スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Pontiac GTO Commercial 1965 1'00" 

トップページGM PONTIACカテゴリーPontiac GTO Commercial 1965 The Pontiac GTO Commercial _1965.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ポンティアック・GTO(Pontiac GTO)は、1964年から1974年までポンティアックによって、そして、2004年から2006年までオーストラリアのゼネラルモータース・ホールデンによって製造された自動車である。

最初で本物のマッスルカーとしばしば捉えられる。1964年から1973年5月までポンティアック・テンペストに密接に関連があった。しかし、最後の年にはポンティアック・ヴェンチュラをベースとした。21世紀のGTOは、基本的にホールデン・モナロ(ホールデン・コモドアのクーペ版)をベースとしている。

最初のGTOは、ポンティアック・エンジニアのラッセル・ギー、エンジン・スペシャリストでチーフ・エンジニアのジョン・Z・デローリアンが開発した。シェーン・ワイザーは、GTOの開発を思いついた最初の人物であった。1963年前半、GMのマネージメントは、カー・レースを禁止する命令を出した。その時、ポンティアックの広報とマーケティング・アプローチは、車のパフォーマンスを基本とし、レースはその戦略上重要な構成要素と捉えていた。ジム・ワンガースは、パフォーマンスイメージを保持するために、ストリート・パフォーマンスに注力すべきであると提案した。そのため、従来のフロント・エンジン、フロント変速装置、リア駆動構成に戻る用意が整ったテンペストをベースに、テンペストのV8-326立方インチ(5.3L)の標準エンジンを、フルサイズのカタリーナとボンネビルの389立方インチV8エンジン(6.5L)の大型エンジンに換装して「スーパー・テンペスト」に変えることが必要となった。

テンペストを特別な高性能モデルとして販売促進することによって、彼らは速度に関心がある若者の市場(それは、フォード・マスタングをその時準備していたフォード・モーターのリー・アイアコッカにもよっても認識されていた)に訴えることができた。デ・ロレアンの考えでは、名前はフェラーリ・250GTO(非常に成功したレース車)の影響を受けた。それは、Gran Turismo Omologato(GTクラスで競争するためのホモロゲーション)の頭字語である。その名前は、殆ど冒涜に近いと考える根本主義者から抗議を受けた。GTOは技術的にA-bodyベースの中型車で、330立方インチ(5.4L)を最大排気量に制限している。GM方針に違反するものであったが、GTOがオプションパッケージであり、標準的な器材以外を装備したため、その方針には違反しないと判断した。ポンティアックのゼネラルマネージャー、エリオット・ピート・エステスはこの新型車を承認した。しかし、販売マネージャーのフランク・ブリッジは最初の生産をほんの5,000台の車に制限すると言ってゆずらなかった。モデルが失敗であったならば、エステスは非難されたであろうが、結果、それは大成功を収めた。

初代(1964-1967年)
1964年の最初のポンティアックGTOは、ポンティアック・ル・マンのオプション・パッケージであった。296ドルで、V8-389立方インチ(325馬力)に、4バレル・キャブレターとデュアル・エグゾースト、クロムメッキされたバルブ・カバーとエア・クリーナー、7枚羽のクラッチファン、フロアシフトの3速マニュアル・ミッション、より固いスプリング、より大きな直径フロント・スタビライザー、幅の広いタイヤ、ボンネット・スクープとGTOバッジを装備した。オプションで、4マニュアル・ミッション、2速オートマチック・ミッション、348馬力のパワフルなキャブレーション、金属のドラム・ブレーキ・ライニング、ヘビー・デューティな冷却装置など、あらゆるオプションを装備して、GTOは4,500ドルのコストで、およそ1600kgの重量であった。

ロイヤルオーク(ミシガン)のロイヤルポンティアックで提供される「ボブキャット」キットで調整されたGTOが、スリックタイヤで1/4マイルを12.8秒、179km/hの最高の速度を計測した。GTOパッケージは1964年となる前に1万台を販売し、その年の総売上台数は3万2,450台で、フランク・ブリッジの販売予測は、不正確であると判明した。

1965年、 GTOを含むテンペストのモデルはスタイル変更を受けた。同じホイールベースとインテリア空間を保持しながら、全長が7.9cm延長された。そして、ポンティアックの特徴のある垂直に積み重ねられたヘッドライトを有した。全体的な重さはおよそ45kg増加したが、ブレーキ・ライニング・エリアがほぼ15% 増加した。また、ダッシュボードの設計が改善され、より読みやすいタコメーターと油圧力計をオプションに加えた。389エンジンはインテーク側でシリンダーヘッドの改良を受けて、吸気量を改善し、標準の4バレル・エンジンで335馬力にパワーアップし、トリ・パワー・エンジンで360馬力となった。トリ・パワー・エンジンは、ベースエンジンよりわずかにトルクが少なかった。スタイルを一新されたGTOは、ボンネット・スクープを装備していた。稀にディーラーが設置されたオプションは、金属製アンダーフッド・パンとガスケットであったため、飾り用の装置が機能的に冷たい空気を取り込むのに役立つことになった。しかし、スクープは低く、その効果が疑わしかったが、少なくともより冷たい、より濃い空気を受け入れ、より多くのエンジンの轟音を排出した。

GTOへの大きな批判は、相変わらずスローなステアリング(17.5:1、4回転ロック・トゥ・ロック)、そして、平凡なブレーキに関するものであった。GTO(歌といろいろな商品を含んだ膨大なマーケティングとプロモーションのキャンペーンによって唆される)の売上高は、7万5,342台と2倍以上になった。この頃には、他のGM部門とその競争相手内で、多くの似た車を生んでいた。ポンティアックの中間車種は1966年、再びスタイルを改良されて、より女性的な曲線のスタイリングと、リア・フェンダーのラインを少し持ち上げた「コークボトル」ラインを施された。幅が189cmに拡大し、全長が524cm、ホイールベースが292cmとなったが、全体的な重さは、ほぼ同じであった。

GTOは、ユニークなグリルとテールライトでの別々の典型的なシリーズ、スポーツ・クーペ、ハードトップとコンバーチブルを登場させた。過去の車に見られるポット金属とアルミニウムのフロント・グリルが、業界で初めてプラスチックに取り替えられた。新しいストラト・バケットシートはより高くてより細い座席となり、快適性向上のためクッションの輪郭が追加された。そして、可調ヘッドレストは新しいオプションとして紹介された。計器板は再設計されて、イグニッション・スイッチがダッシュボードの左からステアリングホイールの右側へ移動された。そして、GTOのダッシュはクルミ薄板装飾によってハイライトされた。

1966年は、 389トリ・パワー・エンジンが供給された最後の年であった。エンジンは、前年と同じであったが、新しいエンジンオプションが提供された。XSエンジンオプションは、ラム・エアーと744ハイ・リフト・カムを装備した。35の工場でラム・エアー・パッケージが製造され、300のラム・エアー・パッケージがオーダーされたと見られる。名目上は、これらの数字がGMの委任を過ぎた数値になるため、はなはだしく過小評価がちであるが、パッケージはトリ・パワー車と同等の360馬力を生じた。売上高は、9万6,946台(全てのGTO年最も高い生産数字)まで増加した。ポンティアックが「GTOタイガー」として広告においてGTOを精力的に販売促進し、それは若者の市場に「ゴート(やぎ)」として知られており、ポンティアックは広告でこの新しいあだ名を利用しようとしたが、会社重役陣によって拒否された。

1967年、スタイルは基本的に不変のままであったが、GTOはいくつかの重要な機能的な変化があった。シボレー・コルベットを除く全ての車種で複数のキャブレターを禁止することが会社の政策として決定され、トリ・パワー・エンジンは、新しい4バレルキャブレターと交換され、 GTOは深刻な競争力低下が問題になった。これを補完して389エンジンは、わずかにより広いシリンダ内径(4.12インチ、104.7mm、6.6L)を得て、400立法インチエンジンに置き換えられた。トルクは、わずかに増加したが、馬力は、同じままであった。テスターではほとんどパフォーマンス違いが見られなかったが、トリ・パワーの特徴的な音と咆哮は消え去った。2台の新しいエンジンが提供され、経済的なエンジンと400立方インチで2バレル・キャブレター装備したエンジンである。オートマチックだけで提供されたため、購入者には好評ではなかった。他のエンジンと同様に、最大のものは、 400ciであった。この6.5リットルのエンジンでには2モデルあり、360馬力と335馬力のエンジンがラインナップする。これらハイ・アウトプット・エンジンは、GTOが前年に搭載したトリ・パワーに代わった。エミッションコントロールが、カリフォルニアだけで売られるGTOに装備された。二段変速オートマチックは三段変速ターボ・ハイドロマチックTH400と入れ替えられ、それはどんなエンジンでも利用できた。ストラト・バケットシートとコンソールを注文すると、ハーストのデュアル・ゲート・シフターを用いてさらに強化され、オートマチックとマニュアルを選択できるトランスミッションを装備した。一方、テンペストの不十分なドラムブレーキは、前輪がオプションのディスクブレーキとすることができた。GTOセールスは、8万1,722台で高いままであった。

スポンサーサイト
[ 2009/11/07 02:48 ] PONTIAC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。