スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BMW 745i 0'34"

トップページBMWカテゴリーBMW 745i BMW 745i.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
BMW 7シリーズ(英語名: 7 Series、ドイツ語名: 7er)はドイツの自動車メーカー、BMWが生産・展開しているフルサイズラグジュアリーセダン。同ブランドのフラグシップモデルである。前身は大型セダン3.0Sである。

5人乗り(例外的にL7は4人乗り)の大型セダンで、メルセデス・ベンツ Sクラスやジャガー XJをライバルとしてきた。 近年ではアウディ・A8やレクサス・LSなどの新興勢力の台頭により激戦区となっている。他のライバルの多くがショーファードリブン(オーナーは後席・専従の運転手がハンドルを握る)としての性格が強い中、このシリーズはオーナー自らがハンドルを握る車(オーナードリブン)としての性格を強く持たされているのが特徴。

車名の後のアルファベットは
i :フュエルインジェクション
A :オートマチックトランスミッション
L :ロングホイールベース
d :ディーゼル

初代 E23(1977年-1986年)
1970年代に行われ始めたモデル改称により「7シリーズ」となる。前年に登場した6シリーズ(E24) 同様の流麗なスタイルを採用。しかしプラットフォームは6シリーズが5シリーズベースであるのに対して7シリーズは専用設計となる。従来車ではショーファードリヴンカー用としてロングホイールベース版が存在したが7シリーズではボディそのものを大型化することによりこれを解消した。これによりマーケットはベンツSクラスと完全にバッティングすることになる。エンジンはE3系から引き継いだ直列6気筒エンジン(ビッグ・シックス)を全車に搭載し、ラインナップはキャブレター仕様は728と730、インジェクション仕様のトップモデルは3.3リッターの733iになった。また研究用にE23ベースの水素自動車も開発された。 1979年にエンジンの変更を行い全車インジェクション化、728i、732i、735iとなる。1980年には2002ターボ以来のターボ車745iを追加。1983年に外装をマイナーチェンジし、フロントグリル、バンパー、サイドミラーなどのデザインが変わった。

当初はバルコム・オート・トレイディングが輸入を行っていたが、1981年BMW Japan Corp.設立に伴いそちらへ移管した。しかし正規輸入車は厳重な排ガス対策を施されていた為にパワーダウンが激しかったことや、1980年代中盤はランド安(南アフリカの通貨)だった事もありヨーロッパや南アフリカからの並行輸入も活発に行われた。

正規輸入モデル
* 733iA (1977年-1984年) 直列6気筒SOHCエンジン、3210cc、170馬力(~1979年)、175馬力(~1982年)、180馬力(~1984年) トランスミッションは3速オートマチック 本国では1980年以降732iと名前を変えたが日本仕様車は最後まで733iだった。1983年にはこのエンジンを5シリーズに搭載した533iがデビューしている。 * 735iA (1985年-1986年)
直列6気筒SOHCエンジン、3430cc、185馬力
  トランスミッションは4速オートマチック(最終型はプログラムセレクター付)
ミシュランTRXタイヤを装備。

* 745iA (1985年-1986年)
M30型(M30B34)直列6気筒SOHCターボエンジン、3430cc、250馬力
標準車のBパッケージとバッファローレザーシート等を装備する豪華版・Aパッケージというグレードが存在。しかし分かり辛かった為に標準車と特別仕様車へと後に改名した。特別仕様車ではL7と同じオールレザー内装にする事も可能だった。

当初4.5リッターV12モデルが開発されていたが、オイルショックによりV12の開発を断念せざるを得なかったようだ。

本来、車名を735turboとすべきところを745iとした理由は、過給により4.5L相当の出力が得られたため、つまりモータースポーツでのターボ係数の概念を車名に採り入れた、BMWの「洒落っ気」によるもの。

もうひとつの745i
745i(1984年-1986年)南アフリカ専用モデル ステアリングシャフトとの干渉と、ブレーキマスターシンダーの過熱により、右ハンドルのターボモデルはあきらめざるを得なかったBMWであったが、南ア専用のハイパフォーマンスモデルとして、もうひとつの745iを用意した。
この745iは、M1やM635CSi同様、ボッシュのMLジェトロニックを持つモータースポーツ用、M88型 直列6気筒DOHC24バルブエンジン(3453cc 286hp)を搭載しており、トランスミッションは3ATのほか、クロスレシオの5速マニュアルが選べた。
生産台数は192台と、ごく少なく、マニア垂涎のモデルである。

北米専用モデル
L7
北米ではターボ車の745iが排ガス規制により販売できず、500SELを最上級グレードとするSクラスに比べ見劣りしてしまう為に、735iをベースに内装を高級化、インパネから内張りまで本革仕様とした「L7」が販売された。

スポンサーサイト
[ 2009/08/25 03:53 ] BMW | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。