スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tercel 1979 Commercial 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーTercel 1979 Commercial Toyota_Tercel 1979_commercial.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ターセル (Tercel) はトヨタ自動車が生産していた乗用車である。トヨタ初のFF車として誕生。姉妹車にコルサ/カローラII/サイノスがある。いわゆる「3姉妹」のうち、唯一輸出されたのはこのターセルである。

初代 L10型(1978年~1982年)
1978年8月 トヨタ初のFF(前輪駆動)車として姉妹車のコルサと共に販売開始された。両車の違いは細部の意匠と販売店。ターセルがカローラ店とディーゼル店、コルサがトヨペット店の扱いだった(ターセルは後にビスタ店扱いに変更)。ボディタイプは2ドア/4ドアセダンと3ドアハッチバック。発売当初は1500cc(SOHC・4気筒・1A-U型)のみだった。

初代と次の2代目は、FF車でありながらエンジンを縦置きに搭載するという現在ではあまり見られない方式をとっていた。そのため、4mをわずかに切る全長ながら2,500mmのホイールベースを可能にしていた。パワートレーンの配置は、トランスミッションに内蔵されたプロペラシャフトが車体前方に伸び、デフはクラッチ下に置かれていた。エンジン縦置きを採用した理由としては、エンジンの整備性が向上すること、既存のオートマチックトランスミッション搭載に有利なこと、不等長ドライブシャフトに対する等長ドライブシャフトの優位性(トルクステア軽減)などが挙げられていた。このレイアウトによりエンジンとデフが上下に重なり、いわゆる「2階建て構造」となったしわ寄せは車体デザインにおよび、ボンネット高および側面のベルトラインが比較的高い車体となった。

直接の競合車種は、ハッチバックではホンダ・シビックや三菱・ミラージュ、セダンは日産・パルサーやスバル・レオーネが挙げられるが、超ロングホイールベースやホイールハウスの消えたリヤシート、エンジン縦置きレイアウトなど、レオーネをかなり意識した内容になっていた。

1979年8月 1300cc(SOHC・4気筒・2A-U型)とオートマチック(1500ccのみ)を追加。

1980年8月 スラントノーズ化されるマイナーチェンジを受けた。これに伴い1500ccのエンジンが1A-U型からE70型カローラ/スプリンターと共通の3A-U型(SOHC・4気筒)に換装される。海外では安価でボディサイズのわりに広大な室内空間が評価されて人気があったが、日本国内ではロングホイールベースによるズングリでリアオーバーハングが極端に短く寸詰まりに見える(特にセダン系)デザインと、カローラ店でカローラを扱っていたことから販売は今ひとつだった。

車名の由来
英語の「ハヤブサ(鳥)」から。

スポンサーサイト
[ 2009/06/25 18:22 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。