スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Passo CM 2005 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーPasso CM 2005 2005 Toyota Passo CM.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
パッソ(PASSO)はトヨタの小型ハッチバック型自動車。 ダイハツ工業との共同開発による車種で、企画は主にトヨタ、開発と生産は主にダイハツによって行われている。

そのため、ダイハツ・ブーンとはバッジエンジニアリングによる双子車ではあるが、OEM関係には無い(型式に共通性が無いことや、製造事業者はパッソがトヨタ自動車、ブーンがダイハツ工業になるのはこのため。トヨタ側はダイハツに生産を委託するという形を取る)。

デュエットの後継車で、発表当時はトヨタが販売する最小の乗用車であったが、2008年に登場したiQよりも、全長と全高は大きい。

初代ヴィッツより短い全長ながら室内が広くなっている。ただし、前突時にパワートレインを逃がすため、前席床面が傾斜しているなど、この数値を鵜呑みにできない部分もあり、居住性ではやはりヴィッツに分がある。

翌年に発表された2代目ヴィッツが5ナンバーサイズぎりぎりの全幅1,695mmに拡大されたため、車幅がそれより3cm狭いパッソがトヨタ車のエントリーモデルとしての地位をヴィッツから受け継いだ形となっている。なお、ダイハツからはブーンとして発売されている。

エンジンは新開発のダイハツ製1KR-FE型3気筒DOHC12バルブ 989 cc 自然吸気エンジン、またはダイハツ製K3-VE型4気筒DOHC16バルブ 1297 cc 自然吸気エンジン ( FF ) になる。

トランスミッションは全てコラムシフトの4速ATとなる(カスタマイズカーのTRD Sports Mは、フロアシフト4速ATと5速MTになる)。

初代 XC10型(2004年-)
* 2004年6月7日 - 初代パッソ発売。通称「プチトヨタ」。型式は 1.0 L FFがKGC10型、1.0 L 4WDがKGC15型、1.3 L がQNC10型となる。

* 2004年12月13日 - 内外装をスポーティにした新グレード、Racy ( レーシー:1.3 L ) を追加。

* 2005年4月27日 - Xをベースに内装を黒基調にし、ディスチャージヘッドランプを装備した特別仕様車、X“HID Limited”を追加。

* 2006年6月5日 - 特別仕様車X“Advanced Edition”を発売。

* 2006年12月25日 - マイナーチェンジ。これに伴い Racy に 1.0 L モデルを追加。また 1.0 L モデルに関してはエンジンマウントの材質の見直しが図られた。

* 2009年4月28日 - 特別仕様車X“irodori”を発売。

車名の由来
passoはイタリア語で「ステップ、足音」の意。気軽に乗れる、軽やかなクルマをイメージ(トヨタ広報資料)。

スポンサーサイト
[ 2009/07/17 19:04 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。