スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mitsubishi Diamante F27A 0'30"

トップページMITSUBISHIカテゴリーMitsubishi Diamante F27A MITSUBISHI_DIAMANTE_F27A.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ディアマンテ(Diamante)は、三菱自動車工業が海外で製造・販売している上級乗用車。2005年まで日本でも製造・販売されていた。

初代(4ドア:1990-1995年、ワゴン:1993-1997年)
* 1989年の第28回東京モーターショーに参考出品され1990年5月にギャランΣ/エテルナΣハードトップの実質的な後継車として発売。

* 当時、このクラスの上級セダンはFRの駆動方式を採用するのが定番であったが、ディアマンテはFFの駆動方式を採用。また、発売当初より4WDの設定があり、当時の上級セダンでは珍しかった(後にはFFのみの設定となった)。

* 比較的割安な価格帯で3ナンバー専用大柄なボディーにBMW風の若々しいスポーティなスタイリッシュなデザイン、マルチビジョンや三菱インテリジェントコックピットシステムなどをはじめ、規格改正で特に排気量2.5Lまでの車の税金が下がった時期に3種類のV6エンジン(3L、2.5L、2L)とFF以外に4WDも選べると言う選択肢の広さもあり、後の3ナンバーミドルクラス乗用車へ与えた影響はかなり大きく、ユーザーからは好評を得て1990 年-1991年日本カー・オブ・ザ・イヤーも獲得する。

* バブル期に開発が進んでいたこともありトヨタ車ほどには及ばないものの内装の質感は高かった。ハイテク装備と安全装備はかなり力が入れられたが煮詰めはイマイチと批判の声もあった。

* 初代ディアマンテをベースに開発されたセダン「シグマ」は事実上姉妹車である。

* GTO/3代目デボネアはこの型のディアマンテをベースに作られている。

* 1991年10月 一部改良。「25V-SE 4WD」を追加発売。

* 1992年10月 マイナーチェンジ。エアコンは代替フロン化/2000ccはSOHC24バルブの6A12型に変更。145馬力にパワーアップ。AT車はファジィ制御化。「25V-S」を追加発売。

* 1993年3月 マグナワゴンの後継としてディアマンテワゴンが豪州アデレードのオーストラリア三菱で製造、日本に輸入された(形式はK45)。この車種は日本向けにフロントフェイスをディアマンテ顔に変更。リヤサスペンションはカーゴスペースと荷重を考慮し5リンク式を採用していた。エンジンはディアマンテとは違い、マグナワゴンの上級仕様であるベラーダと同じV6・3000ccのSOHCを搭載していた。しかし、340万円以上する価格設定ゆえ、国内での販売台数は芳しくなかった。

* 1993年11月 マイナーチェンジ。フロントグリルをボディカラーと同色化。廉価グレードのEシリーズをベースに「エスパーダ」を発売。コストダウンを絡んだこともあり装備品や内装を中心とした見直しも行われ、パトカー用を除きMT車の設定が廃止される。

* 1995年 ワゴンをマイナーチェンジ。マルチパラボラ型ヘッドライトや新デザインのリヤガーニッシュなどを採用し商品力をアップさせるとともに約340万円と高価すぎていた価格設定を見直し、本革シートやAVシステム、サンルーフなどをカットして価格を約90万円引き下げた「30V」を追加した。尚、従来のベースグレードは「30R-SE」とグレード名を変え、運転席SRSエアバッグとABSが追加された。

* 韓国・現代自動車のソナタ(2代目)とマルシアはこの型のディアマンテのプラットフォームを用いている。

* ハードトップのフルモデルチェンジ後もワゴンはそのまま1997年まで継続生産された。

スポンサーサイト
[ 2009/05/04 16:51 ] MITSUBISHI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。