スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Subaru ImprezaⅡ GD・GG 0'30"

トップページSUBARUカテゴリーSubaru Impreza GC/GF Impreza II GD・GG.jpg


blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インプレッサ(IMPREZA)は、スバルブランドを展開する富士重工業が生産・販売する乗用車である。1992年に発売を開始した。

レガシィの下位モデルという位置付けで登場し、世界市場=特にヨーロッパにおけるCセグメント市場を狙ったスバルの世界戦略車としての役割も担っている。 後述するが、日本車としては1代1代のモデルサイクルが長いことでも知られる。

2代目GD・GG型(2000年-2007年)
ボディデザインは初代を引き継いでセダンとスポーツワゴンが用意されたが、スポーツワゴンが5ナンバー枠に収まるのに対し、セダンはスポーツ走行での安定性を考慮しブリスターフェンダーを備えた3ナンバーサイズとなった。また、スバルブランドがイメージ模索に迷走するあおりを受けてそのライフスパンの中で大きく3度に及ぶ大幅なフェイスリフトを受けた。スポーツワゴンは一時期、サーブ・9-2Xとして北米市場にOEM供給された。

2代目開発当時、各メーカーで盛んに叫ばれていたいわゆる「衝突安全ボディー」の設計に注力され、「新環状力骨構造 」の採用、また前面衝突時の衝撃を効果的に吸収するサブフレームが前端に追加された。「STI」では剛性の確保が根本的に見直され、サイドシルの断面積拡大、ストラットボックス、クロスメンバー部の補強などが行われた。

2.0L ターボ、2.0L NAには、新たに可変バルブタイミング機構(AVCS)を吸気側に新たに採用した。

2.0Lターボ車に新たにTGV(タンブル・ジェネレーション・バルブ)が採用され、燃焼効率の向上、触媒の二重化[9]による始動直後の排出ガスレベルの低減を実現し、STIを除く全車が平成12年度基準排出ガス25%低減レベル適合(G-LEV)した。また、2.0Lターボ、2.0L NAが「良低排出ガス車(☆)」、1.5Lが「優低排出ガス車(☆☆)」に適合し、「グリーン税制」対象車となっている。

AWDモデルでは5MTにVCU(ビスカスカップリング)方式センターデフを、E-4ATに「MP-T」を用いたアクティブトルクスプリットAWDを採用している。AWDターボ用には、5MTとして従来のTY75型(VCU方式センターデフ)を引き継いでいる。E-4ATとしてレガシィと共通の、遊星歯車式センターデフ+「MP-T」によるVTD-AWDトランスミッションが搭載された。STIには、今回は全くの新開発のスバル内製「TY85」型6速マニュアルトランスミッションが搭載された。先代ではガラスのミッションと酷評されたが、この代から搭載されたミッションは強度が見直された。

全国の警察の機動捜査隊に後期型WRXが覆面パトカーとして導入されている。

年表
* 2000年8月23日、WRX(4ドアセダン)とスポーツワゴンが登場。WRXは2.0L・AWDのみ。ワゴンに1.5LFFを設定。2.0Lターボ、NA車が「良低排出ガス車(☆)」、1.5Lが「優低排出ガス車(☆☆)」適合。

* 2000年10月、「WRX STi」、「スポーツワゴン STi」登場。新たに吸気側にAVCSを装着。

* 2001年11月、「WRX STi type RA specC」を追加。

* 2001年12月 WRCドライバーズ・タイトルを獲得。

* 2002年6月、「WRX STi type RA spec C」をベースにした、ストリートにおけるオンロード性能の向上を徹底追求したSTI製コンプリートカー「S202 STi Version」を発売。
o チタンマフラー、専用ECUの採用により320psの最高出力を実現。パワーウインドウなどの快適装備が特別設定されていた。

* 2002年11 月、中期型にマイナーチェンジ。Cタイプとなる。評判の芳しくなかったエクステリアを大幅変更(いわゆる丸目⇒涙目)。あわせてエンジン・シャシーにも大幅に変更が加えられた。特にエギゾーストマニホールドが等長化されたことが大きな変化であり、スバルの水平対向エンジン搭載車特有の「ズドドド」という音が小さくなった。

ワゴンAWDターボ車に「WRX」の名称が復活。ワゴンSTiは廃止となった。

* 2003年9月、一部改良でD型へ。セダンに、新たに5ナンバーボディのSOHC 1500ccモデルが追加された。

* 2004年6 月、一部改良でEタイプへ。STiはさらにパフォーマンスアップ。あわせて行われたフロントハブの強化、ホイールPCDを従来の100mmから 114.3mmに拡大。1.5Lを4ドアセダンにも新たに設定。スポーツワゴンと同じく5ナンバーサイズボディが採用されている。

* 2005年1月、WRX STiをベースに「グローバルピュアスポーツセダン」をコンセプトにしたSTI製コンプリートカー、「S203」を発売。
o S203よりベースモデルがspec CからSTiとなった。専用の減衰力4段可変式ストラット、ピロボール式リヤサスペンションリンク、ドライカーボン製フロントアンダースカート、専用リヤウイング、BBS製18インチ鍛造アルミホイール、STI・レカロ共同開発の専用ドライカーボン製リクライニング機構付フロントバケットシートなどを装備していた。

* 2005年6 月、後期型にマイナーチェンジ。Fタイプとなる。このモデルより、ブランド名グレード名ともSTI(すべて大文字)に統一。再びエクステリアの変更が行われ、「スプレッドウイングズグリル」と呼ばれる飛行機をモチーフにしたフロントグリルデザインを採用する(いわゆる涙目⇒鷹目)。*2006年1月、STI製コンプリートカー「S204」発売。
o 基本的なメカニズムはS203と共通。STIとヤマハ発動機が共同開発した、車体への入力を減衰するパフォーマンスダンパーが新たに採用されたのがトピックだった。600台限定で、価格は480万9,000円だった。

* 2006年6月、一部改良でGタイプへ。1.5Lモデルに、新たにDOHC・ロングストローク設計のEL15型エンジンが登場した。

* 2006年11月、「純粋に速く、安全に、本気で攻められるインプレッサ」をコンセプトとした特別仕様車「WRX STI spec C type RA-R」を発売。
o ブレンボ製6ポットキャリパー(フロント)や235/40R18タイヤなどを採用して、ショートコース・サーキットでの走行性能を向上していた。

モータースポーツ
ラリー
インプレッサは初代から一貫してモータースポーツ、特にラリー競技と切り離せない関係にあり、世界ラリー選手権(WRC)ではシトロエンやプジョーと互角の闘いを繰り広げ、国内イベントでも常にチャンピオン争いに絡む活躍を見せてきた。2リッタークラスのラリー競技用車両としては、日本はもちろん世界的にも三菱自動車工業のランサー・エボリューションと並び称せられ、特に近年のグループNクラスはほぼこの2車種が独占する状況にあるなど、スバルの世界的なブランド・イメージの構築に大きく貢献している。

WRCでは、これまでマニュファクチュアラーズチャンピオン3回(1995年、1996年、1997年)、ドライバーズチャンピオン3回(1995年、2001年、2003年)を獲得している。また、競技本番用としてだけでなく、ラリーステージの下見(レッキ)を行う際の車としてスバルチーム以外にも使用されることがある(大抵のWRC参戦メーカーは自社の市販車に四輪駆動車を持たないことが多いため)。

2008年12月16日、スバルは世界的不景気の影響を理由にWRC参戦の終了を発表し、これに伴ってワークスインプレッサのWRC参戦が無くなった。

初代4ドア・グループA (1993年~1996年)
ホモロゲーション名は「インプレッサ555」[17]。 WRC(世界ラリー選手権)には、1993年シーズン終盤の第9戦「1000湖ラリー」からレガシィに代わって投入され、アリ・バタネンのドライブにより初参戦にして2位という鮮烈なデビューを飾った。1994年には、1990年、92年のWRCドライバーチャンピオン、C.サインツのチーム加入を得てその繊細なセッティング能力によって戦闘力が一気に向上、第6戦「アクロポリス・ラリー」で初優勝を果たし、マクレーの手による2勝と併せてマニュファクチャラーズポイントでも2位を獲得した。1995年には8戦中5勝を挙げて、スバルは本格参戦から6年目にして、マニュファクチャラーズ及びドライバーズ(C.マクレー)のダブルタイトルに輝いた。続く1996年も、ドライバーズタイトルこそ三菱のトミ・マキネンに奪われるものの、マニュファクチャラーズタイトルを2年連続で獲得。グループA最強のラリーマシンとして認知され、欧州におけるスバルのブランディング向上とインプレッサの販売および日本におけるラリー人気の拡大に大きく貢献した。

初代2ドア・ワールドラリーカー (1997年~2000年)
グループA規定が緩和されたワールドラリーカーの導入にあたってスバルは2ドアのリトナをベース車に選択。97年にもドライバーのポイントの積み重ねでマニュファクチャラーズタイトルを獲得。日本メーカーでは唯一の3年連続のマニュファクチャラーズタイトルを達成した。だがこれ以降、マニュファクチャラーズタイトルからは遠のいてしまう。2000年には、2代目インプレッサへの移行を見越した大々的な改修が施された。

2代目4ドア・ワールドラリーカー (2001年~2008年)
2001年にはリチャード・バーンズが、2003年にはペター・ソルベルグが、それぞれWRCドライバーズ・タイトルを獲得。2004年初開催となったラリージャパンではペター・ソルベルグが勝利し、記念すべき初代王者に輝いた。さらに、2005年にはプロダクションカーWRC(PCWRC)で新井敏弘がシーズン・チャンピオンを獲得した。しかし、ライバルチームの戦闘力向上に追いつかなくなった2006年、2007年に、スバルは屈辱的な年間未勝利に終わった。

3代目5ドア・ワールドラリーカー (2008年)
フルモデルチェンジに伴い、リアオーバーハングが短くホイールベースが長いハッチバックボディになったため、ようやくシトロエン・フォードなどのライバルと同等のボディ・次元で戦えるようになった。

しかし、タバコスポンサーの撤退に伴い、資金が豊富なシトロエンやフォードに比べテストが不足し、プロドライブにおける度重なるトップエンジニアの更迭・引き抜き・解雇等に端を発する開発現場の混乱も手伝い、マシンの開発や熟成に時間がかかっているといった問題が、新型へスイッチされてもなお、改善されなかった。また、WRカーレギュレーションはエンジンの搭載位置および搭載角度は規定内で変更可能であり、横置き直列4気筒エンジンならマシン中央部に寄せて倒す等、重心位置を大幅に改善する設計が可能だが、水平対向エンジンを縦置きにレイアウトしているインプレッサにはほとんど改造の余地が無く、グループAでは絶大だったロードカーとしての素性の良さを生かせないWRカー規定自体がインプレッサに不利だった。

2008年12月16日に、同年をもってWRCから撤退することが正式に発表され、長きにわたって維持されてきたインプレッサによるワークス・エントリーの歴史に終止符が打たれた。同一車名による14年間連続ワークス・フルエントリーは、WRC史上最長記録となっている。

ラリーアメリカ
世界ラリー選手権(WRC)以外のラリー競技では、ラリーアメリカで“Subaru Rally Team USA”が活躍中である、中でもケン・ブロックとトラビス・パストラーナは人気の選手である。

サーキット
インプレッサはラリー以外の分野でも活躍している。SUPER GT(旧:JGTC)には4ドア車が特認車両として出場している。4WD禁止というレギュレーションの為、以前は後輪駆動化されていたが4WDが解禁となった2006年途中からAWD(4WD)仕様が参加している。また、インプレッサの活躍で2008年より4ドアが公認となり、同年第4戦 マレーシアで、インプレッサは4ドア、そして4WD車として初優勝を飾った。但し2009年は参戦していない。

スーパー耐久では2002年・2005年にST2クラス(旧クラス2)のシリーズチャンピオンを獲得している。

全日本ツーリングカー選手権(JTCC) にも1996年と1997年にSYMSレーシングからスポーツワゴンで出場している。レギュレーション上、駆動方式の変更が認められていた為、FRとし、同一メーカー製造のエンジンであれば換装可能であったので、EJ18をボアアップし、EJ20の4カムシリンダーヘッドとドッキングさせた自然吸気 DOHCエンジンが搭載された。

D1グランプリにチームオレンジのマシンとして初代、2代目(涙目、涙目改鷹目GDB)が使用されていた。スバルの水平対向4WDは縦置きであり、センターデフの小加工でFRにできる為、比較的早く4WD改FR仕様が製作された。無論、後輪に全出力が集中する為、駆動強化は必須となる。

車名の由来
インプレッサの名称、IMPREZA とは、「紋章」「金言」などの意を持つ英語“IMPRESA”からの造語である。

ハイパワーモデルの呼称であるWRXとはWRCの「WR」とレオーネのスポーツグレードで採用されていた呼称「RX」を掛け合わせた造語である。

ちなみに3代目セダンのサブネームであるアネシス(ANESIS)とはギリシャ語で「安心」「リラクゼーション」を意味する。


スポンサーサイト
[ 2009/09/13 19:41 ] SUBARU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。