スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ford Thunderbird Commercial T-Bird TBird 1960 1'48"

トップページFORDカテゴリーFord Thunderbird Commercial T-Bird TBird 1960 1960 Ford Thunderbird Commercial T-Bird TBird.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
フォード・サンダーバード(Ford Thunderbird)は、アメリカのフォード・モーター・カンパニーで製造された高級志向のスペシャリティー・カーである。

2代目(1958-1960、スクエア・バーズ)
第1世代のサンダーバードが成功に終わり、市場拡大に向けて、2シーターの販売に限界があること、ファミリー層に受け入れられなかったことなどを挙げて、更なるマーケット・リサーチが実施された。その結果、1958年モデルを含む第2世代は4シーターでデザインされ、新型サンダーバードは他車との共用可能なシャシーを基本に設計された。その意図は、車内スペースを最大限に取り、それに関連して外装部分をコンパクトにすることであった。また、そのスタイリングには、この世代のニックネームが示すとおり、独自のテーマが設定された。また、当時の他のアメリカ車に比べて9インチも低く、そのためにトランスミッションを収めるスペースを設けるため、前後のシートを分離するほどの最大長のセンター・コンソールが設けられた。

エンジンはフォードの新型であるFEシリーズの352立方インチ(5.8L)エンジンが採用された。サスペンションは前後ともコイル・スプリング式であったが、リアはオプション設定でエア・スプリングに変更可能であった。このサンダーバードは発売年にモーター・トレンド誌のカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。ファンにとっても、2シーターのサンダーバードは歓迎されず、この新たな新機軸は成功を収めた結果、第1世代の倍、3万8千台近くを販売した。1959年モデルに、フォードはフロント、リア、サイドに渡る装飾に変化を加えた。また、当初は革製の内装も選択可能としていた。また、リア・サスペンションはコイル・スプリング式を廃して、ホッチキス・ドライブと呼ばれる板バネ式に変更された。少数ではあったが新エンジンの430立方インチ(7.0L)のMELシリーズが使用されたモデルも存在する。販売は更に倍加し、約1万代のコンバーチブルを含め、6万7千台以上が販売された。その宣伝が主に女性にターゲットを絞って行われた結果であった。

スポンサーサイト
[ 2009/09/04 00:02 ] FORD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。