FC2ブログ

Porsche 944 Turbo Commercial 0'30"

トップページPORSCHEカテゴリーPorsche 944 Turbo Commercial Porsche 944 Turbo Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ポルシェ944(Porsche 944 、製造1983年 - 1992年)は、ポルシェ社が発売当初924と928の中間の隙間を埋めるモデルとして製造していたスポーツカーである。

元々911の後継車として、当時ポルシェ社に在籍していた高名な技術者にして最高責任者であったエルンスト・フールマンが928を開発したが、911の後継車となるには928は大きすぎ、924以上928未満の市場を狙って開発された。

製造初年は1981年。SOHC 水冷 直4 2,470ccのエンジンを搭載する2ドアクーペ。そのエンジンは924とは違い純粋なポルシェ製で、928のV8エンジンの片バンクをベースとした直4で、バランスシャフトという、クランクシャフトと逆回りにさせることによってエンジンの振動を少なくする装備を持つ。

スタイリングのモチーフとなったのは、前身モデルにあたる924のレーシングバージョン、924カレラGTで、フロントバンパー下のエアダム、前後のブリスターフェンダー、ハッチ後端のスポイラーなどがこのカレラGTから受け継がれた。

AT車も用意され、当時のポルシェ社最高責任者、ペーター・シュッツ(en:Wikipedia:Peter W. Schutz)の政策で911の後継車として当初位置づけされていた。自然吸気で155馬力(のちに2.7Lに拡大されて165馬力)、ターボモデルで前期型220馬力、後期型250馬力と必要かつ十分な動力性能と足回りを備えている。

特に1986年発売の944TurboはBest Handling Car In The Worldと呼ばれ、スポーツカーの世界標準として同業他社からはベンチマークとされ、その後に発表された世界各地のスポーツカーに少なからず影響を与えたと考えられる。

1987年に2.5LをDOHC 16バルブ化した944S、1989年には3.0Lに拡大したS2、S2カブリオレ等を追加。世界的には商業的に成功し、当時の販売台数は911を上回っていたが、日本では発売時期がバブル全盛であり、より趣味性が高く、ある種特殊な911という指向があり、当時のいびつな日本市場では正当な評価が得られなかった。実質的にこの時期のポルシェの経営を支えたモデル。1991年生産中止。1992年春販売中止。同年に後継モデル968が販売開始された。

* バランスシャフトについては、日本の三菱自動車の特許を採用していたため、一部の書籍では三菱自動車がポルシェに技術供与したように受け取れる記述もある。しかしポルシェ社は同社が独自に研究開発していたバランスシャフトがたまたま三菱自動車がすでに取得していたサイレントシャフトの特許に抵触したと説明している。また、バランスシャフト自体は自動車のエンジンに限らず内燃機関で広く利用されている技術であり、三菱自動車が特許を持つのはバランスシャフト自体ではなく、その実装法(シャフトの位置関係等)に関する技術である。当時、ポルシェと三菱自動車の契約では、ポルシェは三菱自動車が特許を持つバランスシャフト技術を利用し、三菱自動車はポルシェが特許を持つトランスアクスル技術を利用することを、相互に認めた。

LINEUP
全体として、ラインアップの流れは1983年~1986年ごろの前期(944A)、1986年~1988年ごろの中期(944B、944S、 944Turbo前期・中期)、1989年以降の後期(944S2、944Turbo後期)に大きく分けられる。前期には70年代後半のデザインや924 のデザインを引きずっており、クラシカルな雰囲気が否めない。中期には車の内装・外装のデザインに変化が現れてオートエアコンも装備してDOHCエンジンも登場、しかしABSやエアバッグはまだ(もしくはオプション)という過渡期、後期にはABSやエアバッグや盗難防止装置などを装備して現代風の車になっている。944シリーズは、1970年代の車から安全性や電子制御を重視する現代の車への過渡期をそのままなぞって変化したスポーツカーと言える。

MODEL
* 944(前期型)
o 1983-1985年。2.5L SOHCエンジン。内装は3連独立メーターなど、924と同じデザイン。4座クーペ。ミッションは5MTまたは3AT。944Aとも呼ばれる。オートエアコンではなく、手動で冷暖房を設定するエアコン。集中ドアロックなし。

* 944(後期型)
o 1985-1991年。2.5Lまたは2.7L SOHCエンジン(2.7Lエンジンは1989年モデルのみ)。944Bとも呼ばれる。外装は944前期型と同じで、内装は944Turboと同じ。オートエアコン。

* 944S
o 1987-1989年。2.5L DOHCエンジン。外装は944と同じで、内装は944Turboと同じ(つまり内装外装とも944後期型と同じ)。

* 944S2
o 1989-1992年。3.0L DOHCエンジン。外装内装とも944Turboと同じ。ABS装備。1991年以降の最終型のみ、リアハッチのエアスポイラーが968と同じリアウィングに変更。集中ドアロック装備。

* 944S2 CS
o 1990-1991年。サーキット走行を想定した944S2のスポーツモデル。スポーツオプションの足回りが標準装備され、大型フロントブレーキ、LSDなどが標準装備。CSはクラブスポーツを意味する。

* 944Turbo(前期型・中期型)
o 1986-1989年。2.5L SOHCターボエンジン。内装はコンビネーションメーターで944S2と同じ。968ともほぼ同じ。944とはフロントマスク(バンパー回り)のデザインが異なり、リアバンパーの下にはエアスポイラーがついている。フロントガラスとボディの段差をなくして空気抵抗値を下げるなど、細かな改良がある。車両型式で951と呼ばれることも多い。トランスミッションはMTのみでATなし。オートエアコン装備。集中ドアロックなし。リアシートは2点式シートベルト。前期型と中期型はほとんど同じスペックであるが、ホイールのオフセットが異なる。中期型はABSが装備される後期型と同じオフセットになっている。

* 944Turbo S
o 944ターボの特別仕様限定モデル。フロントブレーキの大型化、ターボチャージャーの大型化によるパワーアップなどを行っている。

* 944Turbo(後期型)
o 1989-1991年。944Turbo Sの量産型。仕様は944Turbo Sと同様。集中ドアロック装備。リアシートは3点式シートベルト。

* 944Turboカップモデル
o 944Turboのワンメイクレース「944ターボカップ」用のサーキットモデル。

944Turbo以降の944シリーズと968の内装外装の違い
* 内装
o ダッシュボードの944シリーズで液晶時計があった位置には、968では車外温度計。
o センターコンソールの944シリーズでポケットになっていた位置には、968ではポケットを小さくして時計を装備。
o リアシートは、944の80年代のモデルは2点式シートベルトで左右分割できないモデルが多いが、968は3点式シートベルトで、左右分割可倒タイプ。
o ドア内装が違う。968ではスピーカーも大型化され、音質が向上している。

* 外装
o ヘッドライトやリアまわり、ドアミラーなどの一目で違いがわかる場所以外も変わっており、見た目のイメージとは違って944シリーズと968では同じパーツはほとんど使われていない。ドアのウィンドウの形状や角度も違い、またリアウィンドウも968ではボディとの段差が平面化されて空気抵抗の軽減に寄与している。

スポンサーサイト



[ 2009/08/17 10:35 ] PORSCHE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ