スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Subaru Impreza GC/GF 0'30"

トップページSUBARUカテゴリーSubaru Impreza GC/GF Impreza I.jpg


blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インプレッサ(IMPREZA)は、スバルブランドを展開する富士重工業が生産・販売する乗用車である。1992年に発売を開始した。

レガシィの下位モデルという位置付けで登場し、世界市場=特にヨーロッパにおけるCセグメント市場を狙ったスバルの世界戦略車としての役割も担っている。 後述するが、日本車としては1代1代のモデルサイクルが長いことでも知られる。

初代GC・GF型(1992年-2000年)
パッケージングはCセグメントと5ドアハッチバックそのものだが、スバルは5ドア版にステーションワゴンとしての使い勝手を追求した上で、新たに「スポーツワゴン」という概念を打ち出した。

また、年次改良や特別仕様車の積極的な投入により、日本車としては異例の8年という非常に長期に渡るモデルサイクルを通じて高い商品力を維持した。

レガシィRSに代わりWRC(世界ラリー選手権)参戦車両として最高性能が与えられたモデルには「WRX」の名が冠された。エンジンもレガシィRSに搭載されていたEJ20型・DOHCターボ(240ps)が搭載された。

ボディ・デザインはスバル内部によるものである。「フローイングライン」と名付けられたなめらかなシルエットなど、ほぼすべての角が丸められた柔らかなイメージを特徴としている。

シャシーは、初代レガシィをベースに開発され、全長で200mm、ホイールベースで60mm狭められ、全高を10mm嵩上げしている。ホワイトボディで175kgと、初代レガシィの200kgに対し25kgの軽量化、車両重量では80kgの軽量化を実現している。

エンジンは、全グレードに水平対向4気筒「EJ」型を採用している。初代レガシィRS(BC5)から引き継いだ「EJ20G」、「EJ20」のシリンダライナーの変更によりボアを4.1mm縮小した「EJ18」、「EJ18E」のストロークを9.2mm縮めた「EJ16E」、さらに「EJ16E」のシリンダライナーの変更によりボアを2.9mm縮小した「EJ15E」の4種類が存在する。

トランスミッションは、NA車用として5速マニュアルトランスミッションとE-4ATが用意され、ターボ車用は、5速マニュアルトランスミッションがノーマルレシオとクロスレシオ、それにE-4AT・VTD-AWDトランスミッションが用意された。しかし、このマニュアルトランスミッションはファンの間で「ガラスのミッション」と呼ばれ、チューニングを進めた場合壊れやすいことで悪名が高かった(レオーネのときと基本構造が変わらないミッションを搭載していたため)、だが実際は400馬力程度までならストリート及びサーキット走行においても特に問題はない。ただ、ゼロヨン競技等、急激にトルクがかかるような使い方をすれば強度不足を露呈することになる。

WRX type RA STi、WRX type R STiには、「DCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)」が機械式リアLSDとの組み合わせで用意された。DCCDとはシフトレバー脇に設置されたダイヤルで前後輪のトルク配分を任意調節出来る機構である。作動原理は、電磁式クラッチを応用したものである。 合わせて、リヤデフがR180にサイズアップされ、機械式LSDが組み込まれる。またリヤドライブシャフトも太いもの、サイドブレーキのドラム径が大きいものが採用されている。

サスペンションは、フロントがL型ロアアーム式ストラット、リアが2本のラテラルリンクとトレーリングリンクを組み合わせたストラット式で、初代レガシィと共通である。セダンWRXのMT車にはバネ下重量軽減のため、アルミ合金製鍛造フロントロアアームを新たに採用している。

ブレーキは、ベンチレーテッドディスクブレーキが前輪に全車標準装備されており、WRXでは後輪にも奢られている。また、D年改以降のSTiバージョンにはフロントに対向4ポットキャリパーと16インチ対応ディスクロータ、E年改以降のWRX type RA STi、WRX type R STiにはさらにリヤ対向2ポットキャリパーと15インチ対応ディスクロータが採用された。

年表
* 1992年10月22日:インプレッサ・シリーズ(セダン、スポーツワゴン、セダンWRX)を発表、11月2日から発売。

* 1993年9月:一部改良でBタイプとなる。要望の多かったワゴンWRXを追加。同時にMTのみであったセダンWRXにもATを追加(220馬力)。翌1994年1月、STI製コンプリートカー「WRX STi」発売。環境対策としてエアコンガスの新冷媒の採用。

* 1993年8月:WRCデビュー。

* 1994年10月:一部改良でCタイプとなる。セダンWRX系が260馬力に出力アップ。同時にAT廃止。1.8LのHX edition Sに、このWRX用のフロントバンパーが標準となった。また、WRX系のアルミホイールが16インチになったのに併せ、タイヤも205/55R15から 205/50R16にサイズアップされた。「WRX RA STi」の追加。

* 1995年1月 輸出向け2ドアクーペを「リトナ」名で国内発売。1.5L FF/1.6L 4WDの2種類。

* 1995年10月 ガードバーやスペアタイヤキャリアを備え車高を上げることでクロカン車の雰囲気を持たせた「グラベルEX」を設定。この試みは、後の「フォレスター」への試金石ともなった。また、正式カタログモデルとして「STiバージョン2」が登場。同時にWRCをイメージさせる青いボディカラー[6]の「STiバージョン2 555」をセダン555台、ワゴン100台で限定発売。

* 1996年1月:前年のWRCにおけるドライバー・メイクス両タイトル獲得を記念した限定モデル「V-Limited」を発売。販売台数は「WRX」ベースが1,000台、「WRX RA STiバージョン2」ベースが555台。

* 1996年9月:中期型へのマイナーチェンジでDタイプとなる。フロント廻りを中心としたエクステリアの変更がおこなわれ、リア・コンビネーションランプのターンシグナル部分をクリアーに改める。またアルミホイールも新デザインとなっている。セダンWRX系のエンジンは高回転高出力化の図られた EJ20Kに変更され280馬力に到達、またEJ15、EJ18も改良を受けた。EJ20Eを搭載した「HX20S」の追加(特別仕様車からカタログモデルに格上げ)。EJ16は廃止。FFのみであった1.5リッターに4WD車の追加。住友製フロント対向キャリパーを採用したSTiバージョン3の登場。販売不評の国内向け2ドアクーペは廃止(同じ車体でピュアスポーツクーペWRXとして復活)。

* 1997年9月:一部改良でEタイプとなる。前面衝突安全性への対応のため、運転席エアバッグの標準装備化、助手席エアバッグのオプション設定を起因とする内装の大幅な変更(フォレスターと共用化)。STiバージョン4の登場。「WRX RA STi」「WRX R STi」でリヤブレーキにも対向キャリパーが採用される。

* 1997年10月:東京モーターショーにクラシカルな風貌の「カサブランカ」を参考出品。

* 1997年11月:台湾・大慶汽車工業股份有限公司で左ハンドルモデルの現地生産を開始。1.6L、1.8L、2.0Lターボモデルを生産。

* 1998年3月:22B-STI Version発売。
o 当時WRCで3連覇を成し遂げたインプレッサWRC97を、ロードカーとして再現したモデル。クーペボディをベースに、鋼板プレスの専用ボディパネル(前後フェンダーパネル)および専用バンパー(前後)を用いたハンドメイドにより1770mmまで全幅が拡げられたほか、エクステリア・パーツがWR カーの意匠に統一されていた。エンジンは、22B専用の水平対向4気筒「EJ22改」2212ccエンジンを搭載。400台限定で価格は500万円だったが、瞬く間に完売した。
o 余談であるが、スポンサーロゴの「555」を16進数に変換すると「22B」になる事から、グレード名の由来のひとつではないかと言われている。

* 1998年9月:後期型へのマイナーチェンジでFタイプとなる。WRX系のフロント形状を変更。全車ヘッドライトがマルチリフレクター・タイプに改められた。セダン・クーペSTiには大型トランクスポイラーが標準装備。F・Gタイプでは、全車フェイズ2と呼ばれる新設計のシリンダーブロック、シリンダーヘッドを採用。エアフローセンサーをはじめとした補機類も一新。2.0L DOHC・NAのスポーティグレード「SRX」が新登場。その他のエンジンも改良を受けた。WRX系にカヤバ製倒立式ストラットの採用。STiバージョン 5の登場。

* 1998年12月:5,000台の限定車として「カサブランカ」を発表。

* 1999年9月:一部改良でGタイプとなる。STi系の大型トランクスポイラーの断面形状の変更、WRX STiとSTiタイプRにフロントアンダースポイラーを追加。ワゴンWRX STiとWRX系のアルミホイールが6スポークデザインのものへ変更。「WRX type RA STi」、「WRX type RA」にはオプションで砲弾型ドアミラーが設定された。MT車にクラッチスタートシステムの採用。STiバージョン6の登場。「カサブランカ」がカタログモデルとなる。

* 2000年4月:STIによるコンプリートカー「S201 STi Version」発売。
o STIによりチューニングされたEJ20エンジンは、最高出力300馬力を誇った。また、サスペンションやエクステリアも、STIの技術が注ぎ込まれていた。300台限定で、価格は390万円だった。

ラリー
インプレッサは初代から一貫してモータースポーツ、特にラリー競技と切り離せない関係にあり、世界ラリー選手権(WRC)ではシトロエンやプジョーと互角の闘いを繰り広げ、国内イベントでも常にチャンピオン争いに絡む活躍を見せてきた。2リッタークラスのラリー競技用車両としては、日本はもちろん世界的にも三菱自動車工業のランサー・エボリューションと並び称せられ、特に近年のグループNクラスはほぼこの2車種が独占する状況にあるなど、スバルの世界的なブランド・イメージの構築に大きく貢献している。

WRCでは、これまでマニュファクチュアラーズチャンピオン3回(1995年、1996年、1997年)、ドライバーズチャンピオン3回(1995年、2001年、2003年)を獲得している。また、競技本番用としてだけでなく、ラリーステージの下見(レッキ)を行う際の車としてスバルチーム以外にも使用されることがある(大抵のWRC参戦メーカーは自社の市販車に四輪駆動車を持たないことが多いため)。

2008年12月16日、スバルは世界的不景気の影響を理由にWRC参戦の終了を発表し、これに伴ってワークスインプレッサのWRC参戦が無くなった。

初代4ドア・グループA (1993年~1996年)
ホモロゲーション名は「インプレッサ555」。 WRC(世界ラリー選手権)には、1993年シーズン終盤の第9戦「1000湖ラリー」からレガシィに代わって投入され、アリ・バタネンのドライブにより初参戦にして2位という鮮烈なデビューを飾った。1994年には、1990年、92年のWRCドライバーチャンピオン、C.サインツのチーム加入を得てその繊細なセッティング能力によって戦闘力が一気に向上、第6戦「アクロポリス・ラリー」で初優勝を果たし、マクレーの手による2勝と併せてマニュファクチャラーズポイントでも2位を獲得した。1995年には8戦中5勝を挙げて、スバルは本格参戦から6年目にして、マニュファクチャラーズ及びドライバーズ(C.マクレー)のダブルタイトルに輝いた。続く1996年も、ドライバーズタイトルこそ三菱のトミ・マキネンに奪われるものの、マニュファクチャラーズタイトルを2年連続で獲得。グループA最強のラリーマシンとして認知され、欧州におけるスバルのブランディング向上とインプレッサの販売および日本におけるラリー人気の拡大に大きく貢献した。

初代2ドア・ワールドラリーカー (1997年~2000年)
グループA規定が緩和されたワールドラリーカーの導入にあたってスバルは2ドアのリトナをベース車に選択。97年にもドライバーのポイントの積み重ねでマニュファクチャラーズタイトルを獲得。日本メーカーでは唯一の3年連続のマニュファクチャラーズタイトルを達成した。だがこれ以降、マニュファクチャラーズタイトルからは遠のいてしまう。2000年には、2代目インプレッサへの移行を見越した大々的な改修が施された。

ラリーアメリカ
世界ラリー選手権(WRC)以外のラリー競技では、ラリーアメリカで“Subaru Rally Team USA”が活躍中である、中でもケン・ブロックとトラビス・パストラーナは人気の選手である。

サーキット
全日本ツーリングカー選手権(JTCC) にも1996年と1997年にSYMSレーシングからスポーツワゴンで出場している。レギュレーション上、駆動方式の変更が認められていた為、FRとし、同一メーカー製造のエンジンであれば換装可能であったので、EJ18をボアアップし、EJ20の4カムシリンダーヘッドとドッキングさせた自然吸気 DOHCエンジンが搭載された。

D1グランプリにチームオレンジのマシンとして初代、2代目(涙目、涙目改鷹目GDB)が使用されていた。スバルの水平対向4WDは縦置きであり、センターデフの小加工でFRにできる為、比較的早く4WD改FR仕様が製作された。無論、後輪に全出力が集中する為、駆動強化は必須となる。

車名の由来
インプレッサの名称、IMPREZA とは、「紋章」「金言」などの意を持つ英語“IMPRESA”からの造語である。

ハイパワーモデルの呼称であるWRXとはWRCの「WR」とレオーネのスポーツグレードで採用されていた呼称「RX」を掛け合わせた造語である。


スポンサーサイト
[ 2009/09/11 16:55 ] SUBARU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。