スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Crown S6型(1971年 - 1974年) 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーCrown S6型(1971年 - 1974年) crown S6#7#型(1971年 - 1974年)JPG

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
クラウン(CROWN)とは、トヨタ自動車が1955年より製造、販売する乗用車のブランドである。また、日本を代表する車種の一つである。
初代から3代目までは、ブランドと自動車検査証の車名が「トヨペット」であった。

名前は「王冠」の意味であり、初代から現行型までフロントグリルのエンブレムにも使用されている。
日本国内市場に重点を置いた車種で、トヨタの量販車の中でも最上級モデルの地位を長く担い、「いつかはクラウン」のキャッチコピーに象徴されるように、一般に高級車として認知されている。トヨタ自動車を代表する車種の一つであり、その長い歴史を通じ、官公庁などの公用車や多くの企業の社用車として用いられてきた。
信頼性や耐久性の高さから、タクシー、ハイヤー、教習車(発売された1955年から道路交通取締法が施行されていた1960年12月19日までは小型自動四輪車免許の教習車、1960年12月20日の道路交通法施行以後は普通自動車免許の教習車)、パトロールカーといった業務用車両や特殊車両として使われることも多かった。
歴代シリーズでは8代目(1987年9月 - 1991年10月)の販売台数が最高である。

現行車種の車体形状は4ドアセダンのみだが、以前には2&4ドアハードトップ、ステーションワゴン、ライトバン、トラックも存在した。一時はボディスタイルを優先してドアガラスのサッシ(窓枠)を廃した4ドアピラードハードトップが主流であったが、S170系以降はハードトップのスタイルを継承しながらもサッシ付のセダンとなる。競合するクラスの輸入車には、メルセデス・ベンツ Eクラス、BMW・5シリーズ、アウディ・A6がある。 これら大型車種とは別に、旧型のX80系マークIIのコンポーネンツをベースに、車体を5ナンバーサイズおよび中型タクシーの枠内に納め、耐久性やランニングコストを重視して開発されたクラウンコンフォート、装備および内外装を充実化したクラウンセダンというモデルが設定されている。前者はタクシーなどの営業車専用モデル、後者は主に公用車や個人タクシー向けである。いずれも、クラウンの主流モデルが大型化・高級化したことによる下位カテゴリーの車種空白を埋めるため、「クラウン」のネームバリューを利用して開発されただけであり、実質は別系統の車種である<。

当初からオーナードライバー向けとして開発され、その時代ごとに、トヨタが提案し、消費者が求めて続けた日本の高級車像が反映された結果、現在ではロイヤルサルーンシリーズがクラウンの販売の主流となっている。ロイヤルサルーンシリーズがクラウンの正統な血統であるといえる。
ロイヤルサルーンは1974年登場の5代目から続いている伝統あるグレード名である。

4代目 S6#/7#型(1971年 - 1974年)
この代から正式名称が「トヨペット・クラウン」から「トヨタ・クラウン」に改称されている。ボディバリエーションは4ドアセダン、2ドアハードトップ、カスタム(ワゴン)/バンの3本立てとなった(車両型式はハードトップがS7#系、それ以外がS6#系)。時代を先取りしたスピンドル・シェイプ(紡錘形)と呼ばれる丸みを帯びたスタイルから「クジラ」の愛称を持つ。しかしながらデザインが法人ユーザーに敬遠され、[5]、同時期にモデルチェンジしたセドリック/グロリアに販売台数で逆転される。そのため「クラウン史上最大の失敗作」と言われた。最上級グレードとして新たに設定された「スーパーサルーン」を筆頭に、セダンが「スーパーデラックス」「デラックス」「オーナーデラックス」、ハードトップは「SL」「スーパーデラックス」「ハードトップ」とセダンに準じた構成となった。またバンにも「デラックス」が設定された。装備面では後輪ESC(ABS)・EAT(電子制御式自動変速機)をSLに、オートドライブをSL、スーパーサルーン、オーナーデラックスにオプション設定したことなどが挙げられる。カタログなどで使用されたカタカナ表記『クラウン』ロゴは、この代からS130型まで同じ物が使われていた。

1971年2月 - 発売。
1971年4月 - 2600ccエンジン(4M型)を搭載したモデル(3ナンバー登録)が登場し、高級車化に拍車がかかった。
1973年2月 - マイナーチェンジでボディー同色一体型だったバンパーをクロームの大型バンパーに変更した。

スポンサーサイト
[ 2009/10/12 04:00 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。