FC2ブログ

Mazda Miata(Roadstar) Commercial 1991 0'30"

トップページMAZDAカテゴリーMazda Miata(Roadstar) Commercial 1991 1991_mazda_miata_commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ロードスター (Roadster) は、マツダが生産している2人乗りオープンカー(ロードスター)である。自然吸気のレシプロエンジンを搭載し、駆動方式は後輪駆動。

当初、マツダ・ディーラーでも比較的高級車を販売するとして設立されたEunos(ユーノス)店専売モデルの初段として ユーノス・ロードスター の名で1989年8月に先行予約を開始、同年9月1日に発売された(北米での発売はそれより早く同年5月)。国内では予約会で半年以上のバックオーダーを抱えるほどの人気を博し、一時は月産台数が大衆車並みの 8,000台近くになるほどだった。マツダ社内での人気も高く、マツダ本社がある広島では本社敷地内で予約会が開かれたのだが、徹夜組もいた順番待ちの列の中には私費でこの車を買い求めようとするマツダ社員も多くいたという。

後に、販売チャネルであったユーノス店がバブル崩壊に伴うマツダの経営戦略見直しにより1996年4月1日をもって消滅し、販売チャネルはマツダアンフィニ店に移った。それでも名称は「ユーノス・ロードスター」のままで販売された。

そして1998年1月に初のフルモデルチェンジを受け、国内の販売名称をマツダ・ロードスターと変更し、現在に至っている。

海外ではマツダ・MX-5 (Mazda MX-5) の名称で販売されている。なお、北米では2代目までマツダ・MX-5ミアータ (Mazda MX-5 Miata) と呼ばれていた。欧州ではNAをMark1、NBをMark2と呼称する場合が多い。

発売当時、小型のオープン2シータースポーツというカテゴリーは市場からほぼ死滅状態であった。1970年代から自動車に対する消費者の嗜好が快適性重視に変わっていったことや、年々厳しくなる北米の衝突安全基準をクリアできなかったことなどがその理由である。しかし、マツダはその間、北米を中心とした度重なる市場調査によって潜在需要が非常に期待できることを掴んでおり(計画自体何度もお蔵入りの危機に遭っていたが、最終的にこの調査結果があったので発売できた)、自動車業界の冷ややかな予測に反し、発売後瞬く間に世界中で大反響を呼んだ。

このヒットにより、欧州の主要メーカーが同様のロードスターを次々とリリースするきっかけとなった。その中には、かつて同様のスポーツカーを発売していた懐かしいブランドMGも含まれていた。

ユーノス・ロードスター以降に発表されたオープン2シーター
* メルセデス・ベンツ SLKクラス
* スマート・ロードスター
* フィアット・バルケッタ
* ホンダ・S2000
* ホンダ・ビート
* MG・MGF
* 日産・フェアレディZ(ロードスター)
* ポルシェ・ボクスター
* トヨタ・MR-S
* ダイハツ・コペン
* ポンティアック・ソルスティス
* サターン・スカイ/オペル・GT

かのライトウェイトスポーツカーの名門ロータスが、「我々の作ろうと思っている車が間違いではないと証明してくれた」と語ったとされ、本場のメーカーを唸らせるほどその完成度は非常に高かった。生産技術の優秀さや性能に対する低コストぶりなど、技術面での評価が目立つ日本車において、車造りの「思想」という面で世界に多大な影響を与えた稀有な存在である。

2000年には生産累計53万1890台を達成し、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックに認定を受けた。また2004年には、生産累計が70万台の大台を達成したとして再度ギネスブックに申請。2007年1月30日には80万台を達成し、三たびギネスへの申請を行なっている。

道路渋滞が多い現代の日本では、新車で販売される自動車のトランスミッションはほぼ100%がATであるが、この車はその性格故にMT車が圧倒的に多かった。初代では実に8-9割、2代目も6割強がMT車である。しかし、3代目からATが6速化され、また代を経るに従って高年齢層のオーナーが増えたことなどもあり、現在の販売では逆転している。

初代 (NA型)
開発主査は平井敏彦主査が担当。のち平井の退職に伴い、サスペンション開発の担当であった貴島孝雄主査が引き継いだ。

初代は、排気量の違いによって大きく二世代に分類される。 まず、1989年から1993年に発売された1600ccエンジンを搭載するNA6CE型(末尾のEはEunosのE)と、1993年以降に発売された1800ccエンジンを搭載するNA8C型である。NA8C型では、国内外からの1600ccエンジンのパワー不足を指摘する声を反映し、エンジンを1800ccに容量アップした。これに伴い、ブレーキやボディの補強、デフの大型化が実施された。トルクは増加したが、同時に前記の理由により重量も増加したことと、最高トルク発生回転数が低いことから、旧1600ccに比べて走行性能にさほど大きな差は無い(パワーウエイトレシオはNA6CE型で7.83kg/ps、NA8C型で7.54kg /ps)。また、新たに導入された非線形スロットルにより、多少回転上昇のフィーリングが低下したとする意見もある。

プロダクトデザインは田中俊治の手によるもの。この車のデザインは「日本の伝統」をモチーフにしたものが多い。まず、フロントマスクは能面のひとつである「小面」、サイドボディのラインは同じく能面のひとつである「若女」を横から見た姿にインスパイアされており、シート表面のパターンは畳表の模様、そしてリアブレーキランプは江戸時代の両替商が使った分銅の形(現代日本の地図記号で「銀行」を表している)、といった具合であり、基本はイギリス・イタリアのライトウェイトスポーツカーのデザイン文法に則りながらも日本のオリジナリティを主張している。また、リアコンビネーションランプ(ブレーキ、ターンシグナル、リバースの異なる色の各ランプを一体成形してある)はそのデザインの良さと機能性の両立を評価され、ニューヨーク近代美術館 (MoMA) に展示・永久収蔵されている。

エンスージアストの中には、比較的重いNA8C型 (980kg) より軽く (940kg) エンジンの噴け上がり感が軽快なNA6CE型を好む者も少なくない。

2004年、辛口の批評で有名な米国のスポーツカー専門誌、スポーツカー・インターナショナルの選出したベスト・スポーツカー1990年代部門で第一位を獲得した。

20世紀に生産された乗用車の中から、世界32ヶ国、約130名の選考委員により選び出すカー・オブ・ザ・センチュリーでベスト100に入った。日本車でベスト100に選ばれたのは、トヨタ・セルシオ、トヨタ・カローラ、日産・フェアレディZ、マツダ・RX-7、ホンダ・シビック(いずれも初代)、ホンダ・NSXのみである。なお、ベスト100からベスト26に絞り込む段階で、日本車は全て脱落した。

特別仕様車・限定車
初代(NA型)モデル
* 1991年
o 7月 J LIMITED: ボディカラーを専用色サンバーストイエローとしたモデル。「J」はフランス語で黄色を表すjaune(ジョーヌ)から。 限定800台。発売当日に予約受付完了、抽選での販売となった。

o 12月 M2 1001: 1990年代前半にマツダが東京・世田谷の環状八号線沿いに置いていた実験工房「M2(株式会社エムツー)」でカスタムされたメーカーコンプリートカー。通称「マルイチ」。ブルーブラック (HQ) に塗られた外観はフロントノーズなどが大きく変更され、タイヤも15インチ化。ホイールはパナスポーツ。内装も4点式ロールバー、機械式メーター、センターコンソールレス、専用バケットシートなどでカスタマイズ。エンジンはカムシャフトやフライホイールなどが専用品に換装され、ノーマル比+10PSとなった。限定300台の販売方法はユニークで、購入希望者はM2本社ビルに来訪の上手続きし、抽選、当選した場合の納車も本社でしか行なわなかった。つまり最低2度はM2社を訪れる必要があった。新車当時の価格は340万円。後述のM2モデル共々、現在でも中古車市場では非常に高額で取引されている。各所にこだわりの少量生産パーツを多く使用した影響で、現在は部品の欠品が相次いでおり、愛好家は維持に苦労しているといわれる。

+ ノーマルロードスターとの相違点:フロントスポイラー、4点式ロールバー、フューエルリッド、ドアミラー、デフ冷却ダクト、機械式LSD、アルミホイール、ダンパー、コイルスプリング、ドアオープナー(インナー)、ウインドーレギュレーターハンドル、ステアリングハンドル、ドアトリム、ドアバッグ、シフトノブ、パーキングブレーキレバーハンドル、シート、センターパネル、センターコンソール、メーター(スピード、タコ、フューエル、水温)、メーターフード、カムシャフト、ピストン、シリンダーヘッド、シリンダーヘッドカバー、フライホイール、エグゾーストマニフォールド、サイレンサー、オイルフィラーキャップ、エアークリーナーボックス、ストラットタワーバー、エンジンマウント

* 1992年
o 11月 M2 1002: M2第 2弾。通称「マルニ」。前回の1001とは異なり、動力関連には手を入れず、内外装を非常にエレガントに仕上げた「大人のためのスポーツカー」をコンセプトとした。外装色ダークブルー。15インチタイヤにパナスポーツホイールは1001と同じだがタイヤサイズが異なる。専用のフロントノーズを装備するのは 1001と同じだが、デザインは異なる。内装が豪華で、アイボリーの専用本革シートは風合いを重視しトップコートを従来品に比べて薄くしており、スピーカー穴が開くことを嫌いヘッドレストスピーカーは廃止された。クラッシュパッドから下部分の色はアイボリーになっており、シートベルトもアイボリー、ベルベットブルー起毛地張りのダッシュボード、本木目張りのセンターパネルなどが装着されている。ソフトトップ自体は「Vスペシャル」と同様のタン色でソフトトップカバーはアイボリー。300台生産の予定とされたが、100台目の受注で生産を終了した。

ノーマルロードスターとの相違点:フロントスポイラー、シリンダーヘッドカバー、オイルフィラーキャップ、フューエルリッド、ドアミラー、シート、センターパネル、センターコンソール、フロアマット、メーターフード、ウインドーレギュレーターハンドル、ステアリングハンドル、ドアトリム、シフトノブ、アルミホイール

o 12月 S LIMITED: Sスペシャルベース。限定1000台。イギリスやアメリカの古典的スポーツカーに多く見られる赤の内装をロードスターで初採用した。外板色はブリリアントブラック。シートは赤の本皮シート。更に専用の14インチBBSアルミホイール(メッシュ部分がゴールドペイントになっている)を装備。内装は前記のとおりやや濃い目の赤となっており、ダッシュボードのトップ部分以外はすべて赤である(シートベルトやソフトトップカバーも赤)。

* 1993年
o 11月 TOKYO LIMITED: 名前のとおり東京地区ディーラーのみで発売。限定40台。前述のM2 1002用に作られ在庫として残っていたアイボリーの内装を、通常販売モデル(ブリリアントブラックのスペシャルパッケージ)に装着したモデル。

o 12月 J LIMITED II: 限定800台。2年前に出たJ LIMITEDと同じくサンバーストイエローの外板色。ただしAピラーはブラックアウトされており、アルミホイールのデザインも異なる。

* 1994年
o 2月 M2 1028: M2第3弾で最後のM2モデル。限定300台。1001、1002と異なり全国のディーラーで販売される。通称「ニイハチ」。再び走りを重視した変更が行なわれた。外装色はシャストホワイト (PT) とブルーブラック (HQ) の2色。ホイールは純正の14インチだが、スポーク部分を肉抜きして軽量化し、ガングレーに塗られている。トランクリッドもアルミ製で、形状もノーマルと異なる。またNA型全モデル中唯一のハードトップ標準装備モデル。そのハードトップは従来品に比べFRPの比重が軽く、またリアウインドウはガラス製ではなくポリカーボネイト製とするなどして軽量化されていた。幌は装着されておらず、簡易式の幌を緊急用としてオプションで設定していた。内装はアルミ製10 点式ロールバー、センターコンソールレス、エスケレート製フルバケットシート2脚、専用メーターフェイスなど。エンジンも手が入り、10PSアップ。

ノーマルロードスターとの相違点:フロントリップスポイラー、トーイングフック、ハードトップ、トランクリッド、8点式(10点留)ロールバー、ドアミラー、アルミホイール、ダンパー、コイルスプリング、ステアリングハンドル、ドアトリム、シフトノブ、パーキングブレーキレバーハンドル、シート、センターパネル、センターコンソール、メーター(スピード、タコ、フューエル、水温、油圧)、カムシャフト、ピストン、シリンダーヘッドカバー、フライホイール、エグゾーストマニフォールド、サイレンサー、オイルフィラーキャップ、エアークリーナー、ストラットタワーバー、ラジエータ(AT用)、エンジンマウント

o 7月 RS LIMITED: Sスペシャルベース。限定500台。専用色モンテゴブルーマイカ。専用レカロシート2脚、15インチBBSホイールを純正装備。NA8シリーズ1ながら最終減速比4.3のデフを搭載する。

o 12月 G LIMITED: 7つの特別装備が追加されたモデル。限定1500台。専用色サテライトブルーマイカに紺色の幌。

* 1995年
o 2月 R LIMITED: Sスペシャルベース。専用色サテライトブルーマイカに紺の幌。内装は赤。BBS製15インチホイール装着。限定1000台。この内最終ロットの106台はシャストホワイトになった。カタログ等での告知がなく、ディーラーのみでの紹介販売。この最終ロットの存在を知らないファンは多い。

o 12月 VR LIMITED コンビネーションA / B: Sスペシャルベース。コンビネーションAは外板色アールヴァンレッドマイカにタンの幌、トープの革シート(センティアと同じ革素材)で限定700台。コンビネーションBは外板色エクセレントグリーンマイカに緑の幌、黒の革シートで限定800台。双方とも純正オプションで設定のあった15インチアルミホイールを装備。内装はシフトノブ、パーキングブレーキレバーがアルミの専用品となり、カーボン模様のメーターカバー(VR Limitedロゴ入り)が付いた。またシフトブーツの周りには純正オプションのアルミプレートが付いている。

* 1996年
o 12月 R2 LIMITED: Sスペシャルベース。限定500台。外板色シャストホワイト。純正オプションの15インチアルミホイール装着。内装はシートのみ赤。シフトノブ、パーキングブレーキレバー、シフトプレートはVR LIMITEDと同じくアルミ製。

o 12月 B2 LIMITED: Mパッケージベース。限定1000台。専用色トワイライトブルーマイカに紺の幌。14インチのアルミホイールはVスペシャルタイプIIと同じバフ仕上げのメッキホイール。他にドアミラーもメッキされている。

*1997年
o 8月 SR LIMITED: Mパッケージベース。限定700台。通称サヨナラリミテッド。専用色スパークルグリーンメタリック(シャストホワイトの設定もあった)。バフ仕上げの14 インチ純正アルミホイール、ヌバック調シート表皮などを特別装備。MT車はトルセンLSDも特別装備されている。メーターフェイスはM2 1028と同じもの。成約者にはレザーブルゾンが贈られた。このモデルの最後の車体はスパークルグリーンとシャストホワイトのツートーンに塗られた(工場生産時点)。

その他
初代モデルは中国電力と共同で電気自動車が制作された。

ロードスターだけのワンメイクレースであるPartyRace、N1、Nゼロも行なわれている。

初代モデルと同時期にフォード・モーターのオーストラリアの法人、Ford Australiaがファミリアのコンポーネンツ(駆動方式はFF)を使ってフォード・カプリを発売し、マーキュリーブランドで対米輸出 (マーキュリー・カプリを参照)もしたが、こちらの方は短命に終わっている。

マツダレンタカーの一部店舗では、レンタルが可能。観光地や大都市圏の店舗に多く配備されていて、特に沖縄での登録率が高い。海外でもハーツレンタカーの一部店舗(北米圏)で取り扱っている。

スポンサーサイト



[ 2009/05/11 17:11 ] MAZDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ