スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Toyopet Corona MARKⅡRT60 RT70 1'00"

トップページTOYOTAカテゴリーToyopet Corona MARKⅡRT60 RT70 TOYOPET CORONA MARKⅡ RT60 RT70.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
当時の小型セダン“コロナ”をよりスポーティに高級化した車、という開発コンセプトにより、端的にその二次的車種という意味で“コロナマークII”と命名された。 コロナマークIIという車名は上級車志向のコロナオーナーを意識し、ジャガーMk-IIなどの英国車のモデルチェンジやグレード変更によく使われる方法から採用された。

初代 T60型(1968-1973年)
* 1968年9月 初代コロナ・マークII発売。
o ユーザーの上級志向化や、クラウンとコロナの中間モデルが要望されていたため、当初次期コロナとして開発していたT60系は、「コロナ・マークII」とし、コロナはマイナーチェンジに留め、フルモデルチェンジを2年延期した。

o 車両型式はT60系(4ドアセダン)とT70系(2ドアハードトップ)で、コロナの型式を踏襲する。デザインはコロナの「アローライン」を継承しながらも、ひと回り大きくゆとりあるものとなった。

o ワイドバリエーションを誇り、4ドアセダン/2ドアハードトップ/バンに加え、ワゴン、さらにピックアップモデルまで用意されていた。尚、ワゴンとバンではリアのデザインが大きく異なる。

o エンジンは1600ccの「7R」と1900ccの「8R」で共に水冷直列4気筒SOHC。それぞれにシングルキャブレター仕様とSUツインキャブレター仕様が用意された。当初設定された1600ccはコロナに設定された「ゴールデンシリーズ」からのキャリーオーバーであった。

* 1969年9月 ハードトップGSSを追加。
o エンジンは8R・1900ccをベースにDOHC化した「10R」(後に8R-Gに呼称変更)で最高出力140ps 最高速度200km/h。

* 1970年2月 マイナーチェンジ。
o フェイスリフトを実施。1.6Lを1.7Lに増強。

* 1971年2月 マイナーチェンジ(ピックアップ除く)。
o フロントマスクは、その形状から「イーグルマスク」と呼ばれた。

* 翌年2代目(X10型)に移行後も、ピックアップは一度もフロントマスクの変更を行わないまま、1973年頃まで生産・販売された。

スポンサーサイト
[ 2009/10/11 03:49 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。