スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Cima F50 0'30"

トップページNISSANカテゴリーCima F50 NISSAN CIMA_F50.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シーマ (CIMA) は、日産自動車が生産・販売しているフルサイズラグジュアリーセダン。日産のオーナーズカーとしては上級車両とされている。

4代目となる現行型には、同じプラットフォームからの派生車種として日産自動車のフラグシップモデル、プレジデントがある。

バブル景気絶頂期にY31セドリック/グロリアとプラットフォームを共有する上級派生車種として登場。 初代は、販売チャンネルごとに「セドリック・シーマ (CEDRIC CIMA) 」(ローレル販売会社=日産モーター系列)、「グロリア・シーマ (GLORIA CIMA) 」(スカイライン販売会社=日産プリンス販売系列)として販売された。

ドメスティックモデルだった初代・2代目とは異なり、3代目以降は日本国内でも売られていたインフィニティQ45の後継車と言う位置付けになり、日産の海外専売高級車ブランドインフィニティチャンネルで「インフィニティ・Q」シリーズとして売られるグローバルカーとなった。

4代目 F50型(2001年-)
2001年1月12日
フルモデルチェンジ。
搭載エンジンはVQ30DET型V型6気筒DOHC2987ccターボとVK45DD型V型8気筒DOHC直噴4494cc(日産初の直墳V8エンジン)の2種類。

小型のプロジェクターランプを中央に1つ、それを取り囲むように6つ配置された特徴的なヘッドライトが「バルカンヘッド」と呼ばれている。このヘッドライトはV6モデルには採用されていなかったので、ヘッドライトで搭載エンジンを見分けることができた。

ドアミラーウインカーを国産車で初めて採用したモデル。そのためドアミラー仕様はサイドマーカーが付かないが、フェンダーミラー仕様はサイドマーカーが付く。また、同日、特別仕様車「450XV リミテッドエディション」を発売。 また、現行型のCIを最初につけたモデルでもある。

2001年9月
特別仕様車「シーマ家庭画報バージョン」追加。

2001年12月25日
一部改良。助手席パワーオットマン機構などの採用拡大や、本木目・本革巻コンビステアリング、本木目フィニッシャー、電子キーの全車標準装備化など、仕様装備の充実を図る。

2002年1月22日
誕生15周年記念特別仕様車「15th Anniversary」を3月までの期間限定で設定。

2002年6月
BOSEサラウンドシステムオプション設定。第7回北京国際モーターショーに出展。

2002年9月27日
300Gにマルチプロジェクターキセノンヘッドランプとヘッドランプレベライザーを設定するとともに、「300Gグランドツーリング」を追加。なお、300GはNISMOのECU装着で50馬力アップする。

  2003年4月
上海モーターショーに出展。左ハンドル仕様の「シーマ」は中国市場のみに投入されている(現在は販売終了)。なお、中国仕様はフロントグリルに日産のCIが装着されており、フードオーナメントは取り付けられていない。

2003年8月26日
FRモデルのマイナーチェンジ。フロントグリルなど内外装の一部変更、「インテリジェントブレーキアシスト」、「前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト」、「アクティブAFS」などの採用による安全装備の向上のほか、V8エンジンがVK45DE型へ変更され、直墳エンジンではなくなる。 2003年11月18日
4WDモデルのマイナーチェンジ。FRモデル同様「アクティブAFS」の採用などが行われた。

2007年2月1日
20周年記念限定車「450XV 20th リミテッド」を新設定。同年6月までの期間限定設定。「450XV」をベースに、レッド本木目フィニッシャー、本革シート、前席エアコンディショニングシート、後席パワーシートなどを採用した。

2007年7月
平成17年排出ガス規制に適合できないターボエンジンのVQ30DETの設定を廃止。

2008年2月7日
プレジデントと同時にマイナーチェンジ。
フロント・リアバンパーの拡大により全長5,120mmになる。フロントマスクは、今回のマイナーチェンジ用に独自のデザインが与えられる。テールランプは、フーガやスカイラインとよく似た、トランクリッド内にガーニッシュを配したインフィニティQ45後期型仕様となる。そのほか、ボディカラーに新色が設定されるとともにエクストレイルやフーガなどと同じスクラッチシールド加工仕様を全色に設定されるほか、インテリアの内装色の変更(エクリュ廃止、カフェラテ復活)となる。エンジン、ミッションなどに変更はない。ナビゲーションはDVDナビのままだが、新たにカーウイングス対応になりETCと共に全車標準装備(一部グレードではレス化も可能)となった。また、フェンダーミラーの設定を廃止した。

2009年1月14日
一部改良。安全対策のため、フードオーナメントが隆起タイプから埋め込みタイプに変更される。

車名の由来
車名の由来はスペイン語で「頂上」、「完成」の意味。

スポンサーサイト
[ 2009/10/10 03:20 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。