スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Cima Ad 1988 0'30"

トップページNISSANカテゴリーCima Ad 1988 1988_NISSAN_CIMA_Ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シーマ (CIMA) は、日産自動車が生産・販売しているフルサイズラグジュアリーセダン。日産のオーナーズカーとしては上級車両とされている。

4代目となる現行型には、同じプラットフォームからの派生車種として日産自動車のフラグシップモデル、プレジデントがある。

バブル景気絶頂期にY31セドリック/グロリアとプラットフォームを共有する上級派生車種として登場。 初代は、販売チャンネルごとに「セドリック・シーマ (CEDRIC CIMA) 」(ローレル販売会社=日産モーター系列・太洋日産・西武日産)、「グロリア・シーマ (GLORIA CIMA) 」(スカイライン販売会社=日産プリンス販売系列)として販売された。

ドメスティックモデルだった初代・2代目とは異なり、3代目以降は日本国内でも売られていたインフィニティQ45の後継車と言う位置付けになり、日産の海外専売高級車ブランドインフィニティチャンネルで「インフィニティ・Q」シリーズとして売られるグローバルカーとなった。

初代 FPY31型(1988年-1991年)
1987年10月
東京モーターショーに出品。

1988年1月
販売開始。
セドリック/グロリアは5ナンバーサイズの車体であったのに対し、3ナンバー専用車体として登場。搭載エンジンはVG30DE型V型6気筒DOHC NA・200ps(タイプI、タイプII)とVG30DET型V型6気筒DOHCターボ(ハイフローセラミック式)255ps(タイプII-S、タイプIIリミテッド)の2機種(のちにレパード(2代目)にも搭載された)。ボディタイプはスタイルを重視し、ベースのセドリック/グロリアの主力モデル同様、センターピラーのない4ドアピラーレスハードトップであった。

元々日産の開発陣が、トヨタ・クラウンの 3ナンバー版を開発しているとの情報を聞き急遽開発を開始、開発期間の関係でセドリック/グロリアとの同時発売は出来ずに半年遅れての発売になった。しかし、その半年の遅れ及びセドリック/グロリアとの印象を大きく変えた事で別格のイメージが付き、5ナンバーと3ナンバーのイメージを同じにしたクラウンとの差別化に成功した。デザインのモチーフは鎌倉(長谷)の大仏である。ボンネットに誇らしげにそえられるエンブレムはアカンサスの葉を模したものである。

国産車離れしたスタイリッシュな外観と動力性能の高さから、当時の国産同クラスセダンとしては異例に一般オーナードライバー向け要素が強い車種として人気を集めた。電子制御エアサスペンションのしなやかな乗り心地もさることながら、アクセルを踏みこんだときセミトレーリングアームサスペンション車らしくリヤを下げながら暴力的でいて静かな加速を見せるその姿は当時中高年の憧れとなり、爆発的に売れた。これは「シーマ現象」と呼ばれ、 3ナンバー車ブームのきっかけとなる。それへの対応のためトヨタはあわててクラウンにV8モデルを追加したほどであった。その感動を忘れられない層のため、その後のモデルでもターボ搭載車をラインナップするが、世代を重ねるごとに徐々に廉価版としての位置付けが強くなっていく。

反面その車格および当時の経済情勢から社用車や個人タクシーにも採用されることも多く、用途によって後席居住性に課題を残すこととなった。

また、クラウンでほぼ標準装備されたいたデジタルメーターもオプションで装備することができた。

1989年3月
パーソナル キーの材質をステンレスに変更。

1989年8月
マイナーチェンジ後タイプIIリミテッドAVマルチが追加される。ナビのアンテナが天井にあるためサンルーフの同時装着はない。その他バブルカーを象徴する豪華なオプションも多数用意される。

車名の由来
車名の由来はスペイン語で「頂上」、「完成」の意味。

スポンサーサイト
[ 2009/05/14 14:46 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。