スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Camry V10型 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーCamry V10型 toyota camry ad 2.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
トヨタ・カムリ (CAMRY) は、トヨタ自動車で生産されている乗用車である。取扱いディーラーはトヨタカローラ店。

元々は中型大衆車として登場し、トヨタカローラ店においてはカローラの上位車種という位置づけであった。

現在ではマークXと同格車種として扱われているが、車幅はマークXはおろかクラウンより大きく、最小回転半径が5.5mとなる。BMW・5シリーズやメルセデス・ベンツ Eクラスと同格寸法で、より大きな室内空間を意識した設計となっており、FFセダンのなかで最も売れているトヨタグループの世界戦略車である。

カムリのG-ディグニスエディションはマークX最上級グレードの300Gクラスとなり、機敏なドライブフィールを重視するマークXか後席居住性を重視したカムリにするかで販売チャネルと客層を分けている。

2006年1月のフルモデルチェンジでウィンダムと統合されたため、現在はカローラ店の専売車では最上級車種となっている。

日本市場では販売台数がそれほど多くはないため、見かける機会は比較的少ないが、世界市場における人気は絶大であり、特に北米市場では、連続してクラストップの販売実績を誇り、日産自動車のマキシマや本田技研工業のアコードと共に人気は高い。また、オセアニア・東南アジア地区での人気も高い。全世界で累計1000万台以上を販売しているトヨタのベストセラーカーであり、同社の屋台骨を支える世界戦略車でもある。

国際的にメジャーな車にも関わらず国内販売が不振なのは、ネーミングイメージと運転時の取り回し、道路事情・車庫スペース等の事情が影響していることによるものであるが、トヨタグループではゆったりした直進安定性と居住性を鑑みロングクルージングを意識した大型FFセダンをイメージコンセプトとして開発された車である。

ネーミングを変えた後継車種の案もでたが、国際戦略車としてのネームバリューを国内に根付かせたいという思惑とカムリという従来のイメージギャップの打破を目指し、車名を継続した。

2代目 V10型(1982年-1986年)
* 1982年3月登場。前輪駆動化され、セリカのサブネームが外れる。また、姉妹車のビスタが登場。このため、カローラ店専売車種となる。FF化によって“(当時の)クラウンより広い”と評された、広い室内が売りであった。当初は1800ccエンジン(1S-LU)に5速マニュアルミッションのみの設定だった。このモデルから米国をはじめ世界各地へ輸出されるようになり、とりわけ米国では後にベストセラーカーとなる。国内向けのカムリは4ドアセダンのみであったが、輸出仕様のカムリはビスタにあった5ドアリフトバックもラインナップされた。米国仕様は法規制のため角型4灯式ヘッドランプだった。 * 1982年7月 - OD付き4速オートマチック車が追加設定された。

* 1982年8月 - 2000cc(2S-ELU)車が追加された。

* 1983年4月 - ドアミラーを設定。

* 1983年8月 - 1800ccのターボディーゼル(1C-T)車が追加された。

* 1984年6月 - マイナーチェンジでフェイスリフトと同時にドアミラーを可倒式に変更/2000ツインカム16(3S-GELU)車を追加/1800cc ガソリン車(1S)は電子制御セントラルインジェクション化(Ci 1S-iLU)/特別仕様のXTサルーンはカタログモデル化され従来のSEと特別仕様車SEサルーンはXEに統一。一方、従来最上級のZXには標準であった後席3点式シーベルトが2点式に変更され、クロームメッキの装飾が増えた。米国仕様も後期型から異型2灯式ヘッドランプとなる。

  * 1985年8月には、ターボディーゼル車のエンジンは2000ccの2C-T型に変更。

車名の由来
# カムリ - 冠(かんむり)の異表記「かむり」から。
# プロミネント - 英語で「卓越した」「傑出した」の意味。

スポンサーサイト
[ 2009/06/21 13:15 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。