スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Car Trailer 2'03"

トップページMOVIEカテゴリーThe Car Trailer
THE CAR _1977, trailer_ James Brolin_0001.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ザ・カー(原題:The car)は1977年に制作された、自動車とホラーを結びつけた史上初めての映画である。

舞台はユタ州の田舎町サンタ・イネス。ある日、サイクリングをしていた学生やヒッチハイク中の出稼ぎ労働者が連続で轢き逃げされる事件が発生。地元の保安官事務所のリーダー格であるウェイドは、この事件に使われた漆黒の車を断定し捜査に乗り出すが、殺人車の行動は次第にエスカレートし、保安官達までが襲われる。パレードの予行演習をしていた子供達と、引率の教師でウェイドの恋人であるローレンも狙われるが、必死に墓場へ逃げ込んだ。なぜか墓場内には入らない車を、現場へ駆けつけたウェイドが銃撃するが、ビクともしない。車はその場から立ち去り、帰宅したローレンだが自宅で再び襲われ殺される。怒りに燃えるウェイドと仲間達は、爆破のプロであるエイモスの協力を得て、車の破壊を計画する。ところが決行日当日、ウェイドのガレージに突如として車が出現。窮地に立たされながらも、ウェイドは爆弾を仕掛けた崖へとバイクを走らせる。

本作の主役とも言える殺人自動車は、1971年式リンカーン・コンチネンタルマークIIIをベースに改造された。製作を担当したのは、テレビシリーズ版『バットマン』(1966年)でバットモービルの製作も手がけたジョージ・バリス。殺人自動車は6週間で計6台が製作され、撮影期間内にすべてクラッシュしたが、後に展示用に7台目が製作された。7台目はユニバーサル・スタジオで一時展示された後、バリスに返還され、1980年代にコレクターに売却された。

本作の冒頭でチャーチ・オブ・サタン(悪魔教会)の司祭長、アントン・ラヴェイの文句が引用される。後にラヴェイは、本作の「テクニカルアドバイザー」としてクレジットされた。

ストーリーは『ヨハネの黙示録』をなぞらえており、黙示録のキーワードである『ラッパ』『風』『荒れ野に逃げ込む女』などが要所に織り込まれると同時に、殺人自動車の正体を暗示している。 ラストの殺人自動車の落下シーンは、後にテレビドラマ『ナイトライダー』で、K.A.R.R.(カール)の転落シーンに流用された。

スポンサーサイト
[ 2009/04/15 16:42 ] MOVIE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。