スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Honda Z 0'18"

トップページHONDAカテゴリーHonda Z Honda Z
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ホンダ・Z(ゼット) とは、本田技研工業が生産していた軽自動車である。

初代は1970年代に生産していたスペシャルティタイプの軽自動車(Z360)。デザインは日本人が行ったものであり、360ccでクーペスタイルを目指したものである。そのため後座席は子供が乗れる位のスペースしかなかった。しかし当時のホンダ車に共通する飛行機風の計器類のデザインは印象的である。また4速と5速ではシフトパターンに違いがある。デザイン段階で後方までルーフを伸ばしたため、後部を斜めにカットしガラスハッチを持ち、その黒くて太い枠から「水中メガネ」の愛称で親しまれた。

2代目は1998年に発売したSUVタイプの軽自動車(Z660)。ミッドシップにエンジンを搭載した四輪駆動車で、軽トールワゴンとライトSUVの折衷のようなスタイルをしている。

初代(1970-1974年)
* 1970年10月20日、初代Zを発売。N360と基本的に共通の空冷 SOHC 2気筒 360ccエンジン(36PS/31PS)を搭載。発売当初の価格は「Z ACT」が埼玉県狭山工場渡し現金価格で34万8000円。「GS」(5速MT、前輪ディスクブレーキ搭載)は後日発売となる。前輪ディスクブレーキは当時としては珍しかった。

* 1971年12月1日、マイナーチェンジ。先にライフに採用されていた水冷 SOHC 360ccエンジン(36PS)を搭載することになった(ダイナミックシリーズ)。またフロアユニットをNIIIからライフへと変更したのに伴いホイールベースが80mm延長されている。水冷Z初期の5速MTモデルは「GTL」となる。

* 1972年1月に「ゴールデンシリーズ」が発売。こちらはホイールをシルバーに、水中めがねはボディと同色、エンジンの出力が31PSとなっている。

* 1972年11月にはBピラーが廃止されハードトップスタイルとなった。エンジンは36PS仕様のみとなり、前方のフロントグリルはハニカム型へ変更。後方から開閉していたスペアタイヤ取出口は塞がれて分割バンパーとなる。このモデルの5速MTは「GSS」となる。

* 1973年には燃料蒸発ガス抑制装置を追加、ブレーキのマスターシリンダーはシングルからタンデムに変更する。

* しかし、排ガス規制とオイルショックの影響もあって、1974年に初代Zはライフと共に生産中止となった。

* N360同様、空冷エンジンのN600の機関部分を乗せて「Z600」として海外に輸出した。360との違いは機関、大型バンパー、ミラー等であった。

スポンサーサイト
[ 2009/04/04 12:20 ] HONDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。