スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Chevrolet Impala Commercial 2005

トップページGM CHEVROLETカテゴリーChevrolet Impala Commercial 2005 Chevy Impala Commercial
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー・インパラ(Chevrolet Impala)は、ゼネラルモーターズのシボレーブランドによって販売されている自動車の車種名。現在、日本では正式発売されていない。

1960年代前半のモデルは、ローライダーと呼ばれるカスタムのベース車として日本、アメリカで人気が高い。

8代目(2000-2005年)
インパラの名は、シボレー・ルミナに代わる車として、2000年モデルとして復活した。以前のインパラとは異なり、これは前輪駆動であって、2種類のV6エンジンが搭載可能であった。この車は、GM W-プラットホームを基に設計された。スーパーチャージャー付きのV6をもつ新しいインパラSSは、2004年モデルとして登場した。この世代のインパラは(次世代と同様に)、2004年には29万259台の販売を記録し、ベストセラーの大型セダンとなった。

ベースモデルは、布製ベンチシートで、175馬力のLA1(V6、3.4L)エンジンを搭載していた。LSは、革製のセンター・コンソールとフロア・シフト、色のついた「インパラ」の文字が施されたドアスクリプトとトランクバッジ、アンチロックブレーキ、トラクションコントロール、キーレス・エントリー、一体型フォグランプと200馬力のL36(V6、3.8L)エンジンを装備した。全てのモデルで利用できるオプションは、サンルーフ、オンスターシステム、リア・スポイラー、ビルトインされたホームリンク・システムによるドライバー・インフォメーション・センターのサービスを含んでいた。ヒーター入りフロント・パワー・シートと16インチの1990年代SSを思わせるホイールなど、全てのオプションは、LSで装備可能であった。全てのモデルはパワーウインドー、電動ドアロックと電動ミラーを装備していた。2003年、シボレーは、LSスポーツ・パッケージを追加した。LSモデルに加えて、それはフロント・バンパーの拡張、クロムの排気口などが追加された。2004年~2005年のインパラSSは、過給機付きのL67(V6、3.8L)エンジンを搭載した。それは240馬力あり、以前ポンティアック・グランプリGTP、ビュイック・リーガルGSとポンティアック・ボンネヴィルSSEIにも搭載されていた。

たとえ車両が「本当のSS」でなくなって価格が安くなったとしても、軽量スーパーチャージャー付きのセダンは、1990年代モデルと比較して遜色ない加速力をもっていた。

スポンサーサイト
[ 2009/11/11 18:01 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。