スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mazda Eunos 500(CAE) 0'15"

トップページMAZDAカテゴリーMazda Eunos 500(CAE) MAZDA EUNOS 500(CAE).jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ユーノス500 (EUNOS 500) は、マツダが日本国・香港・オーストラリア連邦の3ヵ国で展開していた販売店ブランドユーノスで、1992年から1995年にかけて販売されていた、Dセグメントに属する4ドアスポーツサルーンである。

同販売店ブランドとしては唯一の専売サルーンで、同販売店ブランドが展開されていないヨーロッパ諸国においてはXedos 6 (クセドス 6)として、1992年から1999年にかけて販売されていた。

1991年10月に開催された第29回東京モーターショーに参考出品され、翌年2月から販売が開始された。ユーノス500は、同車が販売される販売店ブランドユーノスのブランド理念である「10年基準」[1]のもと開発され、外装塗装には当時マツダが特許を取得したばかりの、耐久性に強く鏡面のような滑らかな仕上がりが得られる「ハイレフコート技術」が同販売店ブランドのフラッグシップモデルであるユーノス800同様採用された。

エクステリアのデザインは、当時同社に所属していた荒川 健チーフデザイナー指揮のもとデザインされた。4ドアクーペを連想させる低いボディに美しいプロポーションと豊かな曲面構成を誇るスタイリングは、自動車デザイン界最大の巨匠と称されるジウジアーロが「小型クラスでは世界で最も美しいサルーン」と評したと言われるほど、極めて完成度の高いものだった。

販売が開始された当初は、K8-ZE型1.8LとKF-ZE型2.0LのV型6気筒エンジンのみが搭載されていたユーノス500ではあったが、1994年に実施されたマイナーチェンジにより新たにFP-DE型1.8L直列4気筒エンジンを搭載したグレードが追加された。また、トランスミッションには5速マニュアルトランスミッションと4速オートマチックトランスミッションが設定され、5速マニュアルトランスミッション搭載車にはビスカス式LSDやABSが標準装備されたほか、同車のトップグレードであった20Gには本革シートや電動ガラスサンルーフに加えて、当時としてはまだ普及していなかったキーレスエントリーシステムが標準装備されていた。

なお、同車は日本国内においては1995年をもって販売が打ち切られたものの、ヨーロッパ諸国においては引き続き1999年まで販売されている。

スポンサーサイト
[ 2009/07/25 12:35 ] MAZDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。