スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Corolla Runx/Allex Commercial 0'41"

トップページTOYOTAカテゴリーCorolla Runx/Allex Commercial toyota corolla funny commercial.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カローラランクス (COROLLA RUNX) 、アレックス (ALLEX) は、トヨタ自動車で製造されていた自動車である。

E120H型(2001年-2006年)
カローラのハッチバックモデルとして2001年1月24日発表。事実上、カローラFXの後継車種だった。

国内向けは5ドアモデルのみであるが、欧州市場向けには3ドアモデルも用意され、フロント周りも日本向けとは異なるデザインであった。2002年9月19日のマイナーチェンジで国内向けも同様のデザインとなるが、テールランプのデザインが若干異なる。

エンジンは1500ccの高効率・実用型ツインカムの1NZ-FE型、および1800ccスポーツツインカムの2ZZ-GE型が用意され、2ZZ-GE型エンジン搭載モデルには6速MTも用意される。2002年のマイナーチェンジで1800ccの高効率・実用型ツインカムの1ZZ-FE型エンジン搭載モデルも追加された。

2004年4月27日に2度目のマイナーチェンジ、涙滴型ヘッドランプユニットを採用した。

2006年10月には後継車のオーリスが発表され、モデル廃止となる。

さらに、南アフリカで従来AE91系カローラFXのノックダウン生産でTAZZの名で生産し続けられたが、2006年にはフルモデルチェンジされ、後期型ベースで「ランクス」の名称で現地生産が始まった。

グレードは基本的に3種類である。カッコ内はアレックスでのグレード名。

* X (XS150) 型式名 DBA-NZE121H
1NZ-FE型エンジン(1500cc)を搭載。4ATミッション。前輪駆動と四輪駆動があり、4WDモデルの型式名はCBA-NZE124Hである。もっとも販売実績をあげたグレードで、トヨタも販売に力をいれ、様々なバリエーションを販売した。G EDITION(同名)には、ベージュ内装・木目調パネル・オートエアコン・リヤスポイラー・ラジオレス4スピーカーなどを、AEROTOURER (S EDITION)にはG EDITIONの装備に加え(ベージュ内装・木目調パネルは除く)、フロントスポイラー・サイドスポイラーなどがそれぞれ装備された。

* S (XS180) 型式名 CBA-ZZE122H
1ZZ-FE型エンジン(1800cc)を搭載。4ATミッション。前輪駆動と四輪駆動があり、四輪駆動モデルの型式名はCBA-ZZE124Hであった。ATミッションはXと差別化を計り、ゲート式のSuper ECTミッションとなっている。

* Z (RS180) 型式名 TA-ZZE123H
2ZZ-GE型エンジン(1800cc)を搭載。ランクスの中で唯一、6速ミッションの設定があった。ランクスの中で最もスポーティーな設定で、後期型では他のグレードとは違い、サスペンションやブレーキの設定を変えるなど走行性を強調し、モデル廃止となったカローラレビンユーザーの受け皿という位置づけであった。初代レビンはカローラにセリカのエンジンを載せたものだが、このグレードのエンジンもセリカと同じものであり、TRDでチューンしたTRD Sports Mというカスタマイズカーが販売されていた。

同社のアレックスは、カローラランクスの別販売店(ネッツ店)向けの姉妹車種である。カローラランクスとの違いは、グレード名、フロントグリルのデザインのほか、E120型カローラセダン同様(ただし上位グレードのみ)にドアアウターハンドル(中期型まで)およびサイドウィンドーモールがメッキ化されている点など極めて些細である。

オーリスの登場で、ランクス同様に一代限りでブランドが廃止された。

スポンサーサイト
[ 2009/10/25 00:49 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。