スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Commercial - Mercedes C Class Diesel 0'30"

トップページMERCEDESカテゴリーCommercial - Mercedes C Class Diesel Commercial - Mercedes C Class Diesel.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
Cクラス(Mercedes-Benz C-Class)は、ダイムラーが生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで販売しているセダン、ステーションワゴンおよびクーペ型の中型高級乗用車である。

同じプラットフォームからの派生モデルとして、クーペタイプのボディを持つCLKクラスが存在したが、現行Eクラス(W212)登場と共に、Eクラスクーペとなった。

Cクラスはその起源を190Eに辿ることができる。もともとはEクラスよりも購入に対する敷居を下げた量販モデルとして計画・販売されたものであった。

主力であるセダンのほかに、ワゴンと3ドアハッチバックと合計3つのボディタイプを持つ。ボディサイズは、BクラスとEクラスとの中間であり、サイズ的にはDセグメントに属する。またAクラス、Bクラスとともにエントリーモデル群を形成している。セダンやワゴンのサイズは、メルセデス・ベンツのモデル中で最小のものである。AクラスやBクラスが発売されていない北米市場においては、最も安価なメルセデス・ベンツでもある。

メルセデス・ベンツのモデル別販売台数では、1位のEクラス、2位のSクラスに次ぐ3位となっている。

世界の3工場で製造され、大部分の右ハンドル車や4気筒エンジンモデルは南アフリカ・イースト・ロンドンのダイムラー・クライスラー南アフリカ(DCSA)工場で、それ以外はドイツのシンデルフィンゲンとブレーメンにある工場で製造されている。

なお、車両を丸ごとチューニングする改造メーカーとして、ブラバス、ロリンザー、カールソンがある。車両を部分的に改造する場合もあるが、国内販売されている新車に改造を加えた場合、「メルセデス・ケア」と呼ばれる3年間の故障無料保証の権利が消失する。

Cクラスの本国(EU)仕様はどの世代のモデルでもマニュアルトランスミッション仕様車が存在するが、正規輸入されたモデルは 190E2.5-16エボリューションII(3台が国内へ正規輸入された)以外無い。

初代(1993-2000年)W202/S202

190Eの後継車種として1993年にデビュー。W202はセダン、S202はステーションワゴンのコードネームである。デザインを担当したのはオリビエ・ブーレイ(なお彼は同時期のスバル・レガシィ(2代目・BD/BG系)でもチーフデザイナーを務めている)。外観では上下に伸びた「おむすび形」のテールライトが新しい。これに伴いトランクリッドがバンパーレベルから開閉できるようになっている。190Eに比べ全長で7cm、ホイールベースで2cm拡大し、主に不満の多かった後席の居住性が改善されている。エンジンは1992年にエンジンを一新したW124系(ミディアムクラス)に準じ1.8、2.0、2.2リッターの直列4気筒エンジンと、2.8リッターの直列6気筒エンジン及び、2.0、2.2リッターの直列4気筒ディーゼルと、 2.5リッターの直列5気筒ディーゼルを搭載。直列4気筒ディーゼル以外は全てDOHCエンジンとなっている。また、欧州地域では「クラシック」「エレガンス」「エスプリ」「スポーツ」と4種のトリムレベルを用意し、オーナーの好みに応じて各グレードで任意に選択することができた。

日本にはセダンの「C220」「C250ディーゼル」「C280」「C280 スポーツライン」のほか、C280をベースにチューニングを施した「AMG C280」「AMG C36」が導入された。

「C280 スポーツライン」には「C280」をベースに15インチのアルミホイール、スポーツサスペンションが装備されていた。また、前後席にスポーツシートを採用し定員は4名となっている(後の小変更で5名になる)。 「AMG C280」はエンジンまでは手が入っていないものの「C280 スポーツライン」にAMG製のエアロパーツ・ショックアブソーバー・センター&リアマフラー・17インチアルミホイールが装着された正規のAMGモデルである。リアシートはスポーツシートではなく5名定員となるが、極少数オプションの1:2分割可倒式シート付き(スポーツシートでは選択不可)の車両も存在し、Cクラスの AMGでは唯一セダンのボディ剛性も維持しながら幅広かつ長尺の荷物も積める貴重な存在である。 また1996年まではメルセデス・ベンツの工場ではなくAMGの工場で車体を完成させていて、各パーツ取り付けのみならずホイールアーチ裏側の所謂「爪折」も、「C36 AMG」同様施されている。正規AMGジャパン輸入車両は車検証の登録形式番号が通常のC280とは異なり、BピラーにAMGジャパンのプラークが付く。またカーボン調内装パネルの灰皿にAMGロゴと創始者アウフレヒト氏のサインが95年式までは別パーツのパネルで嵌め込み、96年式はプリントされている。輸入台数は非常に少ない。

1994年、新たに2.0Lエンジンを積む「C200」「C200 エレガンス」が登場。「C200 エレガンス」は「C200」の装備を充実させたモデル。

1996年、ディーゼルエンジン搭載の「C250」が消失、「C220」が排気量アップを受けて「C230」となった。また、Cクラス初のステーションワゴン「C230 ステーションワゴン」を追加。全車に5速ATを採用。

1997年、マイナーチェンジ。従来の直6エンジンはすべてV6またはV8エンジンに置き換わり、直4エンジンは2.0Lのみになった。その中で「C230」「C230 ステーションワゴン」「C280 スポーツライン」「C36 AMG」はラインナップから消え、「C240」「C240 ステーションワゴン」「C43 AMG」が新たに設定された。

1998年、「C55 AMG」「C200 ステーションワゴン」「C43 AMG ステーションワゴン」を追加。

1999年、全車にマニュアルモード(ティップシフト)付き5速ATが搭載され、ESPが標準装備となった。 グレード一覧

* C55 AMG(1998年-2000年)
5.4L V型8気筒SOHCエンジン(347ps/52.0kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C43 AMG/C43 AMG ステーションワゴン(1997年-2000年)
4.3L V型8気筒SOHCエンジン(306ps/41.8kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C36 AMG(1993年-1997年)
3.6L 直列6気筒DOHCエンジン(280ps/39.2kg・m)、4速AT、駆動方式はFR。

* C280 AMG(1993年-1996年)
2.8L 直列6気筒DOHCエンジン(200ps/28.2kg・m)、4速AT、駆動方式はFR。

* C280/C280 スポーツライン(1993年-1997年)
2.8L 直列6気筒DOHCエンジン(200ps/28.2kg・m)、4速AT、駆動方式はFR。

* C280(1997年-2000年)
2.8L V型6気筒SOHCエンジン(193ps/27.5kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C250(1993年-1996年)
2.5L 直列5気筒DOHCディーゼルエンジン(115ps/17.3kg・m)、4速AT、駆動方式はFR。

* C240/C240 ステーションワゴン(1997年-2000年)
2.4L V型6気筒SOHCエンジン(170ps/22.9kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C230/C230 ステーションワゴン(1996年-1997年)
2.3L 直列4気筒DOHCエンジン(150ps/22.4kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

* C220(1993年-1996年)
2.2L 直列4気筒DOHCエンジン(150ps/21.4kg・m)、4速AT、駆動方式はFR。

* C200/C200 エレガンス(1994年-2000年)
2.0L 直列4気筒DOHCエンジン(136ps/19.2kg・m)、4速AT、駆動方式はFR。

* C200 ステーションワゴン(1998年-2000年)
2.0L 直列4気筒DOHCエンジン(136ps/19.2kg・m)、5速AT、駆動方式はFR。

スポンサーサイト
[ 2009/12/10 15:57 ] MERCEDES BENZ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。