スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Cedric Ad 1990 0'30"

トップページNISSANカテゴリーCedric Ad 1990 1990_NISSAN_CEDRIC_Ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
セドリック (CEDRIC) は、日産自動車が1960年から2004年にかけて製造・発売していた上級セダンである。

7代目 Y31型(1987年-1991年、セダン1987年-)
1987年6月
モデルチェンジ。従来からの「ブロアム」に加え、スポーツ性を向上させた「グランツーリスモ (GranTurismo) 」が登場。

デザインは曲線を巧みに使用した張りのあるモダンなもので、当時のカーデザインのトレンドに沿ったものとなった。

エンジンはVG30ET、VG30E、VG20DET、VG20E、RD28、RB20P(LPG仕様)、CA20P(LPG仕様)。VG20DET初搭載の車種(グロリアも同様)であり、セドリック初のDOHCエンジン搭載車である。このY31型からリアサスがセミトレーリングアーム採用のIRSとなる(前輪はマクファーソンストラットコイル)。フロアAT車のパーキングブレーキが足踏み式になった。コラムAT車はセダンのみの設定となる。

1987年の東京モーターショーに「セドリック・ロイヤルリムジン」(オーテック製)が出品され、市販化される。

1987年9月
VG20E型エンジン車にブロアム及びRD28ブロアムの4WAS付車追加。

1987年12月
教習車用ベース車を発売。

1988年4月
一部改良。フルオートエアコンに「エコノミーモード2」機能追加。

1988年6月
ハードトップのみの設定だった「グランツーリスモ」が新たにセダンにも1グレード追加される(DOHCターボ SV)。ATシフトロックシステム採用。

1989年3月
パーソナル キーの材質をステンレスに変更。

1989年6月
マイナーチェンジ。リアコンビネーションランプが大幅に変更された。
VG20DET搭載車にトルクコンバータ式としては世界初の5速E-ATが搭載された。また、インタークーラー装着により、ハイオク化されて185psから210psに向上し、VG20DET「ブロアム」を3ナンバー化。デジタルメーター及びマルチAVシステムをオプション設定。

1989年8月
サンルーフをオプション設定。

1989年9月
後部ドアを15センチ大型化したブロアムLシリーズを発売する。

1990年8月
VG20E・RD28車にブロアムセレクション(3ナンバー車)を追加。VG20DETブロアムに5ナンバー車復活。

1991年3月
VG20E・RD28車にクラシックSを追加。

なお、現在でもタクシーやハイヤー用途としてこの型は生産されている。<2008年現在)

車名の由来
フランシス・ホジソン・バーネットの小説「小公子」の主人公、セドリックに由来。

当時の川又克二社長が命名した。また、キャディラックに似ているからという説もある

スポンサーサイト
[ 2009/05/13 12:44 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。