スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mitsubishi Mirage Cyborg(C53A) 0'30"

トップページMITSUBISHIカテゴリーMitsubishi Mirage Cyborg(C53A) MITSUBISHI MIRAGE CYBORG(C53A).jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ミラージュ(MIRAGE)は、三菱自動車工業が1978年3月から2002年8月まで製造・販売していた小型乗用車。欧州にはColtとして輸出された。

初代ミラージュ誕生と共にできたカープラザ店のみでの販売となっていた。

3代目(1987年-1991年)
バブル経済の中で登場した3代目は同時期に登場したギャランを小さくしたデザインとなり、丸みを帯びたスタイルとなった。上述の通りワゴン・バンはモデルチェンジされず、2代目を継続。同時期にランサーも5ドアセダン版としてモデルチェンジしている。

1987年10月
3ドアハッチバックのフルモデルチェンジ。基本グレードスイフト(初期型ではスーパートップと呼ばれる着脱可能な大型ガラスルーフを採用、後年はメーカーオプションになる)、女性を意識したファビオ(これは先代モデル末期の特別仕様車「マリオン」から発展したと思われる)、ギャランGTOのMR以来の1.6Lの16バルブDOHCエンジン(4G61型エンジン、ターボ145馬力・NAは125馬力)を搭載したスポーティーモデルのサイボーグが登場。また、リヤウインドがハメ殺し窓の2シーターモデルのXYVYX(ザイビクス)は若干遅れて発表され、計4グレードが発表された。しかしザイビクスのみはマイナーチェンジした際グレードから除外された。

1988年1月
4ドアセダンのフルモデルチェンジ。VIE(ヴィー)、サイボーグ、ファビオの計3グレード。ちなみに、海外ではこの4ドアセダンは「ランサー」として販売されていた。

1988年11月
一部変更でスイフトに装着車が設定されたスーパートップはオプション化/AT車にはシフトロック機能を追加/充実装備スイフトXと1.6LのDOHCエンジンを搭載したスイフトRを追加。

1989年9月
マイナーチェンジ。1.5Lは12バルブ化されパワーアップ。

1990年10月
一部変更。後席左右に3点式シートベルトを標準装備。

車名の由来
* ミラージュ - フランス語で神秘、ロマンチック。または、英語で蜃気楼の意味。初代モデルがダッソーのミラージュ戦闘機(ちなみにこちらもフランス語で幻影あるいは蜃気楼)をイメージして名づけられたという説もある。

ランサーとの関係
* 1982年、ミラージュのマイナーチェンジと共にランサーフィオーレが発売される。
* 1988年にランサーEXとフィオーレが統合された後もランサーとの姉妹車関係が続いた。

外国での販売
* アメリカ合衆国ではクライスラーのイーグルブランドにてサミットとして、ダッジブランドとプリムスブランドにてコルトとして、クーペ(アスティ)と4ドアセダンがOEM供給されていた。
* カナダではイーグル・ビスタとしてOEM供給されていた。
* 欧州では日本と同じくハッチバック、クーペ、セダンが展開されていた。
* マレーシアでは細部を変えたものがプロトンブランドで現在も生産されている。

スポンサーサイト
[ 2009/06/15 14:12 ] MITSUBISHI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。