スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Honda Accord 1989 0'30"

トップページHONDAカテゴリーHonda Accord 1989
1989 Honda 90s ACCORD ad 2.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アコード(ACCORD)は、本田技研工業が生産する中型乗用車である。 1985年にレジェンドが発売されるまでは、同社のフラッグシップモデルとされていた。車名は英語で調和、一致、和解などを意味する「Accord」に由来する。なお、本項目ではアコードシリーズの基本形となるセダンを中心に記述する。

初登場時の形態は1.6Lエンジンを搭載した中型の3ドアハッチバック車であり、同社のシビックから、より上位の車種への買い替えを求める層の受け皿として開発された。開発責任者(LPL)はシビックも手がけた木澤博司。

開発は「654計画」と呼ばれ、先に中止されていた2.0L 直列6気筒 CVCCエンジン縦置きの前輪駆動のアッパーミドルカー「653計画」の開発スタッフが加わっている。

4代目 (1989-1993年 CB1/2/3/4型)
ボディバリエーションは、初代から続いていた3ドアハッチバックが廃止され、サッシュドアを用いた4ドアセダンのみのラインナップだったが、後にアメリカ・オハイオ州HAM生産のクーペとワゴンが加わる。

スタイルは先代のキープコンセプトだったが、サイズは5ナンバーフルサイズとなり、キャビンも全高がとられたことによって居住性が向上した。サスペンション形式は先代同様四輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションだが、この代はストロークが増やされ乗り心地や路面への追従性が向上した。バブル期に開発されたことから、ボディには当時、アウディが取り入れ始めた亜鉛メッキ鋼板を広範囲に渡って使用し、室内の内張りの素材も音がこもりやすいフロアやルーフには新開発のハニカム構造の防音材を採用し、触感も考慮された。スタンレー電気と共同開発したマルチリフレクター式ヘッドライトが採用され、バルブのみが取り替えられるタイプに変更された。

エンジンはアルミ合金ブロックの新開発F型に変更され、全車4バルブ化された。1.8LはSOHC 電子制御キャブ仕様のみ、2.0LはDOHC/SOHC PGM-FI仕様とSOHC 電子制御キャブ仕様のラインナップだったが、後にHAM産のワゴン、セダン及びクーペに2.2L SOHC PGM-FI仕様が追加される。

トランスミッションは、全グレードともに特徴的な7ポジションの4速ATと5速MTが用意されたが、2.0L SOHC仕様とアメリカ産のクーペ、ワゴンは4速ATのみだった。

このモデルからアコードはクリオ店専売車種となりプリモ店では取り扱われなくなったが、代わりにプリモ店専売車種として姉妹車のアスコットが同時発売された。

国内販売は振るわなかったが、アメリカではフォード・トーラスを抑えて、3年連続して全米トップセールスを記録している。

* 1989年9月13日、フルモデルチェンジ。

* 1990年4月1日に、2代目のアコードクーペが販売された。このモデルも北米で開発及び生産され、エンジンはF20A型 DOHC PGM-FI仕様(※数値はセダンと同値) 。

* 1991年4月4日に、北米で開発及び生産された2車種目のアコードワゴンが販売され、エンジンはF22A型 2.2L SOHC PGM-FI仕様。

* 1991年7月、マイナーチェンジが行われ、グレード体系(1.8L 4WS仕様の廃止)が見直された他、サイドドア・インパクトビーム、SRSエアバッグやトラクションコントロールシステム(TCS)などの安全装備が追加されたのをはじめ、カーナビゲーションが初めてオプション設定された。

* 1992年2月には、クーペにF22A型エンジン搭載の「2.2iエクスクルーシブ」が追加。同年3月3日にイギリスで生産される欧州アコードの日本版であるアスコット・イノーバが誕生した。

* 1992年6月には、アメリカ HAM生産のF22A搭載セダン(左ハンドル)「スペシャル・エディション」が2,000台限定で発売された。

欧州仕様
4代目は欧州仕様が、1995年からホンダUKによりイギリスツーリングカー選手権(BTCC)へ参戦している。ボルボやルノー、ヴォクソールなどを相手に序盤は低迷したものの、熟成が進むにつれ成績も向上し、JTCC仕様のエンジンを得た1997年には初優勝を飾っている。

日本ではアスコットイノーバのベースとなり、アスコット・イノーバがハードトップであったのに対し、欧州アコードはサッシュドアを採用したセダンタイプで、ローバー・600はこれをベースにしていた。

スポンサーサイト
[ 2009/06/01 15:04 ] HONDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。