スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Corolla FX 0'45"

トップページTOYOTAカテゴリーCorolla FX Pervert Passenger.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カローラFX(-エフエックス)は、トヨタ自動車が生産していた3ドア・5ドアハッチバックの前輪駆動方式を採用した乗用車である。

初代、2代目のモデルには3ドアと5ドアハッチバックが設定されており、基本的には実用性重視の車ではあるが、スポーツグレード「GT」がイメージリーダーとなっていた。初代モデルのGTは、日本国産2ボックスとしては初のツインカムエンジン(4A-GE)搭載である。GTは、1980年代中後期の全日本ツーリングカー選手権にカローラレビンやスプリンタートレノと共に参戦し、主にシビックと激闘を繰り広げた。1986年の全日本ツーリングカー選手権において、仙台ハイランドレースウェイで行われたレースでFXが総合優勝を果たしている。

2代目(EE90/AE91/AE92型 1987年-1992年)
* 1987年5月 6代目カローラ・スプリンターの発表と共にフルモデルチェンジ。搭載されるエンジンは、1300ccの2E-LU型(73ps/6000rpm)、新開発1500ccハイメカツインカム・ EFIの5A-FE型(94ps/6000rpm)、1500ccハイメカツインカム・キャブレター仕様の5A-F型(85ps/6000rpm)、 1600ccスポーツツインカムの4A-GE型(120ps/6600rpm・ネット値)が搭載された。5A系エンジンの登場により1300ccの2E- LU以外全車DOHC16バルブとなった。グレードは上位から3ドアが1600GT/1500Zi/1500G/1500・1300L/1300D、5ドアは1500Zi/1500G/1500・1300L。 * 1989年5 月 マイナーチェンジ。内外装のデザイン・グレード名称が変更され、GTの4A-GE型エンジンがハイオクガソリン対応となり140ps/7200rpm にパワーアップし、1500ZSと1500VSに5A-FE型のEFIなどを改良した5A-FHE型(EFI-S・105ps/6000rpm)が搭載された。これに伴い、キャブレター仕様の5A-F型は廃止。さらに、2E-LU型搭載の1300cc車が廃止されたため、全車DOHC16バルブ化、及び EFI装着となった。また、GTの装備を簡略化したGTVが追加された。

* 1600GTに電子制御サスペンションのTEMSとオートドライブ(後期型はGTVにも設定。ただし、4輪ESCを選択すると装着不可。)がオプション設定されていた。また、後期型のGT、GTV、ZS、VSには4輪ESCがオプション設定された。

* 2007年まで南アフリカでTAZZ、CARRIの名前で生産されていた(南アフリカ国内でオーリス発売と同時にモデル廃止)

スポンサーサイト
[ 2009/06/03 15:54 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。