FC2ブログ

Honda TN360 0'30"

トップページHONDAカテゴリーHonda TN360 HONDA__TN360
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
TN360は本田技研工業が生産していた軽トラックである。

T360の後継として1967年にデビューした。

N360用の空冷 2気筒エンジンをほぼ水平に横置きし、やはりN360のドライブトレーンを利用して後輪を駆動する、ミッドシップレイアウトを採る。前輪駆動用のトランスアクスルを流用しているため、リアサスペンションにはド・ディオンアクスルを採用し、その位置決めには半だ円リーフスプリングを用いている。

その後TNIII、TN-V、TN-7とマイナーチェンジの度に名前を変えていき、1977年に後継のTNアクティが登場し生産が終了された。

TN360(1967-1970年)
* 1967年登場。エンジンは空冷 4ストローク 直列2気筒(並列2気筒)SOHCで最高出力は30PSだった。

* 1969年T360で設定されていた、後輪をクローラに変更するスノーラを追加。

TNIII(1970-1972年)
1970年マイナーチェンジに伴い車名をTNIIIと変更。フロントグリルのデザインが変更された。

TN-V(1972-1975年)
1972年登場。ヘッドライトを縦並びの丸形4灯式に変更。このときT360から続いた巨大なHマークがHONDAのロゴに変更された。シートベルトが標準装備され、ウインカーと共用だったテールランプが分離した。途中から三角窓を廃止した。

TN7(1975-1977年)
1975年登場。昭和50年排出ガス規制適合により車名をTN7に変更。電動式ウインドーウォッシャーを本格装備し、ワイパースイッチと一体化される。

スポンサーサイト



[ 2009/04/03 11:56 ] HONDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ