スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sera EXY10 CM Ver-1 0'29"

トップページTOYOTAカテゴリーSera EXY10 CM Ver-1 20071105171641.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
1987年に開催された第27回東京モーターショーに出展された「AXV-Ⅱ」の市販化モデルである。同社の小型車スターレットをベースにしているが、その特徴は上半分ほぼ全てがガラスで占められていること(グラスキャノピー)と、それを実現するために採用されたガルウイングドアである。ガルウイングドアといえばメルセデス・ベンツ 300SLやランボルギーニ・カウンタックに代表される超高級スポーツカーの専売特許であったが、一般レベルで日本で初めて採用したのがこのセラである。走行性能を求めるのではなく、あくまで雰囲気だけを楽しむという斬新な自動車であった。

ガルウイングと言っても車両によって、採用する理由が様々であり、セラの場合は安価な小型量産車で設計販売を企画し、トヨタの企業イメージのアピールが主な理由である。この構造を可能にする為に用いられた生産技術はハイレベルなものであったが、ルーフ部分をガラスエリアとしたガルウイングの構造上の弱点を出してしまっている。つまり、上半分がほぼ全てガラスであるがゆえに温室のようになってしまい、室内温度が非常に高くなるのである。この為、マイナーチェンジでグラスキャノピーに改良および冷房能力の強化が加えられた。

デザインが特異などの理由により、セールス的に成功したとはいえない。バブル景気という時代背景があり、外見が特徴的なセラは迷車ではあったが、歴史に残る一台ともいえる。

ボディサイズの割に重く重量税がかさむのも失敗の一因とと言われたが、実際には車両重量が1000kgを超えるモデルは存在せず、自動車重量税等級はベースモデルと変わらない。ガルウイングドアの構造上、乗降時には周辺のスペースが相当必要な感じも受けるが、高さは車体外寸上の屋根を越えてしまうが、ミニバン程の高さもなく、横への振り出しは43cmと小さい。ただし室内からの開閉には一般的なドアのようにノブを引いて横へ押しても開閉しにくく、やや斜め上へ押し上げて開ける必要がある。

全長 3860mm、全幅 1650mm、全高 1265mmのコンパクトな外寸に車両重量は890kgに対して、エンジンは1.5Lの水冷直列4気筒DOHC16バルブEFI-S(5E-FHE型)で最高出力110PS、最大トルク13.5kgmで、DOHCと言ってもスポーツツインカムではなく、L40系ターセル/コルサ/カローラII/サイノスの各最上級グレード用を搭載された、ほぼコンベンショナルなハイメカツインカム1本のみであった。もっとも車体構造上ハイパワーエンジンを搭載し加速は良くなっても、ボディ剛性の弱さが強調されるだけになるので、バリエーションを増やさなかった様子。

登場まもなくの間はオーダーから納車まで数ヶ月を要したが、これはオーダーが殺到したというよりも、特殊な製法や部品の調達などにより月に千台程度しか製造できなかったため。

ごく少数ではあるが、メーカーオプションでフェンダーミラーを選択しツノが生えて、さらに独特の雰囲気を出してしまった車両も確認されている。

E型エンジンを搭載していることもあり、スターレット用のターボエンジンに載せ換えるパターンも見られた。

スポンサーサイト
[ 2007/10/24 13:27 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。