スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BMW 2002 ad 0'30"

トップページBMWカテゴリーBMW 2002 ad german BMW 2002 ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
MW・02シリーズは、ドイツ(当時は西ドイツ)の自動車メーカーBMWベー・エム・ヴェー / ビー・エム・ダブリュが1966年から1977年にかけて製造、販売していた小型2ドア・セダンで、日本では「マルニ」の通称で呼ばれることもある。最も生産台数の多かったのは2,000cエンジンを搭載した2002であったが、最初にデビューしたのは1966年の1600-2で、後に1602と改称された。また、中間車種の1,800cc版、1802、1,600ccエンジンながらモデル末期に設計された廉価版の1502がある。

初期・前期型のデザインは、二灯式のヘッドランプとキドニーグリルを配したフロントマスク、丸型のテールランプによって柔和な印象を与える。1973年秋に登場した後期型は、キドニーグリル周りがブラックアウトされ、テールランプが角型となり、精悍な雰囲気になっている。

02シリーズはシングル・キャブレター、ツイン・キャブレター、インジェクション、ターボとエンジンのバリエーションをグレードアップさせていったが、1975年には新しい5シリーズ(E12)と同じコンセプトで設計された3シリーズ(E21) へとバトンタッチされた。なお、廉価版・省燃費版のBMW1502のみは1977年6月まで生産された。

1962年に発表されたいわゆる「ノイエ・クラッセ」、1500シリーズの4ドア・モデルは購買層に絶大なる支持を受け、排気量をアップさせたりボディデザインを変更させたりと数々の派生版を生み出してきた。また排気量を1,800ccにアップさせたBMW1800TIなどでは、当時のヨーロッパツーリングカー選手権でタイトルを獲得していた。

そこでBMWは、よりスポーティーなモデルとして1966年のジュネーブショーで2ドア・モデルを発表、よりスポーティーな性格のモデルを求める需要層にアピールすることとした。

BMW2002
1968年、BMWは、すでに4ドア・モデルBMW2000で採用されていた、ボア×ストローク:89.0×80.0mm、1,990ccの水冷直列4気筒、SOHCエンジンを載せたものをBMW2002として発表した。エンジンスペックは圧縮比が8.5:1、M/T車には40PDSIのソレックスキャブレターが1基、A/T車のキャブレータには、バイメタル式オートマチック・チョークが付いており、前期型では1バレルのソレックス40PDSITが、それ以降では2バレルのソレックス32/32DIDTAが1基搭載されていたが、出力等はどちらも同じく100HP/5,500rpm、16.0kg-m/3,500rpmを発生させていた。 シャシーは基本的にBMW1600-2のものを踏襲していたが、リア・ブレーキはΦ230のドラムブレーキに変更されている。 またトランスミッションには、4速M/Tの他に、ZF製の3速A/Tも標準で用意されており、こちらのギアレシオは2.560/1.520/1.000であった。 出力としてはBMW1600-2TIよりも低かったが、全域でトルクフルなエンジンとなり、最高速は4速M/T車で173km/h、3速A/T車で169km/hに達した。

ボディ・サイズは、BMW1600ー2と同じく、全長4,230mm×全幅1,590mm×全高1,410mmで車両重量は 990kgであったが、アメリカ向けモデルは全長4,470mmとなっており、同時に車両重量も1,088kgとなっている。また、A/T車はM/T車よりも20kg重い1,010kgとなる。

ボディバリエーションとしては、バウア社によるオープントップ・モデルとしてBMW2002カブリオレがある。これは当初の200台はBMW1600-2カブリオレと同じフルオープンタイプであったが、ボディ剛性を上げるためにタルガトップタイプになった。 もう一つのタイプとして、ファストバック・モデルのBMW2000 touringがある。 BMW2002シリーズは、1973年には、フロントグリル周りとテールランプに大幅な変更を加えた角テール・モデルに移行するが、BMW2000/2002 touringは丸テールのままであった。

BMW2002ti(ツインキャブレターモデル)
シングルキャブレターのBMW2002の発表と同時に、BMW1600-2TIと同様のチューンナップを施したBMW2002tiも発表されている。ボア×ストロークはそのままに、1,990ccの排気量の圧縮比を9.3:1に高め、ソレックスの40PHHキャブレターを2基装着することで、120HP/5,500rpm、17.0kg-m/3,600rpmとした。動力性能の向上と共に、フロント・ディスク・ブレーキのディスク径をΦ256としている。トランスミッションは、フロアシフトの4速M/Tと5速M/Tが用意されている。ギアレシオはシングルキャブレター版と同じく、4速M/Tでは低い方から 3.835/2.053/1.345/1.000、5速M/Tは低い方から3.368/2.160/1.579/1.241/1.000となる。これにより最高速は185km/hにアップされた。製造販売が1968年から1971年の間だけなので、ボディデザインは丸テールタイプしか存在しない。

BMW2002tii(インジェクションモデル)
ツーリングカー選手権にてエンジンチューンの技術を蓄えてきたBMWは、BMW2002にKügelfischer製の機械式インジェクションを採用し、1971年にBMW2002tiiとして発表した。Kügelfisherインジェクションエンジン

これは、エンジンの圧縮比をBMW2002tiの9.3:1から9.5:1に変更しており、130HP/5,800rpm、18.1kg-m/4,500rpmとなっている。ギアボックスは、BMW2002tiと同様に4速M/Tと5速M/Tが用意されていたが、4速M/Tのギアレシオは低い方から3.764/2.020/1.320/1.000へと変更され、最高速は190km/hへとより向上されている。 製造販売が、1972年から最終の1975年までなので、ボディデザインとしては前期丸テール・モデル、後期角テール・モデルが存在する。こちらにもボディバリエーションとして、ファストバック・モデルBMW2002tii touringが存在するが、やはりリアハッチの関係上、最後まで丸テール・モデルだけであった。

エンジンタイプも前期タイプはM10/121といい、インテークマニフォールドがプラスチック製であるが、後期タイプのエンジンはM10/E12といい、インテークマニフォールドがアルミ鋳造品に変更されている。

BMW2002Turbo(ターボモデル)
ツーリングカー選手権にてPorscheと激闘を繰り広げてきたBMWは、航空機エンジンで培ってきたターボチャージャーの技術を自動車用エンジンに採用し、これを退けた。1973年、BMWはついにBMW2002Turboを発表し、量販車初のターボチャージャー搭載エンジンをそのラインナップに加えた。 ボア×ストローク:89.0×80.0mm、1,990ccの水冷直列4気筒、SOHCエンジンのエンジンは、圧縮比を6.9:1と低められ、Kügelfischer製の機械式インジェクションと独KKK社(Kühnle Kopp und Kausch)製のBLDターボチャージャーを装着することで、170HP/5,800rpm、24.5kg-m/4,000rpmを発生させることになり、BMW2002tiiに対して30%もの出力アップを果たしている。

ギアボックスはやはり4速と5速のM/Tが用意されており、ギアレシオはBMW2002tiiと同様に4速が低い方から3.746/2.020/1.320/1.000、5速が3.368/2.160/1.579/1.241/1.000となっている。最高速の方はもちろんアップされており、211km/hと当時同社のBMW3.0CSと同等の数値をたたき出していた。シャシーの強化については、ホイールサイズを5.5J×13、タイヤサイズは185/70HR13を採用しており、前後トレッドが1,375mm /1,362mmと拡げられている。また、ブレーキに関しても、フロントのディスクがΦ256のベンチレーテッドディスクにグレードアップされ、リアのドラムがΦ250へと拡大されている。 BMWとしては、出力アップと共に省燃費をも両立させる技術として発表したのだが、実際には電子制御もされていない機械式インジェクションシステムのうえ、インタークーラーも付いていなかったため、省燃費エンジンとは程遠く、第一次オイルショックの影響もあって1,672台で生産中止となった。

ボディデザインとしては、フロントバンパーを排してエアスポイラーを装備し、そこには逆さ文字で「TURBO」と書かれたステッカーが貼られていた。これが前を走るクルマのルームミラーに映し出されることで、前走車のドライバーにプレッシャーを与えていたと言われる。前後フェンダーにはリベット止めのオーバーフェンダーが、またトランクフードにはラバー製のリアスポイラーが装着されている。なお、このリベット止めの前後オーバーフェンダーは、日本では当時の運輸省で認可が下りずにパテ埋めされてしまった。

BMW1502(廉価版)
1973年に起こった第一次オイルショックは、ターボモデルまで投入して高機能・ハイスペックを追究してきたBMW2002シリーズにおいて、一定の役割を終えさせることになった。すでにE12・5シリーズを発売していたBMWは、E21・3シリーズを発表し、2ドアセダンの移行を決めていた。しかし、02シリーズよりも大幅な価格アップとなってしまった3シリーズに対し、BMWは1975年から02シリーズに1,600ccのエンジンを載せることで廉価版として続投することにした。 ボア×ストローク:84.0×71.0mm、1,573ccと排気量はBMW1602と同じであるが、圧縮比を8.0:1に下げ、38PDSIのソレックスキャブレターを1基とすることで、最高出力を80HP/5,800rpmへ、最高トルクを12.0kg-m/3,700rpmへとチューンダウンしたエンジンを載せていた。これは、省燃費と共に叫ばれだした排出ガス規制に対処したものでもあった。

スポンサーサイト
[ 2009/08/08 07:25 ] BMW | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。