHCエンジン(163ps/24.5kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C200 コンプレッサー スポーツクーペ / C200 コンプレッサー スポーツライン スペック(2003年5月-2003 年9月)
スーパーチャージャー付き 1.8L 直列4気筒DOHCエンジン(163ps/24.5kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C200 コンプレッサー スポーツクーペ / C200 コンプレッサー スポーツライン スペック(2001年6月-2003 年5月)
スーパーチャージャー付き 2.0L 直列4気筒DOHCエンジン(163ps/23.5kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C180 コンプレッサー アバンギャルド/C180 コンプレッサー アバンギャルド ステーションワゴン(2006年3月 -2007年6月 / 2006年3月-2008年4月)
スーパーチャージャー付き 1.8L 直列4気筒DOHCエンジン(143ps/22.4kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C180 コンプレッサー /C180 コンプレッサー ステーションワゴン(2002年10月-2006年3月)
スーパーチャージャー付き 1.8L 直列4気筒DOHCエンジン(143ps/22.4kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C180 /C180 ステーションワゴン(2001年1月-2002年10月 / 2001年6月-2002年8月)
2.0L 直列4気筒DOHCエンジン(129ps/19.4kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C180 コンプレッサー スポーツクーペ(2003年9月-)
スーパーチャージャー付き 1.8L 直列4気筒DOHCエンジン(143ps/22.4kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

スポンサーサイト
[ 2009/12/11 16:19 ] MERCEDES BENZ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。