スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mitsubishi Lancer Cedia Wagon Turbo ad 0'30"

トップページMITSUBISHIカテゴリーMitsubishi Lancer Cedia Wagon Turbo ad mitsubishi lancer cedia wagon turbo ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
2代目(2000年 - 2007年)
* 2000年11月18日 - リベロの後継車としてランサーセディアをベースとしたランサーセディアワゴンと言う名前で販売開始。エンジンは1.8L DOHC16バルブGDI(4G93)を搭載。ミッションは全てCVT。ツーリンググレードには6段階マニュアルモードのついたスポーツATが搭載される。

* 2001年6月 - バリエーション追加。1.8L DOHC16バルブGDIターボ(4G93ターボ)を搭載したTツーリングと、ターボとNA両モデルに足回りやボディ剛性を高め、専用のエアロパーツやアルミホイールを装備するラリーアートエディションを追加。ターボモデルのミッションはINVECS-IIスポーツ4ATが搭載される。また全てのグレードで、それまで銀色のみだったフロントグリルが、車体と同じ色に塗装されたものになる。

* 2002年1月28日 - ツーリングとTツーリングをベースにした特別仕様車「スポーツエディション」を追加。ラリーアートエディションは発売終了。

* 2002年5月29日 - ツーリングとTツーリングをベースにした特別仕様車「スポーツエディションII」を追加。ステアマチックを持つ。

* 2003年2月26日 - ビッグ・マイナーチェンジ。「セディア」のサブネームが取れ、単にランサーワゴンとして発売された。これに伴い「1.8 EXCEED」が廃止。また、1.8リッターGDIエンジンの燃料がプレミアムガソリン指定からレギュラーガソリン指定に変更。

* 2004年1月20日 - ラリーアートを追加。セディア時代のラリーアートエディションに準じた装備を持つ。ただし、セディア時代とは異なり1.8リッターGDIターボエンジンのみ採用。北米仕様にてランサースポーツバックの名称で発売。しかし2004年モデルのみでカタログから落ちてしまう。

* 2005年 1月11日- 一部改良。1.5リッターエンジン搭載の「s」追加。

* 2005年12月2日 - マイナーチェンジ。いわゆるブーレイ顔を廃止。三菱マルチコミュニケーションシステム(MMCS)をラリーアート以外の車種に標準装備(レスオプションも選択可能)。

* 2007年6月 - 日本でのステーションワゴン市場不振により、日本向け車両が製造終了。同年7月に日本での販売が終了。ただし、輸出用は2008年秋まで継続製造されていた。

グレード(2006年-2007年モデル)
* S(1.5 SOHC)
* Touring(1.8 GDI DOHC)
* RALLIART(1.8 GDI DOHCインタークーラーターボ)

スポンサーサイト
[ 2009/07/13 17:46 ] MITSUBISHI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。