スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Curren ST202 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーCurren ST202 TOYOTA_CURREN_ST202.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カレン (CURREN) は、トヨタ自動車がかつて生産していた乗用車である。セリカの姉妹車で、一代限りで生産を終了した。

日本で販売されていたハッチバッククーペの6代目セリカ(T200型)をベースにした、2ドアノッチバッククーペのセリカが北米市場向けに生産されていた(セリカノッチバック)。異形4灯ヘッドライトを搭載するST200系セリカの特徴的なフロント周りを、コロナクーペを彷彿とさせるオーソドックスなスタイルに変更したモデルである。型式はST206(ZS、XS―ただしXSツーリングセレクションを除く、FS)、ST207(XSツーリングセレクション)、ST208 (TS) の3種類。

エンジンは直列4気筒エンジンで、XSおよびFSには経済性を重視したハイメカツインカムの3S-FEが、走行性能にこだわったZSにはスポーツツインカムの3S-GEが、TSには1.8Lエンジンの4S-FEが搭載された。XSには4WS仕様のXSツーリングセレクション、ZSにはスーパーストラットサスペンション仕様のZSスポーツセレクションの設定があった。いずれのエンジンにも5速MTまたは4速ATが組み合わされた。駆動方式はFFのみで、セリカでいうGT-FOUR (4WD) に相当するグレードはない。TRDよりTRDsportsモデルも販売されている。3S-GEが搭載されており、販売台数限定(300台)で1995年10月から1996年3月までの6ヶ月間に販売されている。

カレンのメカニズムはT200型セリカと同一であり、同等グレードと比較した場合カレンの方が30kg軽く、剛性面で有利となっている。また、オプションパーツもセリカ用の多くが流用できる。とは言え、スペシャルティカー寄りの車という見方が強かったのか、3S-FE搭載のXSが販売の中心を担っていた。

初代 T200型(1994年-1998年)
1994年1月26日
トヨタビスタ店(現・ネッツ店)で販売開始。

1995年1月
特別仕様車としてXSリミテッドを発売。

1995年10月
マイナーチェンジ。運転席エアバッグ標準装備、フロントバンパーの意匠変更、テールランプのスモーク化、リヤワイパーの設定、アルミホイールの切削光沢化、ベーシックグレードのFSがTSに置き換えられるなどの変更が行われた。

1996年
300台限定車としてTRDスポーツを発売。
一部改良。ABSおよび助手席エアバッグ標準装備、ウィンドーガラスを紫外線カットタイプのものに変更。

1997年12月
XSツーリングセレクション販売終了。

1998年
生産・販売終了。一代限りの生産となった。実生産台数は44,686台。

車名の由来
「現代の」「時流に乗った」という意味の英語 current をもとに作られた造語。

スポンサーサイト
[ 2009/05/22 02:31 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。