スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Infiniti Q45 Ad 1989 0'31"

トップページNISSANカテゴリーNissan Infiniti Q45_Ad 1989 1989_NISSAN_INFINITI_Q45_Ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
インフィニティQ45(INFINITI Q45 )は、日産自動車が1989年から製造・販売していた乗用車。インフィニティブランドが展開される地域のみの販売であったが、初代モデルは日本でも「日産・インフィニティQ45」の名称で販売されていた。また、2代目以降は、日本で販売される日産・シーマが同型車である。単に「Q」と呼ばれることも多い。

車名の「インフィニティ」はイタリア語で「無限」を意味する。日産の海外高級車ブランドとしても用いられている「インフィニティ」の限りない発展を願ってネーミング。
Qは英語のCue(きっかけ)を、45は排気量(4,500cc)をあらわす。

誕生の経緯
インフィニティブランドの誕生のきっかけは、1985年のプラザ合意による円高であり、それによって海外では低価格で高品質が武器である日本車は、その武器を封じられ苦戦していた。そこで、トヨタと日産は、コンセプトこそ、従来の日本車の売りを踏襲するものの、さらに付加価値を高めた高級車の開発、生産を計画。その結果生まれたのが、トヨタ・セルシオとこのインフィニティQ45であった。ただ、セルシオが構想と開発に8年の歳月を要したのとは対照的に、インフィニティは、セルシオ開発が始まった3年後にその情報を得た日産が急遽開発に着手したことが決定打となり、それがそのまま両車の完成度、または販売成績に表れたと言われている。ちなみに、ホンダも高級車開発のプランをたてていたものの、未知の分野であるがゆえに販売店のリスクが大きいことから、得意分野であるスポーツカーに計画を変更。生まれたのがホンダ・NSXである。

初代 G50型 (1989-1997年)
1989年、日産は北米の高級車市場の一角を狙いインフィニティディヴィジョンを立ち上げた。その際のフラグシップカーとして投入されたのがQ45である。

日本国内での登場は1989年11月。本来は「インフィニティ」がブランド名、「Q45」がモデル名であるが、日本では「日産・インフィニティQ45」として販売された。

翌年、このクルマ(G50型)をベースとしてプレジデント(JG50型 JはJapan、日本国内専用の意といわれている)が誕生している。

Q45は「ジャパン・オリジナル」のキャッチフレーズの元、一般的な高級車のようにメッキ仕上げの大型フロントグリルや木目インテリアを備えることなく、グリルレスの薄いマスクに七宝焼きのエンブレムのみを取り付け、インテリアも漆塗り(金粉蒔絵)という、世界の高級車の常識に挑戦するかのような斬新なコンセプトで発表された。日本文化を体現する一方で、その走りは北米市場の日産に対する期待を反映し、若かりし頃240Zに夢中になった「Z Car世代」をターゲットとしたスポーティーなものとされるなど、こちらも異色であった。グリルレスのそのマスクは、口の悪い一部のファンから「能面顔」と揶揄されてた。

一時は、レクサス LSとの個性の違いから、一部での評価は高かったものの、実際にこのクラスのクルマを購入する層の多くには受け入れられることは無かった。それはレクサスLSが正統派の高級車像を追い求め、それを高度に洗練していったのに対し、Q45はそういった旧来の高級車像とはかけ離れた、いわばスポーツカー的な価値観を追い求めていたことにある。

そしてその特徴的だったグリルレスデザインも不評であり、アフターマーケットで販売されていたホシノインパル製などのフェイクグリルを装着するユーザーが多く、エアロパーツのメーカーも自社のエアロに合わせて後付けのグリルを開発していた。その後当初の志とはうらはらに、1993年6月のマイナーチェンジでグリルや木目パネルを取り付けられることになる。

足回りは、マルチリンク式サスペンションで、オプションに油圧式アクティブサスペンションがラインナップされていた。

結局、日産Q45はトヨタセルシオにより、このクラスでの国内市場では完全敗北を喫することになり、インフィニティのブランド名自体も国内から駆逐されることになる。

だが新型車販売こそ不振だったものの、その車格ゆえに中古車市場ではプレジデントと並び人気VIPカーの一つとして持ち上げられるようになり90年代後半には巷で多く見かけられた。

北米仕様においては、ベースグレードのQ45のほかに、リアスポイラーやBBSのホイールなどが装備され、日本仕様には無いスーパーHICASの設定もあったツーリングモデルの「Q45t」、アクティブサスペンションなどが装備された「Q45a」が設定された。また、日本仕様に比べてパーソナルカー的な性格が強かった。

* 1989年11月 - 国内販売開始。
* 1993年6月 - マイナーチェンジ。フロントにグリルが取り付けられ、リヤガーニッシュの色が黒からグレーに変更され、日産のエンブレムが取り付けられる。
* 1996年 - 北米では一足先に2代目Q45(FY33型シーマ)にモデルチェンジ。
* 1997年9月 - FY33型シーマに統合される形で生産終了。

スポンサーサイト
[ 2009/05/15 15:21 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。