スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Citroën Visa CM 1'00"

トップページCITROEN CMカテゴリーCitroën Visa CM Citroen Visa_CM
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シトロエン・ヴィザ(Citroen Visa) は、フランスの自動車メーカー・シトロエン社が1978年から1988年まで生産した小型大衆車で、シトロエン・2CVがベースであったためにさすがに設計が旧態化していた大衆車のディアーヌとアミに代わる同社の主力商品として開発された。

1974年にシトロエンがプジョーの傘下に入り、PSA・プジョーシトロエンとなって最初に新規開発された新型乗用車で、前身モデルの一つであるシトロエン・LN同様、プジョー・104の機構をベースとしているが、豚の鼻を思わせるユニークなノーズやサテライトスイッチを持つダッシュボードなど、シトロエンらしいユニークな内外装デザインが与えられていた。

1978年に登場した当初は、2CV以来伝統の空冷水平対向エンジン ( 652 cc まで拡大 ) 付きの「スペシャル」、「クラブ」と、プジョー製オールアルミ 1124 cc 水冷直列4気筒エンジン ( X型 ) を積む「シュペール」の3種であった。水冷モデルは設計年次の古い空冷 652 cc 版と同じくらい経済的であり、もちろん遥かにパワフルで静粛であったため、1219 cc、1360 cc、954 cc の水冷モデルが次々に追加され、シリーズの中心となった。また、1984年にはプジョーが伝統的に得意とした  1769 cc ( XUD 型 ) ディーゼルエンジン搭載車も追加された。

1982年には大規模なマイナーチェンジが行われ、空冷モデルは姿を消し、特徴的だったが万人受けしなかったフロント周りはごく平凡で常識的なデザインに改められた。ダッシュボードのサテライトスイッチは維持されたが、1985年にはそれも常識的なものに換えられた。ヴィザのサスペンションはもはや前後輪関連式ではなかったが、依然として極めて長いストロークを持ち、ダンピングの利いた良好な乗り心地と、コーナリング時の大きなロールを受け継いでいた。また、直進性が高く、車体も空力特性に優れ、高速巡航能力が高いことは、兄貴分のGSをはじめとする歴代モデルと同様の美点であった。反面、不十分な車体の防錆対策、プラスチックが多用されて質感の低い内装、クラッチ交換にもエンジン脱着が必要な整備性の悪さなどが欠点とされた。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTIの成功に刺激されて、この頃からフランス車にも高性能モデルが用意されるようになった。ヴィザにもマイナーチェンジ以降、1400 cc 80馬力の「GT」( 日本にも西武自動車販売によって輸入された )、ツインキャブ 93馬力の「クロノ」( Chrono )、ラリー仕様のパートタイム4WDの「ミルピスト」( Mille Pistes ) が追加された。1985年にはプジョー・205 GTI と共通の1588 cc 105 - 115馬力エンジンを搭載した「1.6 GTi」も追加されたが、ピニンファリーナ・デザインのスマートな3ドアハッチバックスタイルで成功作となった205 GTIのような商業的成功は得られなかった。BXの 1360 cc エンジンを搭載した上級版「14 TRS」も存在したが、BXとの価格差は小さく、人々はより新しいBXを選んだ。

1988年、シトロエン・AXに後を譲り、生産終了となる。

派生モデル
シトロエン・C15 ( Citroën C15 )
1984年10月に登場したヴィザをベースとした 570 kg 積のフルゴネット型商用車。1124 cc 47馬力のガソリンエンジンを積む C15E ( E はエッセンス = ガソリン )と、1769 cc 60馬力のディーゼルエンジン ( XUD7 型 ) を積む C15D が設定され、ディーゼルは後に 1905 cc ( XUD9 型 ) に変更された。リアサスペンションは BX のそれの流用で、前後方向に水平近くまで寝かされたダンパーにより、荷室の床は低く平らで、広々としている。

ヴィザと比べても C15 のセールスは好調といえるもので、PSAに多くの利益をもたらすヒット作となる。本国での生産が終わった後も、ポルトガルの Mangualde やスペインのビーゴで2005年まで21年間にわたり生産され、累計台数は118万1471台となっている。

シトロエン・オルチット
1978年から1996年まで、ルーマニアで生産された、ヴィザの3ドア版そっくりな外観のモデル。実際にはフィアットとの提携時代の1970年代前半に開発が進められていたが、プジョーとの合併でプジョー・104ベースにヴィザを開発することになったため、一旦お蔵入りになっていたモデルを生産化したもの。エンジンはGSと同じ空冷水平対向4気筒で、部品についてもヴィザや104との互換性はほとんどない。1985 - 90年までシトロエン・アクセルとして西ヨーロッパ各国でも販売されたが、品質が低く、低価格であったにもかかわらず成功しなかった。

スポンサーサイト
[ 2009/05/01 00:52 ] CITROEN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。