スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mazda MX-6 CM 0'30"

トップページMAZDAカテゴリーMazda MX-6 CM Mx6_CM.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
マツダ・MX-6(エムエックス-シックス)は、かつてマツダが製造、販売していたクーペである。

* 販売時期は、1992年1月 - 1995年末。

* 1991年のマツダ期待のミドルクラスセダン、マツダ・クロノスの登場によって、マツダの多チャンネル戦略はより鮮明になっていった。 まずは核となるクロノスを皮切りに、アンフィニチャンネル専売のそのハッチバック版マツダ・アンフィニMS-6、当時新しかったインストパネルシフトで話題を呼んだハードトップボディのマツダ・アンフィニMS-8、高級ブランドのユーノスチャンネル専売のユーノス500、軽自動車チャンネルだったオートザムにフラッグシップとなるべく投入されたセダンボディのマツダ・クレフ、そして、従来のカペラC2に取って代わるべく生まれたこのMX-6、唯一日本国外で生産された2代目フォード・プローブなど、数えるだけでも、クロノスの姉妹車は多岐に及んだ。

* なお、米国ではマツダ・カペラ/C2をマツダ・626/MX-6と表記するため、少々ややこしい。

MX-6はマツダ店専売のスペシャルティカーで、当時のS13シルビア、4代目プレリュード、5代目セリカをライバルとした。ボディはこのクラスの定番たるピラード2ドアハードトップだが、ライバルが5ナンバーのなかクロノス同様3ナンバーワイドボディを採用し、ボリュームのある曲線を多用したスタイルは新鮮だった。しかしリアにいくにしたがいルーフが極端に流れるキャビンが、ボディに対しややフロントぎみに位置していることから、当時、S13やプレリュードに注目するユーザーからは不評を呼び、投入されてから販売中止にいたるまで、核となるクロノスともども販売成績は最後まで好転することはなかった。

* エンジンは、クロノスをはじめとする他の姉妹車の共通の特徴となる新型のK型V6ツインカムの2500と2000の二本。これに5段マニュアルと4段オートマチックが組み合わされた。このV6エンジンは、トップエンドまで気持ちよく吹けるフィーリングは官能的でとても評価が高く、後にマツダの新しい中間モデルとして登場するマツダ・ランティスにも搭載され、さらに好評を博すこととなった。

* 発売当時は4WSのみの設定であったが、1994年6月に2WSも追加された。

* バブル期のマーケットの好景にのるべく、当初の予定よりもはやく投入されたことから、足回りのセッティングやAT、また、問題となったコンセプトに起因するボディなど、旨く消化できなかったこともあり、もともと低調だった販売台数は最後まで好転することはなく、クロノスともども国内マーケットからは1995年一杯で姿を消した。

* 1994年6月に一部改良を行なう。当初は5色あったボディカラーを3色に減らし、リヤスポイラーを2500エンジンのみの設定、サンルーフを2500エンジンの4WSのみに設定となったため一層販売の低下に追い討ちをかけた。

スポンサーサイト
[ 2009/05/05 16:39 ] MAZDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。