スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mitusbishi Pajero-IO 0'30"

トップページMITSUBISHIカテゴリーMitusbishi Pajero-IO 2000年CM 【三菱自動車 パジェロio】.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
パジェロイオ(PAJERO io)は、三菱自動車工業が製造・販売していた5ナンバーサイズの、フルタイム式4WDの本格的なオフロード走行性を持ったSUV型普通自動車である。

* 1998年に、パジェロジュニアにかわって投入。パジェロジュニアが、パジェロミニを母体に再設計・再開発されたのに対し、パジェロイオはシャシー、ボディともに専用に開発された。デビュー当初は3ドアモデルのみであったが、すぐに5ドアモデルが追加された。なお、2005年のマイナーチェンジにより、全て5ドアモデルとなった。

* 欧州ではピニンファリーナが生産を担当。その為か、欧州ではパジェロ・ピニンあるいはシンプルにピニンのみ、北米ではモンテロ・イオ、スペイン語圏ではショーグン・ピニン、ブラジルではパジェロTR4と別々の名前で販売。

* 2006年1月からの、アクティブフィールドエディション2.0は、5MTと4ATの両方、アクティブフィールドエディション1.8は、ATのみがラインアップされていた。

* エンジンは116psの1.8LSOHC、136psの2L GDI DOHC、165PSの1.8L GDIターボの3ユニットを有する(1998年のデビュー当初は1.8L GDI DOHCのみ)。

* CMにはボサノヴァ歌手小野リサの歌う「ムーンライト・セレナーデ」が起用されていた。

* 2007年6月に日本国内での生産を終えた。中国でも長豊汽車にてライセンス生産中である。中国での車名は【猎豹飞腾】。5グレード発売されている。使用エンジンは4G93エンジンである。

尚、SUVらしさを表現する際には大切な要素となる2トーンボディカラーの設定が、後期型にはなく、より都会的なイメージが協調された。(イメージカラーはホワイト。)

* 1998年6月 - 発表、販売開始。
* 1998年8月 - 5ドアモデルを追加。
* 1999年 - FRモデルを追加。
* 2000年 - エンジンを2LGDIにする。
* 2001年 - 1.8L GDIターボ搭載の「TR」を追加。
* 2002年 - マイナーチェンジにより再び4WDのみとなる。
* 2004年 - 一部改良。
* 2006年1月11日 - 一部改良。グレードがアクティブフィールドエディションのみとなる。
* 2007年6月 - 国内生産終了(役割はアウトランダーに統合)、以降在庫車のみの販売。
* 2007年6月 - ブラジルでフレックス燃料車『パジェロTR4 Flex』発売。

グレード一覧
* アクティブフィールドエディション1.8
* アクティブフィールドエディション1.8 NAVI
* アクティブフィールドエディション2.0
* アクティブフィールドエディション2.0 NAVI

製造工場
* 名古屋製作所岡崎工場(愛知県岡崎市)
* ピニンファリーナ社(イタリア) - 欧州向けパジェロ・ピニン
* 長豊汽車
* MMCB(ブラジル)

名前の由来
「io」は、イタリア語で「私」。『親しみやすい、扱いやすい私のパジェロ』。
* 「io」はかつて、同社のセダン・エテルナの一グレード名であった。

スポンサーサイト
[ 2009/07/02 12:46 ] MITSUBISHI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。