スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MR2 AW20 1985 Ad 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーMR2 1985 Ad 1985 TOYOTA MR2 Ad.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
MR2(エムアールツー)は、トヨタ自動車が生産していた1600cc及び2000ccクラスのミッドシップスポーツカーである。後継車はMR-S。

初代 W10型(1984-1989年)
1983年の東京モーターショーで発表されたSV-3の市販車で、日本車初のミッドシップエンジン車である。ショーモデルであるSV-3からリアスポイラーの形状変更、デジタルメーター、Tバールーフの非装備など若干の仕様を変更して1984年6月に販売が開始された。製造はセントラル自動車。1984年度の日本カーオブザイヤー受賞車である。

安価で量産性を高めるため、足回りとエンジン、ミッションは既存の前輪駆動車(E80型カローラ)を流用し生産された。同様な成り立ちのイタリア・フィアット社のX1/9やアメリカ・ゼネラルモーターズ社のポンティアック・フィエロを参考にしたとの話や、開発時期が英国ロータス社と技術提携していたことから、一部ではロータス社が設計した車両をトヨタが再設計してコストダウンしたものとの説もある。 ただし、ロータスの関与について確認が取れることは、ヨーロッパでの実走テストにテストドライバーが参加したことのみとなっている。

1986年にはマイナーチェンジを行い、スーパーチャージャーやTバールーフの装備車が設定された。 AW型おいては全グレードにパワーステアリングの設定はされなかった。

モータースポーツ活動として、WRCのグループSに3S-GTEを積み、4WD化された車両での参加も計画されていたが、参戦前にグループS自体が消滅したため実現しなかった。

生産終了から年数が経つが、中古車相場ではまだ取引されることも多く、トヨタからの部品供給も(加工や流用などで対応できる部品を除いて)現時点では問題なく行われている。

グレード構成
* S
* G
* G-Limited

Sは3A-LU型1500ccエンジン、G、G-Limitedは4A-GELU型1600ccエンジンをそれぞれ搭載。Sのみ型式名がAW10、GとG-LtdはAW11。GおよびG-Ltdには、Tバールーフ装着車及びスーパーチャージャー装着車(4A-GZE型1600ccエンジン搭載)を設定。

マイナーチェンジによる差異
前期
* 標準車のバンパー・スポイラーがブラックアウトされている。(85年の一部改良でボディ同色となる)
* 車重は1トン以下であり、自動車重量税が安い。

後期
* フロントスタビライザー径の拡大。
* リアサスペンションの容量が拡大され、乗り味が洗練される。
* G系のブレーキディスク径の拡大(キャリパーは前後期とも共通)。
* オーディオが2DIN対応となり、灰皿の場所やドアトリムなど、内装の意匠が変更される。
* 前後バンパーが大型化。
* S/Gグレードのサイドステップを除くエアロ類がカラード化。
* テールランプ内の反射板が円から四角になる。
* 右サイドエアインテークの形状変更。
* リアサスペンション小変更(容量アップ)。
* ドア内装デザイン変更。
* 側面衝突安全基準の問題でサイドドアインパクトビームが内蔵され、Sグレード以外は車重が1トン超となる。

後期最終仕様
* G-Ltd系のドアノブのカラード化、ドアミラー形状変更(オプションで電動格納式となる)。
* リアスポイラーへのハイマウントストップランプ追加。
* G-Ltd系Tバールーフ車のトップガラスがハーフミラー化。
* 自然吸気エンジン車の出力表記変更(グロス130ps→ネット120ps)。

1984年-1985年日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞
限定(特別仕様)車として、1985年にG-Limitedをベースに「ホワイトランナー(WHITE RUNNER)」、「1600Gスポーツパッケージ(前期のみ)」、1986年にGスポーツパッケージをベースに「ブラックリミテッド」(前期ベース)が設定された。なお、「ホワイトランナー」は300台の限定生産とされている。「ブラックリミテッド」にはリアスタビライザーが装備されている。(形状、線径が後の「ADパッケージ」仕様車に取り付けられているものとは異なる。)

後期モデルのスーパーチャージャー車には、スプリング・ショックアブソーバーでサスペンション特性を変更し、リアスタビライザー、回転方向指定タイヤのブリヂストンPOTENZA RE71等の装備を加えた「ADパッケージ仕様車」が設定されていた。 なお「ADパッケージ仕様車」以外のモデルにはリアスタビライザーの設定がない。

発売された特別仕様車
1985年1月~ ホワイトランナー
* ボディ色 スーパーホワイトII
* デカールによるシルバーの二本ライン
* バンパー、リップスポイラー、ドアミラー、マッドガードをボディーと同色化
* シートを黒と赤のツートンカラーへ変更
* パワーウインドウ及び電磁ドアロック、フロントブロンズガラスを装備。

1986年1月~ ブラックリミテッド
* ブラックメタリックの専用ボディ色
* フロントとリアスポイラー、マッドガードボディーと同色化
* 専用のプロテクションモール
* ライトグレーの専用シート表皮
* 専用のステアリング、シフトノブ

1988年1月~ スーパーエディション
* ホワイトとベージュメタリックのツートンの専用ボディ色
* ドアノブをボディ同色に
* カラードリヤマッドガード
* カラードアルミホイール
* フロントブロンズティンテッドガラス
* 一部が本革のシート、本革巻きシフトノブとパーキングレバー
* MOMOの本革巻ステアリングを装備

1989年1月~ スーパーエディションII
* ブラキッシュブルーマイカの専用ボディ色
* カラードリヤマッドガード
* レカロシート
* MOMO製の本革巻ステアリング
* 本革巻シフトノブ、本革巻パーキングレバー
* 専用ドアトリム、フィン付きフロントワイパーを装備

スポンサーサイト
[ 2009/10/04 01:15 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。