スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Gloria Y32 前期 0'30"

トップページNISSANカテゴリーGloria Y32 前期 nissan_gloria_Y32_1.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
グロリア (GLORIA) は、プリンス自動車工業、日産自動車が1959年から2004年まで製造・販売していた上級セダンである。

初代BLSI型グロリアは初代ALSI型スカイラインの派生モデルとしてスタート。4代目230型からはセドリックと姉妹車となり、2つを併せて「セド・グロ」と呼ばれた。セドリックと共に、同クラスのクラウン(トヨタ)とは、自家用車をはじめタクシー、ハイヤー、パトカー、教習車などの法人需要でも長年のライバルであった。

9代目 Y32型(1991年-1995年)
1991年6月、ハードトップがモデルチェンジ。それ以降、セダンはモデルチェンジを受けることなく先代モデルのY31型を継続生産することとなる。

時代の流れを受けボディは3ナンバーとなり、Y31系シーマに搭載されていたVG30DET、VG30DEを搭載するモデルも登場する。このモデルチェンジでセンターピラーを有するピラードハードトップとなり安全性や耐久性が大幅に向上、高い走行性能を支える強固な骨格も実現された。

エンジンはガソリンエンジンがVG30DET、VG30DE、VG30E、VG20E、ディーゼルエンジンはRD28が搭載された。トランスミッションはMTがラインナップから無くなり全車ATのみとなる。VG30DE、VG30Eは電子制御5速ATを搭載、VG30DET、VG20E、RD28 は電子制御4速ATが搭載された。

先代で好評だったグランツーリスモ系には丸型4灯のヘッドライトが与えられより強い印象に仕立てられた。グレードは発売当初はグランツーリスモ SV、グランツーリスモ。そしてVG30DET型エンジンを搭載するトップグレードのグランツーリスモアルティマが新たに追加された。一方のブロアム系は角型2灯のノーブルな雰囲気に仕立てられ、同じボディを使用して廉価仕様のクラシック系も用意された。トップグレードから順にブロアムVIPエアサスペンション仕様、ブロアムVIP・Cタイプ、ブロアムG、ブロアム、クラシックSV、クラシックとなる。ブロアムVIP系はグランツーリスモアルティマ同様全車VG30DETを搭載する。また、グランツーリスモ系とブロアム系・クラシック系でフロントバンパーのデザインが異なる。その為、グランツーリスモ系の方がほんの僅かに全長が長い(20mm)。

1992年2月、グランツーリスモにお買い得装備を追加したグランツーリスモS追加。

1992年6月、バーチャルビジョンメーターや専用シート地などの専用装備を奢った最上級グレードのグランツーリスモアルティマLVが追加。

1993年6月、マイナーチェンジ。ブロアム・グランツーリスモ系共に若干のフェイスリフトを受けると同時にグレードも若干整理された。ブロアムGがブロアムVに変わる。廉価仕様のクラシック系が廃止され、ブロアムJとなる。ブロアム系の全長がグランツーリスモ系と同様になる。

1994年6月、グランツーリスモアルティマ・グランツーリスモSV・ブロアム(VG30DET・VG30DEモデル)にSパッケージ追加。

1994年9月、V20Eグランツーリスモ追加。今まで全車3リッターだったグランツーリスモにVG20Eを搭載したモデルである。

1995年1月、V20Eブロアム追加。VG20E型にE-ATを組合わせる。

車名の由来
当時の皇太子明仁親王と正田美智子の成婚を記念して、宮内庁と車両納入でつながりの深かった当時の富士精密工業(後のプリンス自動車工業)が、ラテン語で「栄光」を意味する「グロリア」の名が付けられた。

取扱販売店
レッドステージとレッド&ブルー。日産のディーラーが2系列に統合される前は、スカイライン販売会社(プリンス店)で取り扱われていた。

スポンサーサイト
[ 2009/11/03 00:00 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。