スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mitsubishi i HA1W 0'30"

トップページMITSUBISHIカテゴリーMitsubishi i HA1W MITSUBISHI_i__HA1W.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
i(アイ)は、三菱自動車工業が2003年のフランクフルトモーターショーに出展した同社のコンセプトカーであり、2006年に販売を開始した軽自動車である。

近年の軽乗用車としては珍しく、5ドアのボディでありながらエンジンをリア・ミッドシップマウントし、高効率なパッケージングを採りながら重量配分の最適化により操縦安定性、走行性能を高めている。かつて経営の提携関係にあったダイムラー・クライスラーのスマートの技術ノウハウが活かされていると思われがちだが、プラットフォームは三菱自動車の独自開発である。また開発自体はダイムラー・クライスラーとの提携以前からあったものだが、提携後にダイムラー・クライスラーから開発を停止され、提携解消後に再び再開したという経歴を持つ。

三菱自動車の軽自動車では、派生車を除くとeKワゴン以来4年3ヶ月ぶりのニューモデルである。

iの開発を指揮したのは、2代目パジェロでプロジェクトエンジニア、現プロジェクトエグゼクティブである福井紀王。

コンセプトはプレミアムスモール。発売当初はターボエンジン搭載モデルのみをラインナップ、車両本体価格は128万円以上だった。2006年10月に自然吸気エンジンモデルが登場し、2007年12月発売の最廉価「Sグレード」は106.05万円から購入できるようになった。

生産は水島製作所(岡山県倉敷市)。

それまで主に安さを売りにしていた軽自動車全般が、iの登場を契機にして高品質化・高価格化したと考える消費者や評論家は少なくない。

エンジン
新開発の直列3気筒DOHC12バルブ、可変バルブ機構"MIVEC"付き3B20型。自然吸気、またはインタークーラー付ターボエンジンである。

45度傾けて搭載し、低重心化を図っている。

ターボは低回転域から効果のある仕様である。

このエンジンのダイムラーへの供給契約が締結されており、排気量を999ccに変更して2007年モデルチェンジの次期型スマートに搭載している。

レイアウト
ホイールベースは2007年4月現在、既存の軽自動車としては最長(2,550mm)。ミッドシップレイアウト故にフロントにエンジンを搭載していないためステアリングの切れ角を大きく取れ、ロングホイールベースにも関わらず最小回転半径は4.5m。

国内の軽自動車では唯一、後面オフセット衝突にも対応している。

エンジンは後部座席の後ろに傾けてマウントされており、長いホイールベースと相まって、従来の軽自動車のイメージを変える広い室内空間を実現した。エンジンの直上が荷物室となるため、荷物室の床の地上高が他車より高めである。その為積載できる荷物の量は他社より若干少ない。荷物室の床には防熱対策が手厚く施してあり、エンジンの熱が荷物に影響することはない。

エンジンのリア・ミッドシップレイアウトによって、それまでの軽トールワゴンと比べてシャープなハンドリングである。2006年10月のマイナーチェンジで、フロントにネガティブキャンバーを付加したセッティングになり、さらに軽快なハンドリングが体感できる。自動車評論家の中にもこの独特のハンドリングを評価する声が多い。

関連特許を持つホンダからの技術供与により、運転席下に燃料タンクを置くセンタータンクレイアウトである(カタログに記載)。

全高は1.60m。都心の機械式立体駐車場に多い、1.55mが上限の場合は進入することができない。

駆動
二輪駆動モデルは後輪駆動。四輪駆動モデルはフルタイム4WDシステム(オンデマンド方式)でビスカスカップリング(VCU)式フルタイム4WDを採用し、路面や走行状況に応じて後輪から前輪に駆動力を最適配分、すべりやすい路面でのスムーズな発進・加速と優れた走行安定性を得ている。

前輪は145/65R15、後輪は175/55R15と、前後でタイヤ、ホイールのサイズが違う。

特別仕様車
* i-Play Edition(2006年5月17日 - 9月)
o アップルコンピュータのオーディオプレイヤー「iPod nano」専用スロットなどを装備するほか、アイのロゴマークが刻印されたiPod nanoを進呈。

* Limited(2006年7月1日 - 10月)
o S(初期)をベースに、専用AM/FMラジオ付CDプレーヤー+4スピーカー、UVカット機能付プライバシーガラスを標準装着化。Sよりも低価格。

* i倉敷(2006年12月14日 - 2007年3月)
o S (NA) をベースに、ジーンズ柄シート生地、専用AM/FMラジオ付CDプレーヤー+4スピーカー、UVカットプライバシーガラス、“i倉敷”専用デカールを装備。岡山三菱自動車のみで100台限定販売。

* 1st Anniversary Edition(2007年1月16日 - 9月)
o L及びMをベースに、インテリアではブラックのドット柄を採用したシート、インパネ、トリム、カーゴルームカーペットなどを、エクステリアでは水滴防止ドアミラー、左右フロントドアガラスの撥水コーティングとUV&ヒートプロテクトガラス(フロントウィンドウ)などを追加装備する。

* Casual Edition(2007年6月19日 - 12月)
o S (NA) をベースに、バニティミラー(運転席・チケットホルダー付)、プライバシーガラス(リヤドア・テールゲート)、UV&ヒートプロテクトガラス(フロントウィンドウ)を追加装備する。

* Sport Style Edition(2007年9月20日 - 12月)
o LXまたはGをベースとして、外装にROAR製のグリル一体型フロントエアロバンパーやルーフスポイラー、マフラーカッターに装飾。内蔵には、専用色センターパネルや本革巻きのステアリング、シフトノブを装備する。

* Bloom Edition(2007年12月25日 - 2008年12月)
o Lをベースに、UV&ヒートプロテクトガラス、ボディと同色の電動格納式リモコンドアミラー、助手席側バニティミラーなどを追加装備。インテリアには、同仕様車専用のミント&ブラウンインテリアを採用。

初代(2006年-)
* 2003年9月:フランクフルトモーターショーで、コンセプトテストカー『i』を出品。

* 2003年10月:第37回東京モーターショーに出品。

* 2005年5月:車種名を『i(アイ)』に正式決定。

* 2005年11月:ケンタッキーフライドチキン (KFC) のCM『2005年クリスマスキャンペーンパーティバーレル篇』に発売前であるが「出演」。これは日本KFCが三菱商事の関連会社のため。

* 2006年1月5日:TBSのドラマ「一週間の恋」に登場。

* 2006年1月24日:販売開始。当初はターボエンジン搭載グレードのみを用意。

* 2006年5月17日:特別仕様車「i-Play Edition」を発売。

* 2006年7月1日:特別仕様車「Limited」を発売。

* 2006年7月25日:ハローキティ特別仕様車「PrincessKitty i」限定1台を日本橋三越で販売。

* 2006年10月11日:電気自動車「i MiEV」を開発。

* 2006年10月17日:J.D.パワーによる「2006年日本軽自動車初期品質調査」において1位を記録(ダイハツ・ムーヴラテと同点の61PP100)。

* 2006年10月24日:マイナーチェンジ。自然吸気エンジン (NA) 搭載グレード発売。ターボ車も一部改良。ネガティブキャンバーをつけたことによりハンドリングが向上。

* 2006年10月25日:グッドデザイン大賞受賞(軽自動車としては初。乗用車としては、プリウス以来2度目)。

* 2006年10月31日:J.D.パワーによる「2006年日本軽自動車商品性評価調査」において調査開始以来最高得点で1位を記録。

* 2006年10月31日:2007 日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤー受賞。

* 2006年11月1日:カービュー・カー・オブ・ザ・イヤー2006~2007 国産部門受賞。

* 2006年11月14日:2007年次 RJCカー・オブ・ザ・イヤー受賞。

* 2006年11月18日:第27回日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Most Advanced Technology」受賞。

* 2006年11月30日:第1回あなたが選ぶカー・オブ・ザ・イヤー大賞を受賞。

* 2006年12月14日:「倉敷ナンバー」のご当地ナンバー認証を記念した特別仕様車「i倉敷」を発売。

* 2007年1月16日:特別仕様車「1st Anniversary Edition」を発売。

* 2007年6月19日:特別仕様車「Casual Edition」を発売。

* 2007年9月6日:特別仕様車「Sport Style Edition」を発売。

* 2007年12月20日:マイナーチェンジ。UV&ヒートプロテクトガラスや、電動格納式リモコンドアミラー、キーレスオペレーションシなどで装備グレードを拡大。ボディーカラーに「サクラピンクメタリック」と「ドーンシルバー」を追加するほか、ターボ搭載グレードのバンパーをボディ同色に変更。このほか、前席シート形状の改良やシート生地の変更、パワーステアリング「EPS+」追加装備、など。

* 2007年12月25日:特別仕様車「Bloom Edition」を発売。

* 2008年12月24日:一部改良。グレード体系を見直し、廉価グレード「S」、充実グレード 「Vivace(ビバーチェ)」、ターボ車「T」の3グレードに集約。上級グレードにあったドアサッシュのブラックアウト処理を廃止し、ボディ同色とする。ボディカラーは「ライトブルーメタリック」「ライトイエローソリッド」「ペールベージュソリッド」を廃止し「オーシャンブルーメタリック」「ラズベリーレッドパール」「サンフラワーイエローソリッド」を新たに追加。インテリアカラーは「レッドインテリア」を廃止し、「グレーインテリア」「ミント&ブラウンインテリア」「ブラックインテリア」に整理。

受賞歴
* 2006年日本軽自動車初期品質調査で1位を獲得。

* 2006年度グッドデザイン大賞を軽自動車としては初の受賞。(自動車としては、2003年のプリウス以来2度目)

* 2006年日本軽自動車商品性評価調査で1位を獲得。

* 2007 日本自動車殿堂カーデザインオブザイヤーを受賞。

* カービュー・カー・オブ・ザ・イヤー2006~2007 国産部門で受賞。

* 2007年次 RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

* 第27回日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Most Advanced Technology」を受賞(軽自動車では初)。

* 第1回あなたが選ぶカー・オブ・ザ・イヤー大賞・K4オブ・ザ・イヤーを同時受賞。

* 日経優秀製品・サービス賞(2006年)最優秀賞(日経産業新聞賞)を受賞。

i MiEV
iをベースに日本の電力会社と共同研究・開発を行っている電気自動車が、i MiEV(アイ・ミーブ)である。2006年11月から東京電力および中国電力に、2007年1月からは九州電力にも貸与し、各社の業務用車両として走行実験に供する。

ガソリンエンジンに代わって搭載されるのは永久磁石式交流同期電動機 (47kW/180N·m) で、床下の燃料タンクがあった空間にはリチウムイオン二次電池(バッテリー)が設置してある。 バッテリーの製造は、電気自動車用電池の開発・製造専門の会社としてジーエス・ユアサコーポレーション、三菱商事、三菱自動車がそれぞれ出資して設立したリチウムエナジージャパンで行っている。

重量は1,080kg。充電は高速充電が可能な三相200ボルトのほか、家庭用の単相100ボルトまたは200ボルトにも対応している。電力会社以外の実証実験として神奈川県警のパトロールカーとして2008年7月から実験開始。

2008年現在はまだ研究段階だが、三菱自動車では2009年の実用化・市販化を目指している。

i MiEVの歴史
* 2006年10月:i MiEVを製造・発表

* 2006年11月:東京電力、中国電力との共同研究を開始

* 2007年1月:九州電力と共同研究を開始

* 2007年3月:東京電力、九州電力と実車での性能評価を実施

* 2007年6月:中国電力と実車での性能評価を実施

* 2007年10月:東京モーターショーに実証走行試験用i MiEVと、i MiEVをベースとしたスポーツコンセプトカー「i MiEV SPORT」を出展

* 2007年12月:リチウムエナジージャパン設立

* 2008年1月:全国都道府県対抗女子駅伝競走大会の伴走車として走行

* 2008年2月東京電力、関西電力、中国電力、九州電力と実証走行試験を開始。びわ湖毎日マラソンの伴走車として走行

* 2008年3月:ニューヨークモーターショーにi MiEVと MiEV SPORTを出展

* 2008年4月:北海道電力、沖縄電力と実証走行試験を開始

* 2008年6月:洞爺湖サミットに関連して、東京から洞爺湖までの約800kmを各地で充電をしながら走行する「CO2削減 EV洞爺湖キャラバン」にスバルのR1eと共に参加し、完走

* 2008年7月:神奈川県警との実証走行試験を実施。環境省が試験導入開始

* 2008年8月:米国の電力会社Pacific Gas and Electric CompanyおよびSouthern California Edisonと実証走行試験の共同実施について検討を開始。北海道マラソンの伴走車として走行

* 2008年9月:アイスランド政府とi MiEVの実証走行試験を2009年度中に共同実施することで合意

* 2008年10月:京都府とGSユアサの共同研究に提供

* 2008年11月:成田空港で航空機のメンテナンスなどを行うエージーピーが試験導入。郵便事業が試行配備。

* 2008年12月:環境省が実施する電気自動車等に係る実証試験に使用される。モナコで政府関係者や電力会社、環境支援団体など向けの試乗会を実施。田辺三菱製薬が発売後の導入を表明

* 2009年1月:ローソンに試行配備。全国都道府県対抗女子駅伝競走大会に運営車両を貸与

* 2009年2月:ニュージーランドで国営電力会社のMeridian Energyと走行試験やプロモーション活動を開始。香港特別行政区政府環境局と電気自動車の普及活動を行うことで覚書を締結

* 2009年3月:PSA・プジョーシトロエンとi MiEVの協業で覚書を締結。PSAと三菱でi MiEVベースの欧州向け電気自動車を開発し、三菱が製造。三菱とプジョーブランドで2010年末~2011年初に発売予定。ジュネーブモーターショーに、i MiEVの欧州仕様コンセプトと、オープンスポーツコンセプト「i MiEV SPORT AIR」を出展。中国電力が、発売後の導入を表明。

車名の由来
『I(myself/日本語の「自分自身」)』、『愛』、および『innovation(革新)』、『imagination(想像)』、『intelligence(知性)』のイニシャルから。

2008年12月から追加された新グレード「Vivace」とは、イタリア語で『いきいきと、活発に』を意味する。

スポンサーサイト
[ 2009/05/09 00:28 ] MITSUBISHI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。