スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mika Hakkinen Commercial 0'43"

トップページMERCEDESカテゴリーMika Hakkinen Commercial Mika Hakkinen commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
Aクラス(Mercedes-Benz A-Class)は、ドイツの自動車メーカーダイムラーが生産し、同社がメルセデス・ベンツブランドで販売しているハッチバック型の小型乗用車である。

ボディサイズはBセグメントに属し、メルセデス・ベンツのエントリーモデルに位置づけられるハッチバック型のコンパクトカーである。同じプラットフォームを使用した派生車種として、Bクラスとバネオがある。(バネオは初代Aクラスベース)

Aクラスのボディはもともと蓄電池や燃料電池を動力源とした電気自動車用として設計、開発された経緯がある。そのため、それらを搭載するため、フロアが二階建て構造[1]となっているのが特徴。しかし、実際には、燃料電池の開発の遅れ、車載タンク容量の問題、インフラ整備の遅れなどの水素がらみの問題が解決されず、結局ディーゼルエンジンおよびガソリンエンジンを搭載したメルセデス・ベンツ初のFF車としての販売がメインとなった。

だが、二階建て構造はそのまま残され、これについてメルセデス・ベンツは、前突の場合にエンジンマウントが破壊され、エンジンやトランスミッションが床下(本来の電池室)に潜り込むことで、短い車体ながら生存空間を捻出し、高い衝突安全性を誇る。としている。

メルセデス・ベンツが発売する車種の中で最もサイズが小さく、安価に設定されている。北米など、販売されていない市場もある。それまで最も安価な車種であったCクラスの約2/3の価格でAクラスが発売されたため、メルセデス・ベンツのブランディングに非常に大きな反響があった。これは、日本でメルセデス・ベンツのブランディングが確立した1990年代までの「Das Besten oder Nicht(最善か、無か)」の時代と比較して、半額程度で新車が購入できることを意味している。

日本におけるメルセデス・ベンツのモデル別販売台数では、1位:Eクラス 9,639台、2位:Sクラス 8,078台、3位:Cクラス 8,042台、4位:Bクラス 7,189台、に次ぐ5位の 5,157台となっている。(2006年、日本自動車輸入組合)

  また、Aクラスベースの燃料電池車「F-Cell」は日本、米国、ドイツなどに計60台が納入され、排気ガスを出さないクリーンな自動車として活躍している。

1. ^ 発売当初はサンドイッチコンセプトと呼ばれていた
2. ^ Bクラスやスマート・フォーツーも二階建て構造を採用している。
3. ^ 床下には、通常の自動車用バッテリー、燃料タンク、触媒/排気管/マフラーが配置されている。

初代 W168(1998年-2005年)
初代は1997 年に登場したが、その構造から、フットプリント(ホイールベースΧトレッド)に対し、静的重心がやや高くなる結果となり、メディアが行ったエルクテストでは転倒の危険が発覚した。そのため、販売開始早々リコールされ、対策としてサスペンション・セッティンクとタイヤサイズの見直し、そして、ESPを標準装備としブレーキ個別制御で速度と姿勢を抑える方法を採った。しかし、「メルセデス・ベンツにあるまじき失態」と世界中で報じられることになり、この事件は世界中に報道されることとなった。

多くの報道記事において、同時期に発売されその品質の低さと完成度の低さで酷評されたMクラスの失態と並んで報じられたこともあり、大きく評価を下げることになってしまった。

フロントフェンダーやリアハッチの材質にプラスチックを使用したり、サンルーフとして独自の構造をもったラメラールーフを開発するなど、細かい部分においても新しい試みが行われている。

日本での販売
1998 年に新開発の1.6L 直4エンジン搭載「A160」の販売が始まった。その後、1999年に 1.9Lエンジンを積む「A190 アバンギャルド」、2001年に「A160」の装備を充実させた「A160 エレガンス」、ロングホイールベース仕様の「A160 エレガンス ロング」が追加された。

いずれも右ハンドル仕様のみ、価格は236万~278万円。

変速機は5速ATのみとなる。登場時は世界最小の5速AT謳われた。小型化を実現する為、ATとしては一般的ではない平行軸歯車式を採用している。変速フィーリングは、メルセデスらしいチューニングで素晴らしいが、機械的な脆弱性があり故障の発生頻度が高い。最悪の場合、AT本体を総交換する必要であることから中古市場において、価格の大きな低下を招いている。

エンジンは都度の改良とECUの更新により初期型と最終型では別物ともいえる仕上がりとなっている。

前述のエルクテストに対する対策として、サスペンションのセッティングが固められた為(特に後輪)、後遺症として、乗り心地がかなり硬めとなっている。

後部収納は見た目より広く、大型のスーツケース2個を収納してまだ十分な空間が残る。後席のシートは3:2の分割式(A210Lは5:5)で、必要に応じて前方に倒したり、完全に取り外しする事が可能となっており、多彩なレイアウトが可能となっている。シートを外した場合はワゴン車並スペースをカーゴルームとして利用できる。(但し、外したシートは、車内に格納できない)又、初期型については、助手席まで脱着が可能となっていた。

内装は2001年のマイナーチェンジにて、Sクラスの表皮仕上がりを導入し、初期型と決別することになった。

グレード一覧
* A190 アバンギャルド(1999年10月-2005年2月)
直列4気筒SOHC 1897cc(125ps/18.4kg・m)、5速AT、FF駆動。

* A160 エレガンス/A160L エレガンス→A160 エレガンス ロング(2001年8月 -2005年2月)
直列4気筒SOHC 1598cc(102ps/15.3kg・m)、5速AT、FF駆動。

* A160(1998年9月-2005年2月)
直列4気筒SOHC 1598cc(102ps/15.3kg・m)、5速AT、FF駆動。

* A210L エボリューション(後席も独立シートで定員4名/期間限定)
* A160 ピカデリー ロング リミテッド(期間限定)

スポンサーサイト
[ 2009/12/07 21:11 ] MERCEDES BENZ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。