スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Gone In 60 Seconds Trailer 1'21"

トップページMOVIEカテゴリーGone In 60 Seconds Trailer
GONE_IN_60_SECONDS__trailer

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
バニシング in 60 (Gone in 60 Seconds)は、1974年に公開されたアメリカ合衆国のカーアクション映画である。H・B・ハリッキー製作、監督、脚本、主演。どんな車でも60秒で盗む(原題)という車の窃盗団を題材にしている。 ちなみに「ばにしんぐ・いん・ろくじゅう」が正しい読み方。現在はリメイク版(後述)にならって「ばにしんぐ・いん・しくすてぃ・せかんず」と読まれることが多い。

原題の「Gone in 60 Seconds」は「60秒有ればあなたの車は走り去っている」つまり盗まれていると云う意味。カーチェイスの派手さを誇示するように、当時のキャッチコピーは「“ぶっ壊した車93台”」であった。

主人公・ペースは元カーレーサーで、今は交通事故や車両窃盗を取り扱っている保健会社の属託調査員であるがそれは表の顔。本業は依頼を受けて目的の車を非合法に入手 つまり窃盗によって取りそろえる窃盗団のボス。

ある日某国のディーラーから高価で希少な車の手配を頼まれる。その依頼を着々とこなしていたが、ある時ルールをめぐって諍いのあった仲間の裏切りにあい、警察が追われる羽目になる。ペースは最後の一台・黄色いマスタング『エレノア』を駆ってロス全土を舞台に一大カーチェイスを展開する。

* 上映時間の半分を割いた約40分にわたる前代未聞のカーチェイスは語りぐさとなっている。製作から30年以上を経ても、このロングカーチェイスの記録は破られていない。

* 作品中のテロップでは主役は “ELEANOR(エレナ エレノア又はエレナーとの記載もあり)” とだけ記されている。これは主役はあくまで「車」なのだ、というハリッキーのメッセージである。

* カーチェイスは、ロケーションも含めて、ドキュメンタリータッチで撮影されており、主人公の車が通過後の被害処理にあたる警察やヤジ馬などの描写など、独特の雰囲気をもっている。

* ペースの車が鉄柱に激突するシーンが出てくるが、これは、アクシデントによる実際の事故ショット。ハリッキーは負傷しながらも、カメラマンに「おい、ちゃんと撮ったか?」と聞いたというエピソードは有名。

続編
監督第2作『ジャンクマン』ののち、冒頭のカーアクションシーンや未使用カットなどを使用した『バニシングin60 デッドライン』(原題:デッドラインオートシフト)」を製作。日本国内では未公開だがも『デッドライン』としビデオ販売された。内容としては、本編冒頭に『ジャンクマン』の冒頭カーチェイスシーンを付け加え、追跡する警察側のシーンを増やした他はストーリーラインもほぼ『バニシングin60』そのものである。

ちなみに『ジャンクマン』は、『バニシングin60』(とおぼしき作品)を撮影した監督がトラブルに巻き込まれる、という内容となっている。もちろん、創作ではあるものの、ハリッキー自身のオフィス、カーコレクション、プライベートショットが満載の半自伝的内容となっている。

正式の続編『バニシングin60 PART2』撮影中、スタントでの事故によりハリッキー本人が不慮の死をとげてしまい、作品自体は未完となってしまった。フィルムの一部は公式サイト上で見られる他、現在でもDVDで観られる。(日本でも2008,11、DVDーBOXとして発売される)

『新バニシングin60 スピードトラップ』という邦題の作品がある(ビデオ化もあり)が、日本の配給会社がヒットに便乗してつけたタイトルで、 続編ではなく,ストーリー、製作スタッフに関連性はまったくない。

リメイク
2000年にニコラス・ケイジ主演で『60セカンズ』としてリメイクされた。 両作の顕著な相違点は後者には暴力的な銃器犯罪が色濃く絡むのに対して、前者にそのカラーは殆ど存在しない。また『60セカンズ』ではアクションシーンに一部CGが使われている。短期間で大量の車を盗む窃盗団、盗んだ車で包囲網を突破することこれ以外、ストーリーは全く別物。期待と不安半分だった「バニシング」ファンの失望と批判を呼んだ。

『クエンティン・タランティーノ監督作品『デス・プルーフでは、黄色いムスタングや、劇中登場人物のセリフに、リメイク版ではなくオリジナルを支持する内容のものがでてくるなど、本作へのリスペクトが見られる。

ソフト
「60セカンズ」公開に合わせて、ビデオ、DVDが発売されたが、著作権の関係から音楽を全面的に差し替え、エンディングをカット(代わりにハリッキー夫人が劇中で使用されたマスタングを運転するメモリアルシーンを挿入)した、ファンからすれば改悪版ともいえる内容となっている。 ちなみに日本でもハリッキー作品が全作DVDとしてリリースされたが、同様にハリッキーファンへのメッセージクレジットの挿入、音楽差し替え版となっている(パッケージ表記はオリジナル版表記に準拠)してあるので要注意)。

スポンサーサイト
[ 2009/04/09 01:01 ] MOVIE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。