スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Laurel C35 1998 0'15"

トップページNISSANカテゴリーLaurel C34 CM 1993 1998_NISSAN_LAUREL_C35.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ローレル (LAUREL) は、日産自動車が1968年から2002年まで製造・販売していたミドルクラスの乗用車。ライトバンやピックアップトラック、タクシー仕様(1983年まで)などの商用車を一切設定しない、日本初の「ハイオーナーカー」であった。

8代目 C35型(1997年-2002年)
1997年6月
C35型にモデルチェンジ。
搭載エンジンはRB20DE型、RB25DE型、RB25DET型(同型式だが可変バルブタイミング機構などを採用し「NEOストレート6」と呼ばれるRB系エンジンに変更。ターボ仕様は280馬力を達成する。RB系は全てDOHC24バルブ)、およびRD28型(SOHC18バルブ、C34型からのキャリーオーバー)の4機種。

トランスミッションは4速ATのみ搭載。足回りはフロントがストラット式(4WD車はマルチリンク式)、リアがマルチリンク式。

1998年9月
リーンバーン化したRB20DE型エンジン搭載モデルを追加。クラブSシリーズの2.5リットル車にマニュアルモード付オートマチック「デュアルマチックM-ATx」を採用。

1999年1月
RB20DE型をリーンバーン化。

1999年8月
マイナーチェンジ。内外装の意匠変更と共にメダリスト系にプレミアシリーズを設定。ディーゼルエンジンがRD28型から電子制御燃料噴射システムを採用したRD28E型に変更。

2001年3月
村山工場での生産を終了。生産拠点を栃木工場へ移管。5月、RD28型エンジン搭載グレードを廃止。

2002年8月
製造終了。34年間のローレルの歴史に幕を閉じた。

モータースポーツ
スプリントレースでの出走例は少ないが、スカイラインと車台を共有した手ごろなサイズのFRであるために特にC33以降がドリフトのためのベースとなることが多く、D1グランプリでの出走記録もある。C33は他の姉妹車と異なりBピラーが無いために車体剛性の向上がなされることが多く、また中古MT車が希少であったため、ATから MTへの換装が多く行われ、チューニングショップのノウハウの蓄積につながった。C35はライバルのJZX100チェイサーと異なりATの設定しかないため、生産当時は人気が無かったが、中古車価格の下落、MT換装の一般化、部品互換性の高さ(車高調に至ってはシルビアのものが使えるほどであった)、D1 で用いられたことからから生産終了後人気を博した。

車名の由来
英語で「月桂樹」「月桂冠」の意味であり、月桂樹はギリシャ神話の気品高き樹木で、月桂冠は名誉ある地位の象徴である。

スポンサーサイト
[ 2009/05/27 13:58 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。