スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Corolla E100 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーCorolla E100 toyota corolla e100.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
当初1100cc級、以後モデルチェンジ毎にサイズ拡大され、1200-1600cc、のち1300・1500-2000cc級の小型乗用車として、長らく生産が続けられてきた。日本において最も普及した大衆乗用車シリーズの一つである。

その時代毎の基準から見て常に手堅く中庸な設計を用いつつ、ユーザーの上位志向に応えた装備類の充実、派生モデルの開発などで、日本国内市場、輸出市場の両面で成功を収めた。

基本形となるセダンに加え、多くの派生車を擁し、1969年から2001年までの33年間、連続して車名別日本国内販売台数第1位を維持。2005年には累計生産台数3000万台を達成し、2008年現在でも世界140ヶ国以上の国で販売されている。

なおこの車種の車名である「カローラ」の由来はラテン語で「花冠」を意味し、先行した「クラウン」「コロナ」に続いて「冠」を象徴する車名を与えられたものである。なお、日本以外では「コローラ」と発音することが多い。

7代目 E100型(1991年 - 2002年)
* 1991年6月、モデルチェンジ。
o 金メッキ端子を用いたハーネスの採用、ボディの80%以上に亜鉛メッキ合金を用いた防錆鋼板の採用[5]など、内外装や装備も含め至って高品質なモデルであった。
o 車体設計にフルラップ衝突対応の「CIAS(サイアス)」を採用。また、国内向けのカローラとしてはこの代より全車にサイドドアビームが標準装備。
o 1600cc・4A-GE型は1気筒あたり5バルブのDOHC20バルブ[6]となる。その他のガソリンエンジンはバン並びにビジネスワゴンを除き全てDOHC16バルブ。ディーゼルエンジンは2C-III型2000ccに統一。
o 1500cc・5A-FEエンジン搭載車のMTが全て5速化。
o 上級グレードのSEリミテッドは、発売当初SE-Lという名称を用いていたが、古くから類似した名称を使用していたメルセデス・ベンツ(例:600SEL)からクレームが入り、名称を変更した経緯がある。
o 「SE」系グレードにはパワーステアリング、パワーウィンドゥ、エアコンなどが標準装備。
o 同年9月にはワゴン/バンをそれぞれモデルチェンジ。

* 1993年5月のマイナーチェンジでは、コスト削減のためSE-Gのデジタルメーターとパワーシートなどのオプション廃止。内外装変更。SEリミテッドの装備厳選、および1500XEの4速AT化、エアコンの冷媒を代替フロンに変更。 1300cc・4E-FE型エンジン搭載車は常用域におけるドライバビリティ向上の目的のため最高出力が100ps(ネット値)から97ps(ネット値)へダウンした。また、ツーリングワゴンも同時にマイナーチェンジを実施。後部座席ドアをパワーウインドウ化、Gツーリングに電動格納ドアミラーを装備するなどの変更が行われた。

* 1994年、GTをベースに3S-GE型エンジンを搭載し、全日本ツーリングカー選手権出場マシンの開発テクノロジーを活かした特別仕様車「カローラ TRD2000」を台数限定(99台)で発売(実生産は12台)。

* 1994年1月、ビジネスワゴン並びにバンがマイナーチェンジ。1300cc並びに1500ccの各ガソリンエンジンが全てハイメカツインカム化される。

* 1995年5月、セダン販売終了。ツーリングワゴンシリーズのみ2度目のマイナーチェンジ。

* 1996年5月、バン・ワゴン一部改良。運転席エアバッグ・ABS(ただしツーリングワゴンシリーズのみ)を標準装備にした他、ツーリングワゴンシリーズに4A-GE型エンジン搭載のBZツーリングを追加。

* 1997年5月、ツーリングワゴンシリーズのみ最後のマイナーチェンジ。助手席エアバッグを標準装備化、プリテンショナー・フォースリミッター付きシートベルトの採用など安全面の向上が行われた。

* 1998年4 月、バン・ワゴンのガソリン車が平成10年アイドリング規制に適合。ディーゼルエンジンが3C-E型2200ccに変更されると同時に平成9年規制に適合。同時にビジネスワゴンにも助手席エアバッグ・ABS・プリテンショナー・フォースリミッター付きシートベルトが標準装備化される。

* 2000年8月7日、バン・ビジネスワゴンが最後のマイナーチェンジ。これに伴いビジネスワゴンはアシスタワゴンシリーズに改名。全車MT車は5MT化されたほかバンにも助手席エアバッグ・ABS・プリテンショナー・フォースリミッター付きシートベルトが標準装備化され、バン・ビジネスワゴンのガソリンエンジン全車が「平成 12年排出ガス基準25%低減レベル(G-LEV(☆))」を達成した。

* 2002年7月1日、バン・アシスタワゴンシリーズ販売終了。後継車はプロボックス。

スポンサーサイト
[ 2009/10/22 23:03 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。